計画的に利用できると便利なクレジットカードについて作れない場合の理由や原因について様々な角度から検証してみたいと思います。

nayanderu

便利なクレジットカード。必ず作れるものではない?

皆さんはクレジットカードを保有されていますでしょうか。年々クレジットカードに対するハードルが低くなってきた事もあり、クレジットカード保有者が年々増加してきたわけですが、そんな便利なクレジットカードは「必ず誰でも作ることができる」わけではありません。

クレジットカードの「クレジット」は英語で「信用」という意味であり、カードの申し込み者の「信用力」を元にクレジットカードを発行するのです。

いわば、「この方の信用力を信じ、カード会社がお支払いを代わりにしてあげますよ」というものがクレジットカードであると思って頂いてもよろしいでしょう。

後ほど利用者はカード会社に利用代金を支払う事で一連の取引が完了するわけですが、このようにワンクッションを挟むことで、最近では「ポイント」を付与するクレジットカードも登場し、利便性が増してきているのです。

普段利用するお店でもクレジットカードを発行し、クレジットカードへの申し込みをお勧めされた方も多いのではないでしょうか。

そんな中申し込んだものの、「カードの発行が認められなかった」という話をちらほら耳にします。

そこで今回は「カード申し込みができなかった」場合における原因について検証し、当サイトをご覧の方にとって有益となる「クレジットカードの発行」についての仕組みについて検証していきたいと思います。

何故クレジットカードが作れないの?

クレジットカードを申し込み、カードが届くまで待っていると、突然「ご希望に沿えない結果となりました」と届いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

そこで「どのような理由でクレジットカードが作れないのか」を見ていきたいと思います。実は大きく分けて3つの要因があるようです。

1.信用を付与するに値しない条件の方

2.過去に信用力を傷つけたことがある方

3.これまで信用力を利用した事がない方

以上の3つでおおよそのクレジットカードが作れない理由を説明できると考えられます。

それではまず1つずつ解説をしていきたいと思います。皆さんも参考にして頂ければ幸いです。

1.信用を付与するに値しない条件の方

まず信用を付与できないという理由を挙げるとなると、例えば「正社員ではない」であったり、「年収が低い」というものから、「勤続年数が短い」というものもあったりと、その方が「クレジットカードを発行してもしっかりと契約を履行して頂ける信用力を持っているか?」をクレジットカード会社は見ているようです。

クレジットカードはあくまでも「カード会社による立替」です。仮に無職で貯金のない方に100万円利用できる枠を付与したとして、その方が一月で100万円のカード利用をしたとします。するとカード会社としては「代金が無事支払われない可能性」が高くなります。

カード会社にとってはこのようなリスクが考えられるのにも関わらずクレジットカードを発行するということはしません。あくまでもその方の「収入額」や「貯金額」、そして「勤務状況」などを考慮します。

一般的にはカード申し込み者が申告した内容と「信用情報機関」が保有している申し込み者の「信用情報」を照会し、それぞれに点数を付与していきます。

そしてカード会社によって決められた基準の「点数」に応じてクレジットカードの発行を認めていきます。この「基準点」はカード会社によって異なっており、この違いが「審査が通りやすい」か「通りにくい」かを左右してきます。

どちらにせよ、「無職」でかつ「年収200万円以下」などの場合の方の審査は通るか通らないかの瀬戸際であると言われているようです。ただ実際のところの審査については知られていないところでありますので、必ずしも上記に当てはまらないからといって安心はしないほうが良策であるでしょう。

2. 過去に信用力を傷つけたことがある方

先ほどは「申し込み者の基本情報に基づく基準」を参考にし、カード発行の審査をするという目線での検証でした。続いての検証は「カード申し込み者の過去からの信用力」についてです。年収1000万円超で一流の大手企業にお勤めの方であればカード会社は必ずクレジットカードを発行するのかと聞かれると「NO」です。なぜならば、「どれだけステータスが素晴らしくても、過去にお金の面で問題を起こしていた場合」ですと、カード会社としても気持ち良くクレジットカードを発行しにくいからです。

どういう意味かと申しますと、「過去にクレジットカードの支払いが遅延した」であったり、「複数社から借り入れをしており、金額が数百万円」であったりと、カード会社としても「契約が円滑に履行できない可能性を秘めている」方に対して、クレジットカードを発行しない事もあるのです。

カード会社は「慈善活動」でカードを発行しているわけではなく、あくまでも「ビジネス」としてお金の融通を図っているに過ぎないため、過去に返済が滞ったことがある方や借り入れ額が高額な方については、「信用情報機関」の信用情報に記載されていることがあり、カード会社が発行時にこの情報を活用し、発行するに値しないと判断し他場合にはカードの発行を見送ります。

一般的には年収の3分の1以下の借り入れについて総量規制で制限されており、ある意味でそのバーを元に、カード発行と利用可能額の設定が行われます。

仮にステータスに問題がなく、カード発行が認められなかった場合には過去に金融事故や借入過多になっていないかを確認してみたほうがよいでしょう。

3.これまで信用力を利用した事がない方

「カードが作れない理由」の中には、「カードなどを利用した事がない方」も時折含まれます。これまで現金主義で一切カードを保有した事がなく、インターネットでの利用で必要になるので利用してみようと考える方が近年増えているようですが、そのような方の「信用情報」が残っていないと逆にカード会社は「この人ちゃんとお金を返してくれるのだろうか?」と心配になってしまい、発行を認めない事もあるようなのです。

カードの利用はもちろん、ローンや公共料金、携帯電話の端末料金における割賦契約についても信用情報に記載されるようになっており、これらでしっかりと実績を作っているのであれば、カード会社も「この人なら大丈夫かもしれない」とカード発行に進める根拠を手にすることができるのです。

一方でこれまで一切の現金主義の方ですと、カード会社としては「どのような人か分からない」ため、容易に年収に応じた利用枠の開設はできないのです。そのため「適度なカードの利用」は公のお金の面に対する信用力向上につながるのです。

住宅ローンがあるとクレジットカードが作れないって本当?

ここまでは大まかな「クレジットカードが作れない可能性の高い理由」を3つ挙げてきました。それ以外でもクレジットカード申し込みに当たって気になる点が多い方も多いと思われます。

そこでその中でも多い疑問について幾つか取り上げてみたいと思います。

まずは「住宅ローンがあるとクレジットカードが作れない?」という質問です。人生で最も大きな買い物とも呼ばれるマイホーム。一括で支払うことができる人はまずいないと思います。そこで住宅ローンを組んで返済を行っていくわけですが、住宅ローンを組んでしまった方はクレジットカードが作る事ができないのでしょうか。

その答えは「NO」です。ただ作れなくなる可能性は通常の人に比べ上昇します。どういう意味かと申しますと、クレジットカードの審査には「年収」と「過去の金融事故暦」を中心に見ていきます。それに合わせて現在のローン状況も聞いてきますが、それは年収に対する借入額の割合を図っているのです。年収が500万円の方が年間250万円ずつ返済する予定のローンを組んでいたら安心してお金を融通できるでしょうか。おそらく難しいと考えると思います。カード会社もこのような点を参考にカード審査を行いますので、「年収に見あった借入額の中であればクレジットカードは発行することができる」可能性はあるのです。

決して不可能なわけではありませんが、年収に見合ったクレジットカードの申し込みをしていくほうが良いと考えられます。

ブラック履歴があると何年くらいクレジットカードが作れないの?

続いて多い疑問は「ブラック履歴にのると何年間残るのか?」という質問です。「ブラック履歴」とはいわゆる金融事故を起こした履歴のことを指します。金融事故とは一般的に「返済の遅延」が大半を占めていると言われております。最近ではローンの返済は銀行引き落としが大勢を占めておりますが、ちょっとした手違いで引き落とし日に口座に現金がなく、引き落としができずにカード会社から連絡が来る、といった方もいらっしゃるのではないかと思います。

このブラック履歴は信用機関がそれぞれで管理しており、カード会社はこの機関が提示した情報を元にカード発行を検討します。日本には銀行系の信用情報機関である「全国銀行個人信用情報センター(通称KSC)」とクレジットカード系の信用情報機関「CIC」、そして信販会社系の信用情報機関「日本信用情報機構(通称JICC)」の3機関がそれぞれ信用情報を保有しております。

この機関によると、「延滞」によるブラック履歴は、事故の解消から数えた一定期間までは保管されることになります。「KSC」と「CIC」ですと通常5年間、「JICC」は1年間、履歴を残すと言われておりますので、仮に思い当たる節がある方は「事故を起こしたタイミングから約5年間待った上で、かつ信用情報に再度履歴を残さないように信用を重ねていく」ことが重要であるといえるでしょう。

反省してます‥延滞があるとクレジットカードが作れなくなる?

先ほど述べたように、何気ない毎月の返済や公共料金の支払いなども「延滞」とみなされ、信用情報機関に履歴が残ってしまう可能性があります。決して毎月の返済をないがしろにせずに使ったものはしっかりと返しましょう。

自分がブラックなのか調べる方法

ここで一つ疑問に思った方も多いのではないでしょうか。それは「ブラック履歴を確認できるのか?」という話です。

 

実はこの信用情報は皆さんでも確認することが可能です。特にクレジットカード系であるCICでお取りすることができます。

 

取り方は全国にある7つあるCIC開示窓口(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡)に直接出向くか、郵送もしくはインターネットで信用情報は開示することが可能です。

 

しかしながら開示にはお金がかかり、窓口では500円、それ以外は1000円の手数料が取られてしまいます。なぜ自分の情報なのにと思われる方もいらっしゃると思いますが、カード会社は必ずCICの情報を閲覧してカード審査を行っておりますので、もし自分の信用情報はどうなのか気になる方は一度開示してみるのも良いと思います。

 家族にブラックな人や消費者金融とトラブルがあった人でも作れないの?

先ほどまでは「本人」におけるブラック履歴について見てきましたが、一方で「家族」にブラック履歴を持っている方がいた場合はどうなのかという疑問を持たれている方も多いと思います。

その答えは「あまり問題はない」と言っても良いでしょう。実は信用情報はあくまで「申し込み者個人」の情報なので、家族の情報はまた別の情報になってしまうため、カード会社は迂闊に見ることはできないのです。クレジットカード申し込み時に「信用情報を照会することに対する承諾」をされていると思いますが、これを元に「その個人」の信用情報を閲覧するため、家族だからといって閲覧することはカード会社の個人情報保護法違反に成り兼ねません。

ですので一般的には「関係ない」といっても良いでしょう。しかしながら、過去に家族が「申し込んだカード会社」でブラック履歴を残してしまった場合は、社内情報として保管されている可能性もありますので、その際には不利になることは否めません。しかしながら通常は問題ないと思われますので、皆さん自身の潔白を持って申し込みしてみて良いでしょう。

任意整理や滞納中であるとクレジットカードが作れないって本当なの?汗

信用情報において一番多いブラック履歴である「延滞」については先ほど述べましたが、例えば「任意整理」や「滞納中」の場合でクレジットカードは作れるのでしょうか。

その答えは難しいと言えます。「任意整理」とは弁護士を経由し、借入の返済を一方的にストップさせ、毎月決まった金額を返済していくというやり方をとります。これは自己破産の手前であり、ある意味で「お金に対して失敗をした方」というレッテルが貼られます。その際には完済後から5年間はクレジットカードもローンも組むことができません。

また「滞納中」の場合はその時点で信用情報に記録をされていなければ作成できる可能性はありますが、何度も続いている場合には確実に信用情報に掲載されてしまいますので、カード作成は難しいと言えましょう。

とにかくクレジットカードは信用が重要となりますので、このような延滞や滞納については非常に厳しく評価され、約5年間は記録が残るということをご認識して頂いたほうが良いと言えましょう。

いかがだったでしょうか。クレジットカードは便利でありそれ以上に信用度が重要となるものですので、「ご利用は計画的に」活用することをお勧め致します。