おそらくほとんどの人がCMで聞いたことがあるであろう三井住友VISAカード。

日本で初めてVISAカードを発行した企業で、SMBCグループが発行しているカードだけあって、その知名度や認知度は他のクレジットカードの中でもトップクラスであるかと思います。

今回はその三井住友VISAカードの特徴について記載していきます。

【三井住友visaカードのメリット】

  • 多くの種類のカードが発行可能

この三井住友VISAカードは非常に多くの種類のカードが発行されております。

まずベースとなるのが三井住友VISAクラシックカードです。

このカードの特典をベースとして、年齢や性別など要件別にさまざまなカードを発行することができます。

例をあげれば、

充実した海外旅行保険が付帯してくる「三井住友VISAクラシックカードA」

女性向けのカードである「三井住友VISAアミティエカード」

満18歳から25歳までを対象とした「三井住友VISAデビュープラスカード」

リボ払い専用カードとなる「三井住友VISAカードエブリプラス」

など年齢や性別によってカードを選ぶことができます。

特典内容も少し変わりますので、発行する前に自分に合ったカードはないか確認してみると良いでしょう。

基本的に条件が付いた種類のカードの方が有利な特典がついてきます。

今回はベースである三井住友VISAクラシックカードの特典について説明していき、後ほどカード別の特徴について説明していきます。

  • 圧倒的な知名度や安心感

日本人であれば知らない人はほとんどいないであろう三井住友系列。

国内のVISAカードの元祖ともいえるクレジットカードです。

CMを耳にしたことがある方も多いでしょう。

その会社の規模の大きさなどからかなりの安心感があります。

会社が大きいということはそれだけ会社に体力があり、有事の際はしっかり対応してくれる可能性が高いということになり、それだけで安心して利用することができます。

  • 世界中で決済できる高い決済力

この三井住友VISAカードはVISAとMasterCard2枚持ちができるカードとなっており年会費250円追加で2枚両方所持できます。

これだけでクレジットカードの世界シェア海外どこでもほとんど決済できます。

決済力はクレジットカードとして一番大事な部分であるといっても過言ではありません。

この三井住友VISAカードは、国内はもちろんのこと海外でもほとんどの場所で使用することができ、安心して使用することができます。

  • 充実した海外関連サービス

この三井住友VISAカードは海外旅行にも高いサービス性を発揮します。

「VJトラベルデスク」で申込するとパッケージツアーから同伴者含め最大5%割引になります。

「エアライン&ホテルデスク」では国際航空券の予約からホテルの予約をオンラインでお手軽簡単にすることができます。

「VJデスク」では旅行先の観光情報、レストラン、チケットの予約、トラブルの対応を日本語で対応してくれます。

その他もレンタカーの優待価格での利用、海外お土産品宅配サービスなど多様なサービスがあり、海外旅行をサポートしてくれるでしょう。

  • 海外旅行保険が付帯

下記のような海外旅行保険が利用付帯されてきます。

傷害死亡後遺障害:    最高2000万円

疾病治療:                  50万円

賠償責任:                  最高2000万円

携行品損害:              15万円

救援者費用:              100万円

また利用付帯ですので、この三井住友VISAカードを海外で利用しないと保険の対象になりませんので、ご注意ください。

少し物足りなく感じる方は三井住友VISAクラシックカードAを利用しましょう。

下記の特典がついてきます。

傷害死亡後遺障害:    最高2000万円(自動付帯300万円、利用付帯1700万円)

以下自動付帯

疾病治療:                  50万円

賠償責任:                  最高2000万円

携行品損害:              15万円

救援者費用:              100万円

年会費を250円(税抜)プラスするだけでこれだけの保険が付帯されてきます。

  • 写真入りのICチップカードを選択可能

顔写真入りのICカードを発行時に無料で選択することができます。

盗難されても不正利用される可能性が少なくなり、高いセキュリティ性になります。

  • Vpassチケットでユニバーサルスタジオジャパン、宝塚チケットなどを優待価格で購入できる。

三井住友VISAカードは会社が大きいだけあり、様々な企業のスポンサーとなっております。

代表的なのは「ユニバーサルスタジオジャパン」でしょう。

スタジオパスが5%の割引価格で購入することができます。

大人7,400円のところ7,030円で購入でき、子供は4,980円のところ

4,730円で購入することができます。

期間限定で10%の割引価格になることがあります。

他に宝塚歌劇団の公演を毎月何回か入れるのが三井住友VISAカード会員のみでの

「貸切公演」があります。

宝塚はなかなかチケットをとるのが難しいのですが、この貸切公演であればかんたんに取得することができます。

お好きな方は三井住友VISAカードを取得して、この貸切公演で見てみるのも良いでしょう。

他にもミュージカル、コンサート、スポーツなど様々な種類のチケットを割引価格で取得することができます。

  • Globe Passにてアジア各国でお得に買い物できる。

アジア11カ国(韓国、中国、台湾、香港、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア)の免税店やホテルなどを優待料金で利用することができたり、プレゼントなどを受け取ることができます。

【三井住友visaカードのデメリット】

  • 審査がやや厳しめ

銀行系のクレジットカードは他のクレジットカードと比べて審査が厳しめです。

三井住友VISAカードも例外ではなく、無職やアルバイト、パートなどの方は審査が通り辛い傾向にあるようです。

 

  • 突出した特徴がない

例えば楽天カードあれば「楽天市場の利用でポイント最低でも4倍」、ライフカードであれば「誕生日月は2.5%還元」、P-one Wizカードであれば「最高峰の還元率1.5%」などとクレジットカードによって特徴があることが多いのですが、この三井住友VISAカードはすべてが平均以上のカードなのですが、逆に突出している特徴がないともいえるカードです。

  • 2年目以降年会費が有料

初年度の年会費は無料なのですが、2年目以降は1,250円(税抜)の年会費がかかってきてしまいます。

下記の条件で無料または割引になります。

前年度のカード利用が300万円以上またはマイペイすリボ登録で年に1回以上のリボ払い利用で無料になります。

前年度の利用が100万円以上300万円未満で年会費半額されます。

WEB明細書サービスの利用(過去1年間に6回以上の請求)で540円割引。

年会費が無料のカードが多く発行されている中で、年会費が少額とはいえかかってしまうのは、デメリットと言えるでしょう。

ポイントについて

  • ワールドプレゼントプログラム

ポイントは1,000円の利用につき「ワールドプレゼント」というポイントが1ポイント付与されます。1ポイント約5円程度で交換することができますので、基本的な還元率は0.5%となります。

  • 利用額に応じたボーナスポイント付与

ボーナス年間利用額に応じてポイントボーナスが付き、還元率が上がります。

具体的には下記のとおりです。

・利用額300万円以上:50万円で150ポイント/以降10万円ごとに30ポイント

・利用額100万円以上300万円未満:50万円で75ポイント/以降10万円ごとに15ポイント

・利用額50万円以上100万円未満:50万円で50ポイント/以降10万円ごとに10ポイント

ポイントボーナス還元率

・利用額300万円以上:0.65%

・利用額100万円以上300万円未満:0.575%

・利用額50万円以上100万円未満:0.55%

  • ポイントアップモールで買い物するとポイントアップ

三井住友VISAカードの会員は「ポイントUPモール」を利用することができます。

このポイントアップモールを経由し買い物することで、ポイントが最低でも2倍ついてきます。

中には5倍、10倍ポイントが貯まるショップも珍しくなく、最高で21倍ものポイントがついてきます。

Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングをはじめ、さまざなネットショップを利用することができます。

ポイントアップモールを経由するだけで後は同じようにネットショッピングするだけですので、ネットショッピングをする方は必ずポイントアップモールを経由してから利用するようにしましょう。

  • 「ココイコ!」の利用でポイントアップ

三井住友VISAカードでは上記のポイントアップモールの他にリアルでもポイントを有効に貯める方法があります。

それが「ココイコ!」というサービスです。

エントリーしてから街で買い物するとポイントアップやキャッシュバックの特典をうけることができます。

スマートフォンからでも利用することができますので、予定にない買い物でもささっとエントリーして買い物することができます。

対象となる店舗も大手が多く、例を挙げると「大丸」「松坂屋」「小田急百貨店」「東急百貨店」「三井アウトレットパーク」「コナカ」「はるやま」「東急ハンズ」「ビックエコー」「カラオケの鉄人」などさまざまな場所で特典をうけることができます。

また三井住友VISAカード会員の属性や利用額に応じて、特別な優待情報が送られる「スペシャルオファー」もありますので、加盟店をよく利用している方はぜひこの「ココイコ!」のサービスも利用してみましょう。

  • 上手に活用しよう。「マイペイすリボ」でポイント還元率2倍。

「マイペイすリボ」を利用すると、リボ払いした月のポイント2倍になります。

例えどんなに少額でもリボ払いさえ発生させてしまえば、ポイント2倍になるので、

毎月ほんの少額だけ発生させるように調整しましょう。

リボ払いは基本的に高額な手数料が発生しますので、あまりリボ払いにしすぎてしまうと、ポイント以上の手数料を払ってしまうことになります。

  • 「iD」が付帯してくるので支払いが便利

「iD」は後払い方式の電子マネーです。

後払いなので、面倒なチャージを省略することができ、後でクレジットカードの請求とともに請求が来ます。

クレジット払いと同様にポイントが貯まり、ポイント還元率は同じように0.5%となります。

クレジット払いでは利用できないスーパーやタクシー、自動販売機などで利用することができます。

少額の買い物で非常に便利な電子マネーです。

  • 豊富なポイントの交換先

またこのワールドプレゼントは交換先が非常に多いです。

主要電子マネーであるnanaco、WAON、SuicaはもちろんTポイント、楽天スーパーポイントなどその交換先は多様です。

中には換金率が下がる交換先もありますので、なるべくなら1ポイント=5円相当の価値になるものを選択しましょう。

景品カタログも充実しており、何を選択しようか迷ってしまうほどたくさんの景品があります。

【様々の三井住友VISAカードの特徴について】

「三井住友VISAアミティエカード」

三井住友VISAアミティエカードはアミティエ(女友達の意味)という名前が付いているだけあって、女性向けの三井住友VISAカードとなります。

年会費は三井住友VISAクラシックカードと同様です。

18歳以上の女性の方のみ申込でき、男性の方はこのカードを持つことはできません。

このカードの特徴は付帯サービスが三井住友VISAクラシックカードよりも充実しているということです。

まず、カードご利用代金WEB明細書サービスを利用すれば、ケータイ・PHS利用料のポイントが2倍になり、還元率1.0%となります。

また、旅行保険が三井住友VISAクラシックカードよりもかなり充実した内容になります。

三井住友VISAクラシックカードでは海外旅行保険のみの付帯であったのに対して、この三井住友VISAアミティエカードでは国内旅行保険が付帯されます。

また利用付帯のみではなく、自動付帯の保険も付帯されます。

具体的に三井住友VISAクラシックカードと比較すると、死亡・後遺障害保険は金額は変わりませんが、300万円が自動付帯となります。

傷害、疾病、救援者費用保険は50万円増額されます

賠償費用保険は500万円増額されます。

携帯品損害保険は5万円増額されます。

三井住友VISAクラシックカードAよりも年会費が安く、付帯保険が充実しているカードになります。

「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカードは年齢が若い人向けにつくられた三井住友VISAカードです。

18~25歳の方が発行条件で、大学生、専門学生、新社会人などの若者をターゲットとしたクレジットカードです。

年会費が初年度無料で、次年度以降も三井住友VISAデビュープラスカードを一回でも利用すると無料になります。(しない場合は年会費1,250円(税抜))

この三井住友VISAデビュープラスカードの特徴はポイント還元が三井住友VISAクラシックカードよりも高いということです。

三井住友VISAクラシックカードではポイント還元率が0.5%でしたが、この三井住友VISAデビュープラスカードではポイント還元率が2倍の1%となります。

またiDでも同様にポイント還元率2倍の1%となります。

また入会特典があり、入会後3か月間は5倍ポイントが貯まり、還元率2.5%となります。

三井住友VISAクラシックカードで付帯してきた「マイペイすリボ」のポイント還元アップも付帯しており、この三井住友VISAデビュープラスカードの場合、ポイント還元率3倍の1.5%と極めて高い還元率になります。

またポイントUPモールでも同じようにポイント還元率が最低でも3倍になり、1.5%となります。

他のクレジットカードと比べても極めて高い還元率を誇り、付帯サービスも充実していますので、年齢が若く対象になる方は、発行しておいて損はないクレジットカードです。

「三井住友VISAカードエブリプラス」

三井住友VISAカードエブリプラスはリボ払い専用カードです。

ポイント還元率はリボ払いが発生しない月は0.5%ですが、リボ払い手数料が発生した月は三井住友VISAクラシックカードの3倍の1.5%となり、三井住友VISAクラシックカードのボーナスポイントも付与されますので、最高1.65%となり、他のクレジットカードと比較しても極めて高い還元率となるのが特徴です。

リボ払い手数料が発生した月限定になりますので、必ず少額でも良いので、リボ払い手数料を発生させるようにしましょう。

他の三井住友VISAクラシックカードとは違い、条件なしで年会費無料となりますので、誰でも気軽に持つことができますのも特徴です。

ちょっと使い方が他の三井住友VISAカードと比較しても難しいので、リボ払いをしっかり理解している方にのみおすすめできるカードです。

「三井住友VISAエグゼクティブカード」

年会費が3,000円(税抜)とアップしますが、付帯サービスが充実しています。

他の三井住友VISAカードと異なるところは「ドクターコール24」が付帯してくることです。

無料で24時間365日、医療に関する相談ができることができます。

些細なことでも相談できますので、介護や育児をしている方には心強いサービスになります。

また三井住友VISAクラシックカードよりもカード旅行保険の額が増額されます。

海外旅行保険にて

死亡・後遺障害保険は自動付帯で500万円、利用付帯で2,500万円と合わせて1,000万円増額されます。

傷害、疾病、救援者費用保険は50万円増額されます

賠償費用保険は2,000万円増額されます。

携帯品損害保険は10万円増額されます。

さらにこの三井住友VISAエグゼクティブカードでは家族付帯もついてきますので、家族で旅行される場合もしっかり補償してくれます。

国内旅行保険では三井住友VISAクラシックカードでは付帯されなかったのに対して、この三井住友VISAエグゼクティブカードではしっかり付帯されます。

死亡・後遺障害保険では自動付帯で500万円、利用付帯で2,500万円付帯されます。

三井住友VISAエグゼクティブカードはゴールドカードと一般カードの中間の位置づけのカードです。

ゴールドカードまでは旅行によく行かれる方、医療で不安のある方におススメです。

「三井住友VISAゴールドカード」

年会費は10,000円(税抜き)でマイペイすリボに登録で半額、WEB明細サービスを利用することによって1,000円割引になり、実質的に4,000円(税抜)で発行可能です。

他のゴールドカードと比較した場合は極めて安い金額で発行できます。

三井住友VISAクラシックカードと比較すると「ドクターコール24」が付帯され、旅行保険も大幅に増額されます。

海外旅行保険は

死亡・後遺障害保険は自動付帯で1,000万円、利用付帯で4,00万円と合わせて3,000万円増額されます。

傷害、疾病保険は250万円、救援者費用負担は400万円、賠償費用保険は3,000万円、携帯品損害保険は40万円増額されます。

もちろん家族付帯もついてきます。

国内旅行保険も大幅にサービスが強化されます。

死亡・後遺障害保険が自動付帯1,000万円、利用付帯が4,000万円となり、合計で5,000万円付帯されます。

医療保険も付帯され、手術費用20万円、入院保障1日5,000円、通院費用1日2,000円出ます。

また空港ラウンジが国内28か所の主要空港にて、無料で利用することができます。

ポイントについても特典があり、利用額に応じたボーナスポイントが2倍になります。

【三井住友VISAカードを実際に使用してみて】

筆者が最初に使い始めたクレジットカードがこの三井住友VISAカードでした。

最大手の企業が出している企業なので、安心感がありCMで良く流れたいたため発行したのを覚えております。

使用した順番としては「三井住友VISAデビュープラスカードカード」から「三井住友VISA

クラシックカード」今現在使用しているのが「三井住友VISAゴールドカード」となります。

次はプラチナカード取得を目指しております。

国内外問わず、出張や旅行で空港を利用することが多いので、ラウンジを利用できるのは大変助かります。

海外にも何度か行く機会があり、海外でよく利用することが多いカードなのですが、VISAブランドということもあり海外で使ってみて決済で困ったことはありません。

海外に行くと何かと予測しない出費が出てきてしまいますので、このカードがあれば心強いです。

さらにVJデスクを1度利用したことがあるのですが、かなり心強いサービスであるという印象を受けました。

24時間年中無休で、日本語で対応してくれるので安心できます。

実際に海外に行くと日本語を使うことができ、旅行の手助けをしてくれ、トラブルの対応をしてくれるサービスというのは非常にありがたいです。

土地勘がなく迷いそうだったので送迎の手配を頼み、おすすめのレストランの手配をしたところ、いずれも素早く対応してくれました。

わかりやすく丁寧に対応していただけたので、今後も海外に行くときはぜひ利用したいと思います。

また、三井住友VISAカードには海外旅行保険もしっかり付帯してくるので万一の時でも安心できます。

行く機会が少ない方は三井住友VISAクラシックカード、多い方は三井住友VISAエグゼクティブカードまたは三井住友VISAゴールドカードを利用するのが良いかと思います。

国内で利用する場合はショッピングで活用するのが良いでしょう。

ネットとリアルでの買い物両方にポイントアップサービスがあるというのが、活用しやすい点です。

筆者は「ココイコ!」をよく利用しています。

スマートフォンからでも利用できるので、非常に使いやすく、近くに対象店舗がある方はお勧めします。

特に出張帰りなどで大丸、松坂屋あたりでお土産のためにお菓子やスイーツを買っていくことが良くあり、財布の暇が緩み、ついつい出費しがちです。

そんな時にこの「ココイコ!」でキャッシュバックやポイント還元を受けると、そこそこの還元をうけることができるので、助かっています。

実際に三井住友カードを利用するときによく利用するのがiDです。

クレジット払いよりも早く決済でき、コンビニなどで手早く決済したい場合に利用しています。

Nanacoなどの他の電子マネーと違いチャージが必要ない点も便利です。

iDと三井住友VISAカードさえあれば現金いらずで、ほとんどの店で決済することができます。

タクシーや自動販売機にもポイントが付いてくる場合もありますし、素早く決済もできるので、急いでいるときなどに非常に役に立ちます。

またワールドプレゼントは交換先が豊富で使いやすいです。

iDやWAON、auwallet、楽天スーパーポイントなどほぼ還元率どおり交換することができます。

さらに景品カタログは種類が非常に多く、選んでいるだけで楽しくなってきます。

逆にありすぎて迷ってしまうので、買い物が好きでない方やめんどくさい方はiDあたりに交換してしまいましょう。

 

また買い物以外でもVpassチケットはミュージカルや公演を貸し切りで利用できたり、良席をゲットできたりします。

筆者はシルクドソレイユ及び宝塚歌劇団をこのVpassチケットを利用して見に行きました。

シルクドソレイユは2,000円近くの割引になりました。

宝塚歌劇団は良席が一般購入では中々取り辛いのですが、このVpassチケットで購入すると三井住友VISAカード限定での貸切なので、かんたんにチケットを取ることができました。

良席で見る観劇はまた別格なので、宝塚に限らず、公演やコンサートなどのショーに興味のある方はVpassチケットを利用して購買してみると良いでしょう。

ですがやはりポイント還元率が0.5%ということもあり、高還元率クレジットカードから比べるとややポイントが貯まり辛いというのは感じてしまいます。

 

またエグゼクティブカード以上のカードに付帯してくる「ドクターコール24」も非常におすすめできるサービスです。

何回利用しても無料です。

特に子供が生まれ、初めて子育てする方の場合わからないことだらけで、どうすればいいのかわからないことが多々あります。

子育て中の方におススメのクレジットカードでもあります。

特に夜中とかになると病院は休んでいますし、病院に行くこともできない。

そもそも病院に行くまでの病気なのかどうかもわからない。

そんなときにこの「ドクターコール24」があると懇切丁寧に対応してくれ、さらに年中無休24時間対応してくれますから、いつどこでトラブルが起こっても安心できます。

このサービスには筆者も非常に助けられており、無駄に病院に行く必要もなくなりました。

【三井住友VISAカードの有効活用方法について】

三井住友VISAクラシックカードを有効に利用するためにはやはり「マイペイすリボ」を上手に使う必要があります。

普通のクレジット払いではポイント還元率が0.5%で決して高い方ではありませんので、上手に調整し、少額なリボ払いにして還元率を1.0%にあげた方が良いでしょう。

「マイペイすリボ」では初回の支払いのリボ手数料が無料になりますので、利用金額のほぼすべてを一括で支払うようにして、少額のみリボ払いにして次月に繰り越しさせましょう。

リボ払いを多くしてしまうと手数料の方がポイントでの特典よりも高くなってしまいますので、十分ご注意ください。

 

またiDの有効活用もこの三井住友VISAカードを使いこなすうえで必須でしょう。

ショップの中にはクレジットカードを利用できなくても、iDなら利用できるショップがあります。

この三井住友VISAクラシックカードはiDでも同じようにポイントが貯まりますので、もしクレジットカードを使えない場合でもiDを使ってポイントを貯めることができます。

またiD独自のキャンペーンで、期間限定でポイント2倍などのキャンペーンを行っている場合がありますので、その場合ももちろんクレジット決済ではなく、iDを利用したほうが良いです。

また、年齢や性別別の三井住友VISAカードを発行することができるのも、優れた点です。

26歳以上の男性の方以外は三井住友VISAクラシックカード以外の三井住友VISAカードを発行する方がお得です。

 

またカード別にぜひおすすめしたいのが、「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

18~25歳の方であればぜひおススメします。

実質年会費無料でポイント還元率が最低でも1%つき、三井住友VISAカードの優待サービスを利用することができ、入会特典もついてくる、非常にお得なカードです。

 

【三井住友VISAカードのまとめ】

三井住友VISAカードは総合力・安心力・決済力に優れたカードです。

海外サポート、海外旅行保険が付帯し、「ココイコ!」や「ポイントUPモール」というポイント還元サービスがあり、チケット優待があり、iDという使いやすい電子マネーが付帯してくるという総合力。

ICチップと顔写真つきの充実したセキュリティと企業規模の大きさ、高いブランド力を保有しているという安心感。

クレジットカードシェア世界トップのVISAと第2位のMasterCardの2枚持ちができ、世界中のクレジットカードを使える店ほとんどをカバーできる決済力。

以上の3点がこのカードの強みでしょう。

また海外でもVJトラベルデスク、Globe pass、海外保険など海外旅行をサポートするサービスも豊富に取り揃えてられています。

初めてクレジットカードを持つ方や海外旅行へ行かれる方、セキュリティなどの安全面を重視する方におススメできます。