プラチナカードはゴールドカードのさらに上のクラスのクレジットカードで、ブラックカードに次ぐクラスのカードです。

審査基準も厳しいものが多く、年会費も高額なものが多いのですが、その分サービスは一般のクレジットカードとは比較にならないほどいいサービスがついてきます。もっているだけでステータスになり、エリートビジネスマンや経営者の方なら持っている方も少なくないでしょう。
では実際もつことでどのようなメリットがあるのか。記載していきます。

プラチナカードのメリット

非常に多くのサービスを提供しております。もちろん発行会社によって特典は違いますが、代表的なプラチナカードの特典は下記のとおりになります。

コンシェルジュサービス
プラチナカードをもつ一番のメリットといえるでしょう。
コンシェルジュとは聞きなれない言葉ですがフランスからきた言葉で、顧客のあらゆる要望に応え、サービスをする「総合世話係」という職名として使われています。
その名の通りクレジットカードのサービスにおいてもあらゆる要望に応えてくれます。
もちろん無料で活用することができ、さらに嬉しいことに大抵のコンシェルジュサービスが24時間365日対応してくれることです。深夜や早朝ですと使えないサービスが多い中で非常に便利な対応をしてくれます。
このサービスは一般的によく利用されているのが、予約や手配の代行です。
航空チケットなどの手配や今いるところの周辺にあるレストラン情報やホテル情報を教えてくれたり、予約旅行先でおススメのショッピングモールはないか?や来週日曜日に100名入れるパーティ会場を探してほしいなどかなり具体的な内容でもしっかりと対応してくれます。またインターネットにのっていない情報や海外の情報など自分では探せない内容でも対応してくれますし、そのクレジットカード会社独自のルートがありますので、自分でやって無理だったからといってあきらめず、依頼してみるのも良いでしょう。
またほかにも例を挙げれば、人気のスポーツやコンサート、ミュージカルのチケットをとったり、ギフトの相談、購入、手配、簡易的な通訳サービスなどかなり範囲の広いサービスをおこなっています。上記のように本当になんでもしてくれる「なんでも屋」といった感じで使うことができます。当然のことながらクレジットカード会社によって対応の良し悪しがありますが、これだけのことをしてくれるサービスは珍しいです。困ったことがあればまず頼ってみるのも良いでしょう。しかしながら、やはりクレジットカードを使う状況になりえない場合はこのサービスは使えないようですので、この点は注意が必要です。
特に忙しく急な用事や出張が入りやすい方や秘書がいない経営者の方などは特にこのサービスを利用されると大役を果たしてくれるでしょう。

 

優待価格でのサービス提供
高級ホテルやレストランでの優待価格でサービスをうけることができます。中には2名以上利用すると1名無料になるサービスもあります。

 

付帯保険
一般カードやゴールドカードにもついてくる保険ですが海外旅行傷害保険では特に上限金額が非常に高く設定されており、自動付帯されています。一般カードの場合は高くても2千万円程度ですがプラチナカードの場合は多くが1億円を上限とした補償内容となっております。
さらに救援者費用保険(被保険者が死亡したときや、病気・ケガで一定期間以上入院したとき、誘拐や行方不明になったときなどに、家族が駆け付けたら費用が支払われる)など一般カードにあまり付帯されていない保険などもカバーしているので安心して旅行に行けます。
他にも航空機遅延・欠航・搭乗不能の保険や受託手荷物紛失保険など海外旅行にかなり充実した保険内容になっています。

 

メディカル・コンサルテーションサービス
医療に関する相談を受けることができます。
具体的には病気、食事、運動など健康に関する無料電話相談や病気の治療に関する無料案内サービスや名医によるセカンドオピニオンサービスを受けることができます。
また人間ドック、脳ドック、PET検査なども優待価格で利用することができます。

 

商品券やカタログが送られてくる
カタログギフトや商品券が送られてくるプラチナカードもあります。

 

利用可能額が高額
プラチナカードは信用力が高い人に発行されるカードだけあって利用可能額も非常に高額です。
普通のクレジットカードは100万円程度の利用可能額ですが、プラチナカードは300万円~500万円程度利用額があります。

 

ラウンジの利用
「プライオリティパス」といい日本国内の主要空港はもちろんのこと海外の主要空港でVIPラウンジを無料(または割引)で利用することができる特典がついてきます。
長旅や長時間のフライトで疲れた方にはあると嬉しい特典です。
上記のように非常に多くの特典がついてきてメリットの大きいプラチナカードですが、やはりデメリットもあります。あげられるデメリットとしては下記のとおりです。

 

年会費が高い
一般カードと違って年会費は高額です。
安くても2万円。高ければ13万円ほどかかってきてしまいます。何枚も持つと負担が大きくなってしまいます。

 

審査基準が厳しい
クレジットカード会社によって違うのですが、基本的に審査基準は厳しいです。
格式の高いカードであれば少なくても400万円以上(可能であれば600万円以上)あったほうが良いです。
しかし現状ではプラチナカードが増えてきたこともあり、中には簡単に発行できるカードもあります。
また、中には年齢制限があるクレジットカードもあり、30代以上でなければ申し込み資格のないカードもあります。

 

ポイント還元率はゴールドカードと大差がない
年会費などが高額なのでポイント還元率も高いと思っている方もいらっしゃると思いますが、実際はゴールドカードと大差はなく0.5%~2.5%程度ですので、あくまでポイントではなく付帯サービスを利用するためのカードと思っていただいたほうが良いです。

上記のデメリットを差し引いても魅力的な特典が多いプラチナカード。

ではどのようにしてプラチナカードは発行することができるのか。

まず、プラチナカードの発行方法は2通りあります。

まず一つが自分から申込可能なカードこのプラチナカードは入会審査を突破できれば発行することができ、年会費が安めのカードに多い傾向があります。
もう一つがインビテーションと呼ばれ、発行にクレジットカード会社からの招待状が必要な場合です。

クレジットカード会社によって異なりますが、利用額が高い方に贈られ基本的に会員履歴が2年以上の方で年間100万円以上利用額がある方に贈られる場合が多いです。
年会費高額なものが多いですが、その分特典やサービスが充実したものが多いです。

では、実際の代表的なプラチナカードについて各々の特徴について書いていきます。

おすすめのプラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
年会費130,000(税抜)ですが、家族カードは4人まで無料です。
このアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはインビテーション(招待状)が必要です。
アメックスのゴールドカードまたはグリーンカード利用者が一定の要件を満たした場合のみ加入できます。
ポイント還元率は0.4%です。
このカードの特徴はステータスが高く、非常に多くのサービスを受けることができるということです。
特段ホテルは一流ホテルの上級メンバーシップでの特典をうけることができ、部屋のアップグレード、朝食無料サービス、チェックイン時にギフト、遅めにチェックアウトできるなどの優待を受けることができます。

【利用できるホテル例】

スターウッド・ホテル&リゾート、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド、カールソン レジドールホテルズ、アコーホテルズ など
またカード更新時にホテル宿泊券(2名まで)が送付されてきます。ハイアットリージェンシー(京都、大阪、福岡)やヒルトン(東京、小田原リゾート&スパ、福岡シーホーク)、横浜ロイヤルパークホテル、プリンスホテルなどの有名ホテルに無料で泊まることができます

海外旅行保険は最高1億円ついており、なおかつ国内でも最高1億円の保険がついてきます。また海外の障害・疾病治療費用保険も1,000万円ついており、非常に充実しています。
ショッピング保険も500万円(90日間)補償してくれ、また利用付帯ですが商品の返品を購入店舗が受け入れない場合は代理にアメックスが買い取ってもらうことができます(年間15万円程度、1回3万円程度)

ステータスが高いだけあって、優待価格でサービスを受けることができるホテル、レストランは一流のところが多く、高額なところが多いです。

またコンシェルジュサービスを使用しても高級なところを招待されることが多いですので、高級店、一流店をよく利用される方にはおすすめできるカードです。

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費20,000円(税抜)で申込型です。また年間200万円以上利用すると年会費が半額になります。ポイント還元率は0.5%と高くはありませんが、マイル還元率はセゾンマイルプラン(無料)に登録すれば、1.1%と高還元になります。また海外利用でも1%還元と条件付きで還元率が高くなります。
特段このカードの特徴は、年会費の安さと充実した保険、アメックスブランドのカードだけあり海外に強いことです。
特に「プライオリティ・パス」のプレステージ会員の年会費(US399ドル)が無料で、世界500ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。
海外アシスタントデスクサービスもあり、観光案内、ホテル予約、トラブル時などしっかり対応してくれます。もちろん国内空港ラウンジも利用できます。またentre(オントレ)というサービスにより国内外の一流ホテル、エアライン、レストランなどで優待価格にてサービスを受けることができます。また日本最大級のスポーツクラブのコナミスポーツを年会費無料で利用することができます。保険も充実しており海外旅行保険は最高1億円、国内は最高5,000万円補償してくれ、ショッピング保険も国内・海外問わず最高300万円(120日間)補償です。
手軽に申込することができ、年会費も安く、サービスも充実しているので、コストパフォーマンスに優れた1枚です。

 

三井住友プラチナカード
年会費50,000円で申込制です。原則として満30歳以上で安定収入がある方が対象になります。家族会員は無料で発行できます。ポイント還元率は0.5%です。利用額に応じてポイント還元率が上がります。
前年度の年間利用額 ボーナスポイント ボーナス還元率 還元率合計
50万円以上 50万円利用で+100P以降10万円毎に20P 0.10% 0.60%
100万円以上 50万円利用で+150P以降10万円毎に+30P 0.15% 0.65%
300万円以上 50万円利用で+300P以降10万円毎に+60P 0.30% 0.80%
その他に6か月間のカード支払金額合計が50万円以上の場合は0.5%相当額の三井住友カードVJAギフトカードが最高3万円まで年2回プレゼントされます。
またポイントアップサイト「ポイントUPモール」を経由するとAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどの対象店舗でポイントが2倍になります。
また年に1回プライオリティパス、名医によるセカンドオピニオンサービス、食の逸品から一つ選択制でプレゼントを受けることができます。
また半年に1度東京・大阪などの首都圏で約100店舗のレストランで2名以上のコース料理を利用する際1名分が無料となる「プラチナグルメクーポン」がプレゼントされます。
国内空港ラウンジが無料で使えるのはもちろんのこと、百貨店「大丸東京店」のメンバーズサロン「D’s ラウンジトーキョー」を利用できます。

 

ホテル優待も充実しております。
【アップグレードホテルズ】
国内約40店のホテル及び約10店舗の旅館を優待料金で利用することができます
【プラチナプライスホテルズ】
国内約15のホテルのスイートルームが50%OFFで利用することができます。
【relux】
高級旅館・ホテルを厳選した会員制宿泊予約サービス。一律5%オフになります。

またレジャー関連も非常に充実しております。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではユニバーサル・エクスプレス・パス(アトラクションの待ち時間を短縮するパス)を1日1枚もらえます。

他にも宝塚歌劇優先販売の特典もあります。三井住友カード会員だけが入れる「貸切公演」を開催しており、SS席が用意されています。
さらに三井住友VISA太平洋マスターズへのご招待、国内ゴルフ場(約700コース)で平日プレー予約を無料ですることができます。
もちろん保険も充実しており、海外旅行保険および国内旅行保険で最大1億円の保証が付いてきて、ショッピング保険も年間500万円(90日間)補償してくれます。

国内に強みをもち、レジャー関連など独自の特典があるカードです。

SBIプラチナカード
年会費20,000円で申込制です。基本的にはポイント還元率は1%ですが、半年間の利用金額によってボーナスポイントが付き、還元率も上がります。
年間利用額 ボーナスポイント 最大還元率
25万円 500ポイント 1%
50万円 1,000ポイント 1%
100万円 2,500ポイント 1.25%
150万円 7,500ポイント 1.5%
200万円 10,000ポイント 1.5%
特徴的なサービスが「ドル決済サービス」であり、海外で外貨を利用した際住信SBIネット銀行の外貨普通預金から米ドルで支払うことができます。海外取り扱い手数料もかからず便利です。
「プライオリティパス」の代わりに「ラウンジキー」サービスを提供しており、世界500カ国以上の空港VIPラウンジを年6回まで無料で利用できます。
またマスターカードブランドですので、「MasterCard Taste of Premium」が利用できます。全国のホテルや旅館、高級ホテルなど優待価格で利用できます。
保険は海外旅行保険および国内旅行保険で最大1億円の保証が付いてきて、ショッピング保険も年間50万円補償してくれます。
プラチナカードにしてはポイントが高く、付帯サービスも充実しているカードです。

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス
年会費20,000円で申込制です。ポイント還元率は0.5%です。利用額ごとにポイントがアップします。海外利用及び指定月はポイント2倍になります。
条件 還元率(国内) 還元率(指定月・海外)
初年度 0.75% 1.00%
年間利用額50万円未満 0.50% 1.00%
年間利用額50万円~100万円未満 0.60% 1.10%
年間利用額100万円以上 0.75% 1.25%
「POINT名人.com」を経由してネットショッピングすると0.5%以上ポイントが加算されます。

このカードもアメックスのブランドだけあって海外には強みを持ちまし、アメリカン・エキスプレス・セレクトももちろん使えます。
まず「プライオリティ・パス」のプレステージ会員の年会費(US399ドル)が無料で、世界500ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。

手荷物無料宅配サービスもあり、海外旅行の出発及び帰国時にスーツケース1個を無料で宅配でき、ほかの手荷物も優待価格で宅配してくれます。またコート預かりサービスもあります。

もちろん国内においても付帯サービスは多々あり、プラチナ・グルメセレクションというサービスで国内の対象のレストランにて2名以上で指定のコース料理を頼むと1名無料になります。またホテル優待ではreluxによる5%割引サービスもあります。

保険については海外旅行保険および国内旅行保険で最大5千万円の保証が付いてきて、ショッピング保険も年間300万円(90日間)補償してくれます。
また24時間健康・介護相談サービスもあり、医療の相談はもちろんのこと情報提供、ドックの割引、福祉用具のレンタル、販売割引などのサービスも提供しています。
年会費が安く、サービスも豊富でバランスのとれたカードです。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード
年会費35,000円(税抜)で申込制です。家族カードは無料で発行できます。
このカードの特徴は非常に高いポイント還元率を誇るところです。1ポイント0.4円相当になり、基本還元は4ポイントでリボ払い利用分は5ポイント還元となります。さらに年間利用金額に応じてボーナスポイントが付きます。
年間利用額 付与ポイント
50万円以上利用 2,500ポイント
100万円以上利用 6,000ポイント
150万円以上利用 10,000ポイントこのカードも「プライオリティ・パス」は付帯しており、さらに手荷物宅配サービス・コートお預かりサービスがあり。
1回の旅行で次の2つのサービスまで無料で利用できます。①手荷物宅配サービス(出国宅配)、②手荷物宅配サービス(到着宅配)、③コートお預かりサービス

またコナミスポーツクラブを優待価格で利用できます。
また「SuMi TRUST CLUB ダイニング セレクション」により国内の対象のレストランにて2名以上で指定のコース料理を頼むと1名無料になります。VISA経由にてホテル・旅館・レストランの優待もあります。
保険は海外旅行保険および国内旅行保険で最大1億円の保証が付いてきて、ショッピング保険も年間500万円補償してくれます。
特にポイント還元率が高いのが特徴のカードです。

上記が代表的なプラチナカードです。各々使用できる場所にもやや違いがありますが、良く利用する店舗があれば、確実にペイできるほどの特典があります。
年会費が無料のクレジットカードとは違い、何枚も保有するわけにはいきませんので、ご自身にあったクレジットカードを選択した上で、活用してみてください。