スポンサーリンク

ビットコインクレジットカード購入

ビットコインは色々あったとはいえ、まだまだ投資家たちの心を掴み続けています。

取引所でビットコインを購入するとしたら基本的にウォレットに日本円を入れておく必要があります。
銀行振込を選択したほうが、手順的にも必要になる手数料的にも、わかりやすいといえばわかりやすいのですが、クレジットカードのほうが便利に感じる時もあります。

銀行振込だと入金した金額の反映まで時間がかかるので、欲しいタイミングに購入できないなんてことも。
それに対しクレジットカードでビットコインを購入すれば欲しいタイミングに合わせやすい。

今回は、日本国内で人気の仮想通貨取引所3つについて。
クレジットカードでビットコインを購入する場合の手数料と、購入方法について確認していきます。

ビットコインはクレジットカードで購入できる

取引所、そして仮想通貨の銘柄によって決済方法はバラつきがありますが、ビットコインについては大抵の場合クレジットカード購入に対応しています。
ビットコインはやはり仮想通貨の世界で別格感が漂っています。

クレジットカード購入の手数料を比較

クレジットカードで購入する場合、正直、「手数料」という見方をすると通常より高くなってしまいます。
状況によっては、というか基本的には、クレジットカードで購入しないほうが良いことがほとんどかもしれません。
それでも、クレジットカードでの購入には、特有の気軽さやスピード感があるのも事実。

以下では「Zaif」「ビットフライヤー」「コインチェック」の3つを取引所を例に挙げてみていきましょう。
ビットコイン以外のクレジットカードの購入方法については以下を見てみて下さい。

仮想通貨やビットコインをクレジットカードで購入する方法とメリット

マイナス手数料で知られるZaifの手数料

Zaifでは、ビットコインのクレジットカード購入に対応しています。
ちなみに使用できるクレジットカードはVISAかMASTERのみ。
クレジットカード購入をできるようにするためには、電話番号認証と本人確認を済ませておく必要があります。
確認系は済ませて置かないと、思い立った時に行動できないので注意です!

気になる手数料は、残念ながらZaifでは具体的なものは記載されておらず、非公開になっています。
ただし、総合的に判断すると7%~8%だといわれています。

そもそも通常決済だと手数料が安いことで知られているZaifなので、Zaifでビットコインを購入するならクレジットカードにこだわらないほうが良いかも・・・?

Zaifでの購入方法

Zaifのサイトにログインしたら「クレジットカードで購入」を選択します。
通貨を選択できるので「BTC」にしてください。
購入金額を入力して指定します。
すると自動で購入するビットコインの量が表示されて確認できるようになります。そちらの内容に問題なければ「購入手続き」に進みましょう。
そして、クレジットカード情報を入力して、購入します。

スポンサーリンク

ビットコインをクレジットカードで購入するための手順はけっこう簡単です。

大手で安心感抜群のビットフライヤーの手数料

ビットフライヤーについてもクレジットカード購入はVISAかMASTERのみ対応となっていて、電話番号認証と本人確認必須済みであること必須です!
ビットフライヤーもZaif同様、クレジットカード購入の手数料は記載されていません。
ビットコインの購入額に含まれる形になります。

状況によってバラつきが出ますが、ビットフライヤーの場合は手数料にあたる金額は8%~11%の間だといわれています。

クレジットカードで購入するにあたっての手数料は、ビットフライヤー>Zaifという図式になります。

ビットフライヤーでの購入方法

ビットフライヤーにログイン後「クレジットカードで買う」を選択してください。
購入する金額(日本円)を入力。
すると購入できるビットコインの量が自動で算出されるので、問題ないようであれば確認画面に進み、購入してください。

こちらもZaif同様簡単な手順で購入できます。

何かと話題のコインチェックの手数料

コインチェックの場合もZaif、ビットフライヤーと同様、電話番号認証と本人確認済みであることが必須です。
対応しているクレジットカードはVISA、MASTER、JCBです。

コインチェックの場合もその時々の状況に合わせて購入金額に手数料が含まれる形になります。
8~10%くらいをみておく必要があります。

コインチェックでの購入方法

コインチェックでビットコインを購入する際は、コインチェックにログイン後「クレジットカードで買う」を選択。
5000円分、10000円分、50000円分、100000円分の項目にチェックを付けて選択するか任意の金額を入力します。

金額の指定が決まったら「購入する」を選択。
クレジットカード情報を入力し、「決済開始」を選択すれば購入完了です。

コインチェックの場合もZaif、ビットフライヤーと同様手順はわかりやすいです。

手数料でみると、Zaifが一番安くなりやすいという結果に。

クレジットカード購入は何かと便利

クレジットカードでの購入は、思い立った時にできたり、スピード感が速かったり、便利ではあります。
しかし、正直冷静に考えるとそれほどおすすめはできません。
何といっても具体的にはわからない手数料が高いです。

ビットコインは高いので、手数料も積もり積もればけっこうな負担になります。

クレジットカード特有のポイントが付く等のお得な要素はありますが、購入方法としてクレジットカードを重視したいならよく考えて判断するようにしましょう。

「まとめ」手数料は塵も積もれば山となる!


いかがでしたか。
今回は、ビットコインをクレジットカードで購入する場合の手数料や購入方法について詳しくご紹介しました。
クレジットカードでの購入は手順が楽ですが、よく考えてから行いましょう。
個人的には銀行振込で良いかなとも感じます。

手数料が状況に応じて変化するというのが、何とも気になるところですよね。

まだまだ人気の高いビットコイン。目が離せません。
チャートをみていて急に購入意欲が湧いてくるということもあるかもしれませんが、狙った時にいつでも購入できるように普段から準備しておきたいものです。

どの取引所を利用するとしても、少なくとも電話番号認証と本人確認は、済ませておくようにしましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク