無職の方向けのクレジットカードの作り方について、様々な角度から検証してみたいと思います。

無職でクレジットカードの持てない女の子

皆さんこんにちは。皆さんはそれぞれの「クレジットカードライフ」を送られていらっしゃると思いますが、今回は「無職の方向けのクレジットカードの作り方」について解説していきたいと思います。

これまでは働いていたものの、事情により退職し「無職」になった方もいらっしゃれば、「主婦」のため無職といった方など様々であると思います。

巷では「無職」の場合、クレジットカードが作ることができないといった話も聞くと思いますが、実際のところはどうなっているのでしょうか。

そこで今回は様々な角度から「無職の方」と「クレジットカード」について見ていきたいと思います。

無職でもクレジットカードの審査は通る?

クレジットカードについてよく挙がる質問の中に「無職でもクレジットカードの審査が通るのか?」といったものがあります。

その答えは基本的に「NO」です。

クレジットカード会社はクレジットカードという名の「信用力」をお客様に付与しているわけで、

「職についていない=収入がない」と紐付けされてしまいます。

従って無職の方はクレジットカードの審査に通ることは「まず難しい」です。

カード会社としては「延滞」されるリスクを極力抑えたいという気持ちがありますので、安定した収入がない方にクレジットカードを発行することができないのです。

中には株やギャンブルなどで生計を立てている方もいらっしゃると思いますが、その場合は「ある行動をとっているか」が重要です。

それは「確定申告」です。

株で儲かった場合や競馬などで儲かった場合に、確定申告にてきちんと報告しているという方であれば、クレジットカードの審査も通る可能性がでてきます。

しかしながらわざわざ「確定申告」を行っているような方は稀ですので、基本的に「無職」の方はどのみち難しいと考えた方が良いでしょう。

無職でどうしてもクレジットカードを作成したいのであれば、デビットカードがおススメです。

デビットカードは年会費などは無料。銀行に残高があればネットショッピングやショッピングが楽しめるカードです。

アマゾンや楽天などで買い物がしたいけど、無職でクレジットカードが作れないのであればとりあえずデビットカードを作成してみてはいかがでしょうか。

当サイトでおすすめなのは楽天銀行のデビットカードです。

無職でも作れる楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードの特徴

  • 発行手数料無料
  • 盗難補償あり
  • 16歳以上から発行可能

家族カードを作りたい主婦も無職扱いされちゃうの?

主婦はクレジットカードが作れない?
「無職」の方であればクレジットカードの審査が通らないとお話しましたが、では「主婦」であればどうなのでしょうか。

主人が会社員もしくは自営業であり、安定した収入があると仮定し、奥様が「主婦」の場合はクレジットカードの審査が通らないのでしょうか。

その答えも「NO」です。主婦であればご主人が「職」についていればクレジットカードの審査が可能です。

確かに主婦の方は「お金」を稼いでいませんが、ご主人と「同じ家計」で生活しているため、信用力は「ご主人」を含めて考えられます。

また最近では「家族カード」といったものも多く、ご主人のクレジットカードと紐付けして利用することが出来るのです。

現状、主婦の方もパートなどで働くケースも増えてきており、「ネット通販系」や「スーパー系」のクレジットカードであれば、限度額が低いもののクレジットカードを発行するケースが増えてきております。

やはり「無職の主婦」であっても、ご主人が「職についている」ことでクレジットカードの審査に通る可能性は多いにあるのです。

学生は無職扱い?それともキチンと審査に通る?

最近では大学生のアルバイトが活発で、その上海外旅行に行く学生が多くなってきております。

そんな学生も「無職」にあたるわけですが、クレジットカードの審査を受けることができるのでしょうか。

実は学生の場合、クレジットカードの審査がきちんと通る時代になってきております。

その理由は「ネット社会の発達」と「海外旅行者の増加」が考えられます。

近年ネット通販やネットショッピングモールが発達し、お金をあまり持っていない大学生は、ネットより安いものを買い物するようになってきました。

その上アルバイトの数が増加し、多種様々なアルバイトをしている学生が増加しております。ということは、学生でありながらも「職」を持っているということになりますのでクレジットカードの審査に通る可能性があるのです。

また海外旅行への垣根が大きく引き下がり、大学生同士が気軽に海外へ行く機会が増えてきております。海外では日本以上に「クレジットカード社会」ですので、結構なところでクレジットカードが利用できます。

学生の場合、旅行で大金を持っていると盗難の可能性が大いに考えられるため、できれば現金を持たない方が安全です。

その際に役立つのがクレジットカードで、海外であってもセキュリティに富んでいるため、不正利用の防止や紛失時の利用停止などを行うことができます。

そのような仕組みがあるからこそ「学生」でもクレジットカードを持つべきなのです。

学生の場合の審査は、「自身のアルバイトの収入」を見るのか、「両親の家族カード」をもらうのかに分かれます。

特に未成年の場合は「親の同意が必須」であり、仮にカードが発行されても限度額が「10万円前後」であることが一般的です。

使いすぎてもいいことはありませんので、適正な限度額であると言えましょう。

自営業も無職扱いされるって本当?

ひと昔前までは「自営業」の方がクレジットカードの審査に落ちるということが多々ありました。

その理由が「収入が赤字」であることが多いからです。

自営業の方はサラリーマンと異なり「経費」が使えるため、収入と費用を差し引き「赤字」になる方も多くいらっしゃります。

となると「クレジットカード会社」は「無職」の方と同様に「返してくれる可能性に黄色信号がともる」としてカード発行を認めないというふうになったのです。

ただし、実際のところは個人事業主の方は「不動産」などの資産を持っていることも多く、現在では「自営業者」へのクレジットカード審査が非常に優しくなりました。

逆に現在ではフリーランスとして働く方も増えてきておりますので、「自営業」の方向けに便利な「ビジネスカード」を発行するカード会社も増えてきております。

自営業者は「経費」を使うことが多いわけですが、その金額は馬鹿にならない金額になることも多いです。これまでは全て現金で払ってきておりましたが、その経費を自動で計算して挙げることができれば、カード会社としても利用金額が増えるので「一石二鳥」であると考えたのです。

といった意味で、「ビジネスゴールドカード」を中心に、クレジットカードを利用する自営業者が増えてきております。

もちろん安定した収入によって限度額が変わりますが、お得にポイントがたまる可能性が高いクレジットカードを持ちたいという個人事業主の方にはいいお話でしょう。

家がお金持ちでお小遣いで生活してるような人は無職扱い?

それでは別の視点からものを考え、「資産家の家計に育った方が無職の場合」クレジットカードの審査が通るのかを見ていきたいと思います。

その答えは「NO」です。一般的にクレジットカードの審査が通らないと思ってください。

「えっ?金持ちの家計だから問題ないでしょう?」という声も耳にしますが、カード会社からすれば、「あなたは無職ですよね?」という反応です。

資産家であれば預貯金も多くあるため、返済には何の問題もないと思われがちですが、「収入がないのであれば、いつかその預金がなくなるのでは?」という風に捉えられてしまいます。

カード会社にとって「安定した収入を持っている」という点と、「職を持っている」といった点は決して離すことができないポイントであり、いくら「貯金が1000万円ほどあってもクレジットカードの審査には通らないのです。」

しかしながら、「自分名義で不動産収入がある」場合や「親の家族カードに申し込む」といった場合であれば審査を受けられる可能性がございますのでその時のご自身の状況を踏まえてから、カードの申し込みをしましょう。

無職だとクレジットカードは更新されない?

例えばサラリーマンとして働いてきたものの、自営業になったり、転職活動中だったとして、クレジットカードの更新が訪れた際には「カードの更新がされない」のでしょうか。

その答えは「ケースバイケース」です。

と言いますもの、クレジットカードの更新の際に注目される点は「安定した職と収入があるか」という点と「これまでの利用実績」という点を注目します。

通常「収入がない」及び「職がない」場合、クレジットカードの更新が受けられないということが考えられますが、過去に「一度も延滞がない」などのクレジットカードの利用実績をもっている場合、カードの枠が「減額」される可能性はありますが、更新されないといったことはないことが多いです。

いずれにせよクレジットカードは「信用」によって発行されているので、しっかりとした「利用実績」があれば更新してくれるのです。

ただし、勤務先が変わった場合などは必ず「カード会社」に報告してください。

もし報告を怠った場合には「更新してくれない」ことも考えられます。あくまでも「信用力」がものをいいますので、「正直」に報告することを心がけてください。

無職でも貯金があれば審査は通る?

先ほどのところで少し御紹介しましたが、「無職で貯金があればクレジットカードの審査が通るか」といった話について「NO」です。

「職がない」のであれば、「収入がない」というものと同等に扱われます。

稀にアメリカン・エキスプレスの場合は預金残高を報告することでカード発行を認めてくれるというところもあるようですが、基本的には厳しいです。

仮に皆さんがカード会社の人で、「預金はあるけれど無職の方にクレジットカード」を発行できるでしょうか。お金は立て替えたものの「返ってこない可能性があります」から発行しないという結論になるでしょう。

「それであれば現金を使ってください」となるのです。

それほどクレジットカードの発行は「シビア」でもあるのです。

無職でもキャッシングが出来るクレジットカードはあるの?

無職の方がクレジットカードの審査が通る可能性として非常に低い、とここまでお話してきました。安定的な収入が求められるためしょうがないことです。

ただし、「学生」や「主婦」といった、無職であるものの一定の収入を持った「家族」と同一生計を共にしていたり、稼ぎがある方であればクレジットカードの審査が通る可能性が出てきまます。

そんな中でわざわざ取り上げるお話ではないのですが、「キャッシングができるクレジットカードを無職の方が作ることができるのか?」といった疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますので、念のために取り上げてみたいと思います。

その答えは「ほぼ無理」と言えましょう。

そりゃそうですよね。クレジットカードが無理なのであればキャッシングも無理なのです。

中には「サラリーマン中に設定されたキャッシング枠が使える」といった話もあります。もちろん利用することは可能ですが、カード会社が定期的に与信枠を再設定する際に「無職」ということで「キャッシング枠をゼロ」にすることが考えられます。

従って「なんとかなる」と利用していたものの、「枠がゼロになり利用できなくなる」ということが大いに考えられます。

何せよ「無職」の方に「お金を貸す」といった「善意的な行動」をカード会社は取りません。なぜならば「お金を返してもらえない可能性が非常に高い」からです。

やはり社会的に「無職」という立場は、「信用力が低い」ということになるのです。

じゃあ無職だったらどうすればクレジットカードを作れるの?

それでは無職の方は「絶対にクレジットカードを作ることができない」のでしょうか。

実は無職の方でもクレジットカードを作る方法があるのです。その方法は「デビットもしくはプリペイド機能付きクレジットカード」を作るというやり方です。

「えっ?プリペイドカード?デビットカード?普通のクレジットカードがいいですよ」

と話される方もいらっしゃると思いますが、現在の貸金業法等の法律からしても「簡単にはクレジットカードが作れなくなっております。」

ただし、「デビット」や「プリペイド」機能がついたクレジットカードであれば、ほとんどの方が作成することができるのです。

ここで一つ、「プリペイド」と「デビット」についておさらいをしておきたいと思います。

「プリペイド」

まず「プリペイド」ですが、意味として「前払い」という意味があります。予めカードにお金を入金しておくことで、入金された分までであれば利用できるようになっております。

ひと昔前ですと、携帯電話のプリペイド版が有名ですよね。特に子供の連絡手段として親が子に持たせていた携帯電話がこの「プリペイド式」であった方が非常に多かったです。

現在ではほとんど出回らなくなってしまいましたが、最近ではクレジットカード型で「プリペイド式」も増えてきました。

例えば携帯会社のauが発行している「au wallet」がこの「プリペイド式」にあたります。カードには「MasterCard」のブランドが付いているため、クレジットカード決済と同じようにカードを利用することができます。

ただし入金の金額まで利用可能なので、「使いすぎ防止」や、「子供に持たせるため」といった使い方が可能なのです。

無職の方であっても、ある程度預金がお有りなのであれば入金してもらえればすぐ利用できるので、信用等は気にしなくてもいいですよね。

「デビット」

今から約10年前に日本でも利用されていたことのある「デビットカード」。このカードは「預金口座と紐付けされたカード」のことを指し、対応する店舗であれば「キャッシュカード」を読み取ってもらい、預金口座にある現金で決済することができるといったものでした。

海外では一定の利用数があったのですが、日本では全く浸透せずに半分以上「死語」となっておりました。しかしながら近年「クレジットカード型のデビットカード」が続々と登場してきました。

主に発行しているのが「銀行」などの金融機関であり、発行元の信用力はもちろんですが、通常のクレジットカード同様に使うことができるということから利用率が急激に増えております。

顧客側としては「銀行から預金を引き出す必要がない」、「クレジットカードとして使うことができる」、「利用でポイントを獲得できる」といったメリットがあり、発行側からすれば、「クレジットカード利用分の手数料を販売店から徴収することができる」といった双方にとって「Win-Win」の関係が生まれるのです。

あくまでも利用限度は「預金」なため、なければ使えないですし、あれば使えるということから「審査」はほぼあってないようなものです。

最近はキャッシュカードと一体型になったものも増加しているので、1枚で2役以上の働きをするのです。

無職の方や資産家の家庭に生まれた無職の方であれば、クレジットカードとして使うことができると言えましょう。

世の中が続々と進化する中、クレジットカードの環境も続々と変化してきております。

後述でもおススメしてますが当サイトでは楽天デビットカードをおススメします。

楽天銀行デビットカードの特徴

  • 発行手数料無料
  • 盗難補償あり
  • 16歳以上から発行可能

2ch で噂される無職のクレジットカードの作り方は都市伝説?

ネットで噂される無職でも作成出来るクレジットカード
現代の情報の最先端をいくといわれる「2ch」を見てみると、「無職でもクレジットカードが作れる」といった話が多くのっております。

話の信ぴょう性を含めて「都市伝説」なのかどうかを見てみたいと思います。

「2ch」によると「楽天カード」や「ドコモdカード」であれば無職でもクレジットカードが作れるという噂があります。

この件について調べてみましたが、「お客様の置かれた状況によっては作れる可能性はあるようですが、基本的には難しい」といったところです。

これまでサラリーマンとして働いてきており、カードの利用実績がきっちりとした方、いわゆる「クレヒスがしっかりとした方」であれば、多少の収入があるのであれば通る可能性が出てきます。

ただし、全くの無職の方であればカード会社は認めません。また、「楽天カード」は業界の中でも「カード発行のハードルが低い」と言われておりますので、ここで駄目であれば他でも認められないでしょう。

また「イオンカード」についてもハードルが低いと言われているようですが、こちらも「全くの無職」であれば発行は認められないようです。

様々な意見がある中ですが、「基本的に無職はクレジットカードを作れない」と考えた方が良いでしょう。

クレジットカードが作れないならデビットカードがおすすめ

ただ現代では「クレジットカード」が一時的に必要な場面がでてきます、例えば「格安スマホ」を申し込む際には必ず「クレジットカード」を求められます。またネットショッピング系でもクレジットカードが求められるようになっております。そんな方は是非「デビットカード」を申し込むことをオススメします。

無職であっても預金があるのであれば、その預金を利用してクレジットカードを利用する「デビットカード」であれば一番手っ取り早く作ることができるからです。

ちゃんとしたクレジットカードが持ちたいと思われるかもしれませんが、「後で払う」か「即時で払う」かの違いですので、クレジットカードであることは変わりありませんので、その点は安心してください。

・楽天デビットカード最強説

ここまでで「デビットカード」がオススメであるとお話しましたが、その中でも筆者が一番オススメするデビットカードが「楽天デビットカード」です。

楽天デビットカードの詳細はこちらです。

それでは以下に概要をのせたいと思います。

カード名 楽天銀行デビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード
ブランド JCB、Visa Visa
年会費 永年無料(JCBのみ、Visaは1,029円) 3,086円
ポイント 楽天スーパーポイント
申し込み  16歳以上であれば誰でも

ネットショッピングモールや楽天カードを運営する「楽天」の子会社である「楽天銀行」が発行している「デビットカード」が「楽天銀行デビットカード」です。

楽天銀行はネット銀行の中でも非常に評価の高い銀行であり、預金などの出入りでポイントが貯まったりと、大手都市銀行ではできないサービスを多く行っております。

その楽天銀行が発行するデビットカードは、「16歳以上であれば誰でも申し込む」ことができます。要するに「楽天銀行に口座を開設する」といった行動をとればカードを発行することができるのです。

カードは全部で2種類あり、「JCB」と「Visa」のブランドから選ぶ「楽天銀行デビットカード」とゴールド特典が使える「楽天銀行ゴールドデビットカード」があります。

特に「JCB」ブランドであれば「年会費が一切かからず」、かつ「カード利用100円につき1楽天スーパーポイント」が付与されるのです。

Visaであれば年会費もかかり、1000円の利用につき2ポイントとなってしまうので、JCBの方がオススメです。

国内の利用であれば「JCB」で問題ありませんが、海外での利用を考えれているという方は「Visa」ブランドをお持ちになるのも一つでしょう。

なかなかクレジットカードが持てない「無職」の方であっても「楽天銀行デビットカード」であれば、クレジットカードを持っているかのように利用することができるので、非常にオススメです。

・とりあえず職につくのもあり

ここまでご説明してきましたが、もし仮に「どうしてもクレジットカードを持ちたい」という方は、アルバイトでも構わないので「職」を一つでも持ちましょう。

それであればクレジットカードを持てる可能性が多いに高まりますし、ご自身の信用力を少しでも引き上げることに寄与することでしょう。

とにかくクレジットカード会社は「職」と「安定収入」についてフォーカスしているといった点をしっかりと理解した上で、クレジットカードの獲得に努めることをオススメします。

いかがだったでしょうか。

クレジットカード保有はなかなかハードルがあり、一筋縄では行かない部分もありますが、基本的には「あなたの信用力」を見ています。

無職の方は「ご自身の職探し」や「家族カードの発行」、そして「デビットカード」の発行という選択肢を大いに活用してみてはいかがでしょうか。