ビジネスマンの方には出張に行かれる方も多いでしょう。

また、たまに長期休暇をとって海外旅行をされるかたもいるでしょう。

海外出張

実はクレジットカードを有効活用することで、出張や海外旅行をより充実したものにしていくことができます。

今回は出張や海外旅行でおススメできるクレジットカードをランキング形式でご紹介していきます。

【海外出張でおススメできるクレジットカード】

  • JALSuicaカード

出張となると電車や飛行機で移動することが多くなるでしょう。

そんなときにこのJALSuicaカードがあると心強いです。

年会費2,000円(税抜)(初年度無料)で発行することができ、ショッピングで200円につき1マイル、JAL特約店で利用すると200円につき2マイル付与されます。

さらに年会費3,000円(税抜)のショッピングプレミアムに登録すると、上記の2倍のポイントが付与され、非常にマイルが貯まりやすいカードとなっています。

また毎年初回搭乗時に1,000マイル、搭乗ごとに区間マイルの10%のボーナスマイルが付帯されます。

「JALビジネスきっぷ」というJAL会員限定の優待価格でチケットを購入できるサービスももちろん利用できます。

また貯めたマイルをSuicaに移行することもでき、10,000マイルを10,000円分のSuicaと交換することができます。

JALマイルだけではなくJR東日本で利用すると、ビューサンクスポイントも貯まります。

Suicaチャージで1,000円につき6ポイント(15円相当)のビューサンクスポイントが付与されます。

このビューサンクスポイントは通常で600ポイントを500マイル、ショッピングプレミアムに入会で600ポイントを1,000マイルに交換することができます。

筆者もこのJALSuicaカードで「空・陸・ショッピング」の3つを利用してポイントを貯めております。

出張もこれ1枚あれば移動に困ることは少ないです。

マイルがたまっているときはマイルをSuicaに、ビューサンクスポイントが貯まっているときはマイルにできるので、陸・空ともにうまく利用したい方のポイントを調整できますので、お得にポイントで交通機関を利用することができます。

またビューサンクスポイントはマイル交換以外でも、新幹線や列車での還元率が高くおすすめできます。

航空会社ANAをよく利用する方はANA VISASuicaカードを利用しましょう。

  • ビュー・スイカカード 

とにかく陸での移動が多いという方はこのビュー・スイカカードをおすすめします。

年会費477円(税抜)ですが、WEB明細に変更し、カード利用のある月はポイントが20ポイント(50円)付与されますので、毎月利用すればむしろ年会費はプラスになります。

通常のショッピングでの利用はポイント還元率0.5%ですが、切符や新幹線、びゅう旅行商品の購入やSuicaチャージでポイント還元率は3倍の1.5%となります。

Suica定期券機能もついているので、財布もスリムにできます。

  • JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカードに東急グループの特典及びPASMOが付帯されたカードとなっています。

年会費2,000円(税抜)(初年度無料)で発行することができ、ポイント付与率などはJALSuicaカードと同様です。

JALカードと同様の特典がついてくるのはもちろんのこと、東急グループでの利用で0.5%~最大10%のTOKYUポイントがついてきます。

PASMOのオートチャージでもマイルでの還元率が0.5%となります。

またこのJALカードTOKYU POINT ClubQはJMBWAONカード(モバイルJMBWAON)を登録することでクレジットチャージにてマイルを貯めることができます。

1.0%のマイルを貯めることができ、さらに支払いで0.5%のマイルを貯めることができるので、最大マイル還元率が1.5%になります。

WAONは出張先のちょっとした買い物でよく利用できる便利な電子マネーですので、この高還元率は出張の手助けとなるでしょう。

上記のようによく行く出張先によっておすすめできるカードは変わりますが、出張で電車をよく利用する方はSuica、PASMO系カード、飛行機をよく利用する方はANA、またはJALカードをおすすめします。

【海外旅行でおススメできるクレジットカード】

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

このアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは何といっても海外での優待サービスが非常に豊富であることから1位に選びました。

年会費は29,000円(税別)と高額ですが、それに見合ったサービスを提供しております。

家族カードが1枚年会費無料で発行できますので、家族連れで旅行する方はぜひ配偶者の方にも持ってもらいましょう。

国内主要空港ラウンジの無料利用、手荷物無料宅配、空港送迎等が付帯しているのはもちろんのこと、プライオリティパスがゴールドカードなのに年2回まで無料で利用できます。

もちろん海外旅行保険も充実しており、最高で自動付帯で5千万円、利用付帯で5千万円あわせて1億円もの補償をしてくれます。

筆者も海外旅行へ行くときはこのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをよく利用しています。

空港までの移動はMKタクシーを利用し、ゴールド会員特別価格で対象の空港まで行きます。

帰国も同じように利用しており、電車での移動よりも格段に楽で、値段も非常に安いです。

空港に着いたら国内の空港ラウンジ無料サービスをいつも利用しております。

このアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは他のゴールドカードと違い同伴者1名も無料で空港ラウンジを利用できます。

海外旅行を二人で行く方は多いと思われますので、非常に助かるサービスです。

出国時は手荷物宅配が無料で利用できます。

またこの手荷物宅配は帰国時にも利用できますので、わざわざ重い荷物を運ぶ必要性がなくなります。

レストランはアメックスの優待店舗を利用して食事をとります。

Taste from American Express Invites優待サービスでは前菜、ワインのサービスまたは食事代金の20%OFFで利用することができます。

筆者は海外旅行へ行くときはいつもこのサイトでレストランを探しています。

世界各国に利用できるレストランがあり、いずれも満足できる料理が出てきました。

またシンガポールに行ったときは「ゴールド・ダイニング」にてレストランを2名で利用し、1名無料にしてもらいました。

海外旅行へ行くときは食事というのは最も楽しみのイベントの一つであるかと思われます。

上記はいずれも紹介しているレストランは厳選された質の高いレストランであるので、どこに行こうか迷ったときはこの特典を利用してみるのも良いかと思います。

帰国時には現地の空港ではプライオリティパスで空港ラウンジを無料で利用しております。

年2回まで無料で利用でき、無料のドリンクや軽食がおいてあり、とても静かで旅で疲れたときに非常にリラックスすることができました。

通常のトラベルだけでもこれだけ特典を使い倒せました。

おそらく一回の海外旅行だけでも十分元がとれるサービス内容であるといえます。

その他に急な予定が入り、海外へいけなくなってしまったことがあったのですが、キャンセル・プロテクションによりキャンセル費用は10%程度の負担で済みました。

もうこのカードなしで海外に行くのは正直不安です。

上記はあくまで一部で、他にも様々な特典が付帯してきますので、海外旅行にはぜひおススメしたい1枚といえるでしょう。

  • 三井住友VISAクラシックカード

一般カードでおすすめできるクレジットカードはこの三井住友VISAクラシックカードです。

年会費が1,250円(税抜)でWEB明細を利用したり、マイペイすリボに登録し、年6回以上の利用で無料になります。

知名度抜群で世界一のシェアを誇るVISAカードということもあり、決済で利用できる場所も多いです。

また世界2位のシェアを誇るMaster Cardと2枚もちできますので、この2枚があればクレジット決済で困ることが少なくなるでしょう。

海外利用で便利なサービスも付帯してきます。

・「エアライン&ホテルデスク」国際航空券、ホテルの予約などを簡単にできます。

・「VJデスク」旅行先の観光情報の提供、レストラン、チケットの予約、トラブル対応をしてくれます。

また海外旅行保険も最大2,000万円の保険が付帯してきます。

一般カードということで、ゴールドカードよりも審査が甘く、付帯サービスが豊富なカードなのでおすすめできます。

三井住友visaカードのメリットまとめ。ポイントの還元率がお得

  • エポスカード

エポスカードも海外旅行で利用するのにおススメできます。

このカードは上記2枚と比較して審査が甘いので、上記のカードを発行できなかったという方におすすめです。

急な海外旅行の予定が入ってしまったという方にも安心で、即日発行でき、近くにマルイの店舗があれば、即日受け取りできます。

年会費無料でさらに海外旅行保険が無料で自動付帯されます。

エポスカードを実際利用しなくても、持っているだけで保険の対象となりますので、上記のサブカードとして持っておくと良いでしょう。

海外旅行では海外で利用できるサービスが豊富なアメリカン・エキスプレス・カードか決済力があるVISAカードをおすすめします。

海外では日本よりも治安が悪いところもありますので、盗難があったときのために2枚持ちしておくのをおススメします。

また上記は発行条件が厳しいプラチナカードは入れておりませんが、こちらもコンシェルジュというサービスによって、私設秘書のように現地の案内や情報提供、ホテルの予約、会食用のレストランの予約など幅広い範囲で出張や海外旅行の手助けをしてくれます。

非常に発行条件が厳しくなってきますが、条件を満たす方はこのプラチナカードを利用して見るのも良いでしょう。

 

上記が出張や海外旅行でおススメできるクレジットカード一覧となっています。

出張では移動手段が電車か飛行機かでおすすめカードが変わってきます。

海外旅行ではおススメしたカードすべて持って行っても保険、サービスが充実するので、損はないかと思われます。

上記のクレジットカードをうまく利用し、充実した海外旅行やお得な出張をしていきましょう。