子供

子供名義でクレジットカードって作れるの?

お金の教育の一環として、子供にクレジットカードを持たせて使わせたいと考える親は多いと思います。
今は現金で支払いをするより、クレジットカードで支払いをした方が、ポイント付与などメリットが多く、家計の助けにもつながるので、親としても使わせたい気持ちもあるのかもしれません。
では、子供名義でクレジットカードを作ることが可能なのかといわれると、それは不可能です。
なぜならクレジットカードを作るための条件として「高校生を除く、満18歳以上」という入会条件があるからです。
この入会条件に問題がなければ、家族カードはもちろんのこと、一般カードでも作ることができます。
反対に、例え家族カードであったとしても、子供がまだ小中学生、高校生だった場合、18歳未満であった場合はクレジットカードを作ることはできません。
しかし例外として、海外留学など特別な理由がある場合、クレジットカードの家族カードであれば18歳未満でも発行してもらえることがあります。
このような理由で、どうしても必要な場合はクレジットカード会社に相談することになります。

子供にクレジットカードを貸しても大丈夫?

クレジットカードは、所有者本人以外の人が使ってはいけないという利用規約が定められています。
それは身内や知人であってもそうなのですが、1枚のクレジットカードを夫婦で利用している方も意外に多いのです。
しかし夫婦であっても、この行為は利用規約違反なのです。
子供にクレジットカードを貸して使わせることも利用規約違反になり、悪質な場合はクレジットカードの使用を止められることもあります。
クレジットカードの所有権はクレジットカード会社にあり、利用規約の契約に違反しているため、使用を止められても仕方ありません。
また、所有者本人が承諾の上で子供にクレジットカードを貸しているのであれば、もし子供が予想以上にクレジットカードを使い、金銭トラブルに発展しても、盗難補償は適応されないため、契約者自身が支払うしか他はありません。
特殊な例として、民事裁判で支払いの一部を免除されるケースもありますが、基本はクレジットカードを子供に貸した本人責任として、支払いをすることになります。

子供が勝手にクレジットカードを利用したら支払いをキャンセル出来るの?

子供にクレジットカードを貸した場合は、本人責任として、支払いを免れることはほとんどできません。
では子供が勝手にクレジットカードを利用した場合は、支払いをキャンセル出来るのかというと、これもほとんど不可能です。
スマホのオンラインゲームでのアイテム購入のために、親のクレジットカードを子供が勝手に利用するといったトラブルも頻繁に見られますが、このような場合も不正利用とは処理されません。
民法によれば、

親の承諾を得ていない

金額が子供が通常払える範囲を大きく超える

契約時に年齢などの偽りがないという

3つの条件を満たせば、契約を取り消すことができます。
しかし未成年の子供がおこなったことに対しても、基本的には親の監督責任になります。
ネットショッピングでは、クレジットカード番号・有効期限・暗証番号・セキュリティ番号がわかれば、買い物をすることができるので、カードが手元にあっても安心することなく、カードの情報管理は厳重にしないといけません。
子供が勝手にクレジットカードを利用しても、一般的には利用料金の支払い義務が発生するので、注意が必要です。

子供の友達がクレジットカードを利用した!?こういった場合は支払キャンセル出来る?

家族ではない、子供の友達がクレジットカードを利用した。
今はこのようなことも起こるようです。
どのような方法で、子供の友達がクレジットカード情報やカードを手に入れたかにもよりますが、しかしこのような場合でも、ほとんど支払いキャンセルはできません。
子供が友達にクレジットカードの情報やカードを渡したのであれば、前述の通り、親の監督責任になってしまうため、支払いの義務が生じます。
しかし、子供が進んで友達にクレジットカードの情報を伝えることは、ほとんどないと思います。
子供の友達が子供に「クレジットカードの情報を教えて」といってきて教えることになったのであれば、警察や法的手段に出た方が良いかもしれません。
なぜならクレジットカードの情報を知ることは、お金を盗んでいることとほとんど変わらないからです。
例え子供の友達がクレジットカードを利用した分であっても、支払キャンセルすることはできないため、子供の友達の親に支払ってもらうことになるかと思います。
ただ、子供の友達がクレジットカードを盗んで不正利用したのであれば、警察に被害届を提出することによって、クレジットカードの盗難補償が適応され、利用代金を支払わなくても良くなります。
しかし、盗難補償も適用されない条件があり、条件に該当すると補償が受けられなくなるので注意が必要です。

課金やゲームなどは親名義のカードじゃないとダメなの?

本人名義のクレジットカードを所有しているのであれば問題はありません。
そうでない場合は、必然的に親の了承のもとで、親名義のクレジットカードを利用して課金やオンラインゲームをすることになります。
しかしその場合は、親の名義で情報を入力することになります。
クレジットカードは所有者本人でないと、利用することができないからです。

家族カードも持てない?

「高校生を除く、満18歳以上」のクレジットカード入会条件に合わない場合は持つことができません。
家族カードは、本会員に対して審査がおこなわれ、家族カードの支払いは本会員のカードの利用代金と一緒に本会員の銀行口座から引き落としされるため、親の監視の目が届くカードですが、入会条件は一般カードと同じなのです。
18歳以上であっても高校生であれば、一般クレジットカードはもちろんのこと、家族カードを持つこともできません。

子供が海外留学する事になった!?その場合でもクレジットカードは持たせられないの?

子供が海外留学するため、クレジットカードを持たせたいと考える親は多いと思います。
日本と違い、海外で多額の現金を持たせると危険である上、またクレジットカードが無いと身分証明ができず、何かと不便になるからです。
しかし、日本のクレジットカードの入会条件は「高校生を除く、満18歳以上」のため、海外留学時が高校生であった場合、クレジットカードを持たせることができなくなります。
ただ一部例外のクレジットカード会社があり、その中の一つである三井住友カードでは、海外留学など海外でカードを利用する場合は「中学生を除く、満15歳から18歳」のお子様の家族カードを申し込みできるようになっています。
原則海外留学をする際に限られるので、海外旅行や海外就労、日本国内での利用、インターネットサイトでは利用不可です。

どうしても子供にクレジットカードを持たせたいならデビットカード

クレジットカードの入会条件は「高校生を除く、満18歳以上」であり、この条件にあてはまらない場合は子供にクレジットカードを持たせることはできません。
高校生の子供が海外留学をするとなった時に、家族カードを発行してもらえれば問題はありませんが、そもそも高校生に発行できる家族カードがない場合もあります。
そのような時に、クレジットカードの代わりとして使えるのが、デビットカードです。
デビットカードとは、即時決済取引用カードと呼ばれ、預金口座と直結しているカードになります。
クレジットカードは、締日と引き落とし日が定められ、買い物をした翌月や翌々月の引き落とし日に口座からお金が引き落としされます。
しかしデビットカードは、買い物をした時点で口座から利用分のお金が引き落としされるので、口座に残高が無いと決済することができません。
また、デビットカードは利用限度額を設定することができ、口座に残高があっても、利用限度額まで使うとそれ以上使うことをできなくすることが可能です。
さらに、カードの使用があった際に、メールが来るようなシステムもあり、親が管理することもできます。
そのため、お金を使っている感覚が芽生えやすく、無駄遣いすることがなくなります。
しかもデビットカードは、ATMでお金を引き出さずに口座のお金で買い物ができるカードになるため、わざわざATMに行く手間も省けますし、休日や夜間など手数料かかる時間帯を気にする必要が無くなります。
このデビットカードの入会条件は「中学生を除く、満15歳以上」であることが多く、加入時の審査もありません。
国際ブランドはJCBやVISAであり、これらのクレジットカードが利用できる店であれば、ほとんどの店でクレジットカードと同じように利用することができます。
特にVISAブランドであれば、世界数多くの国や地域で利用できるので、海外留学には非常に使い勝手が良いです。
また、デビットカードは、キャッシュカードと同じようにATMで現金を引き出すこともできます。
海外ATMでは現地の通貨を引き出すことができるので、両替の必要性が無くなり、非常に助かります。
さらに、クレジットカードと同じように盗難や紛失などによる不正利用を防ぐために、本人認証機能を充実させています。
カード番号や有効期限の入力だけでは簡単に使えないようになっているのです。
しかも利用の度にポイントが貯まるので、お得さもあります。
クレジットカードを持つことができない子供に持たせるカードとしては、非常に優秀なカードになります。

何歳からクレジットカードって持てるの?

クレジットカードの入会条件は「高校生を除く、満18歳以上」です。
この入会条件は、海外留学などの理由で、家族カードが発行してもらえることを除き、どの一般カードも家族カードも同様です。
法律で定められている訳ではないのですが、クレジットカードとはカード会社が先払いをしてくれてお金を払う前に商品を受け取れるサービスなので、返済能力に疑問が生じる年齢であれば発行しないのです。