ライフカードってどんなカード?

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードになります。
信販会社であった株式会社ライフの子会社として発足しましたが、現在はアイフルの子会社になっています。
ライフカードは、年会費永久無料のスタンダードなクレジットカードから、ゴールド、旅行傷害保険付きのカードなど、多種多様に扱っています。
その中の一つである、ライフカード<旅行傷害保険付き>は、日本国内在住の、高校生を除く、18歳以上の方が申し込むことができ、国際ブランドはJCB、VISA、MasterCardを選択できます。
必要に応じて、どのブランドを選択することができるのは、地味に大きいですね。
年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円(税抜)がかかってきます。
カードの総利用枠は10万円から200万円と幅広く、審査結果次第で高額な買い物もこれ1枚で済んでしまうカードになります。
また、ライフカードはポイントが非常に貯まりやすいことでも有名ですよ。

ライフカードのポイントのつき方

ライフカード<旅行傷害保険付き>のポイントは、ご利用金額1,000円につき、1ポイント貯まりますと公式にはありますが、実際は100円につき0.1ポイント貯まるようになっています。
100円単位の切り捨てがないのは非常に助かります。
1ポイントは5円相当の価値があるため、還元率であらわすと0.5%になります。
これだけ見れば、他のクレジットカードと同じような還元率で、特に魅力がある訳ではありません。
しかし、ライフカードには多くのボーナスポイントがあり、これらを活用して高還元率を導き出すのです。
まず、ライフカードは入会後の1年間は、ポイントがいつでも1.5倍になります。
それだけで還元率がなんと0.75%になるのです。
続いて、ライフカードの一番の魅力になりますが、誕生日の月のカード利用の場合は、獲得できるポイントが5倍になります。
何と還元率は2.5%で、他のクレジットカードではない超高還元率カードになります。
税金の支払いも誕生月のポイント5倍の対象になります。
固定資産税・住民税・自動車税でポイント5倍ってすごいですよね。
全てのポイントが5倍ではなく、基本ポイントが5倍になるのですが、他のクレジットカードでこれだけの高還元率があるとしたら、使えるところが決まっていたりします。
リアルの店舗でも、ネット通販でも5倍になるのはライフカードくらいです。
誕生月以外は、他の高還元率カードを使い、誕生月には集約してライフカードで支払うようにすると最高にお得になります。
また、ステージプログラムがあり、二年目以降は、年間利用額に応じて還元率がアップします。
年間利用額が50万円未満ですと「レギュラーステージ」になり、還元率は0.5%ですが、50万円以上利用で「スペシャルステージ」になり、還元率が0.75%、150万円以上利用で「プレミアムステージ」になり、還元率が1%になります。
さらに、年間利用額が50万円以上で300ポイントがプレゼントされます。
Edyバリューチャージやnanacoクレジットチャージ、ライフカードが販売するJCBギフトカード購入分でも1,000円につき0.5ポイントが付与されます。
これらのボーナスポイントを活用することで、ライフカードのメリットが発揮できるようになるのですよ。
しかし、2017年7月からライフカードのポイントプログラムや、誕生日月のポイント5倍が変更されます。
誕生日月のポイントが3倍に改悪されるため、2017年6月までにカードを発行するようにしましょう。
2017年7月以前に入会された方は、2018年4月から3倍となるため、半年の猶予があるからです。

ライフカードの審査の流れ

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、日本国内在住の、高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方が申し込むことができます。
固定電話か携帯電話を所持していれば問題ないです。
他の入会条件がないため、比較的間口は広いクレジットカードととらえて良いかと思います。
アイフルの子会社なので、審査基準もアイフルが関わってくると思います。
アイフルのような信販会社系のカードは、銀行系のカードよりも所持しやすいと言われています。
そうは言っても、信用情報機関を利用して審査するため、過去2年以内に延滞したり、過去5年以内に自己破産したなどの金融事故情報がある場合は、審査は厳しくなります。
また、借入金額が年収を超えている場合は、審査は通りません。
キャッシング枠も借入金額が多い場合は審査に通らない可能性があります。
申し込み方法は、オンラインで個人情報の取り扱いに関する同意約款や各規約(規定)に同意した上、フォームに名前や住所などの必要事項を入力します。
続いてお支払口座をオンラインで設定すると、なんと最短1営業日後には審査結果が出ます。
さらに、審査に合格すると、最短3営業日後には申込者宛てにクレジットカードが発行されます。
発行までに2~3週間ぐらいかかるクレジットカードが多い中、最短3営業日は非常に速いです。
上手くいけば、1週間後ぐらいには手元にクレジットカードが届くことになりますね。

ETCの使い方

ライフカード<旅行傷害保険付き>に付帯するETCカードは、発行手数料、年会費とも無料、支払いは一括払いのみになります。
ETCカードのみの発行はできません。
ETCカードは申し込みからおおよそ2週間ほどで発行されます。
ポイントは、1,000円につき1ポイント付与されます。

キャッシング方法

ライフカード<旅行傷害保険付き>には、キャッシング機能もついています。
現金が今すぐ必要な時には助かりますね。
融資利率は100万円までが18.0%、100万円以上で15.0%になります。
キャッシング方法は、ATM、インターネットによるオンラインキャッシング、電話によるテレホンキャッシングからおこなうことができます。
ATMなら、国内14万台以上の金融機関やコンビニ、スーパーマーケットなどに設置してあるATMで利用することができ、また海外にある100万台以上の提携ATMでも利用できます。
オンラインキャッシングの場合は、会員専用Webサービス「LIFE-Web Desk」から24時間申し込むことができます。
平日0:00から10:00までに申し込みをすると、当日16:00頃までに、カードの利用代金を引き落している金融機関口座に融資金が振り込まれます。
テレホンキャッシングの場合は、ライフカードインフォメーションセンターに電話をし、自動音声サービスのガイダンスにしたがって、申し込むことになります。
ライフカードインフォメーションセンターは045-914-7003になり、8時から23時までになります。
返済方法は、翌月一括払いとリボルビング払いの二種類になります。
海外キャッシングの場合は、翌月一括払いのみになります。

アップルペイとしても使用可能?

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、アップルペイの発表当初は対応していませんでしたが、2017年3月1日からは、アップルペイを利用することが可能になりました。
ライフカードをアップルペイに登録すると、「iD」として登録され、全国の「iD」加盟店で使うことができます。
クレジットカードが利用できないお店でも、「iD」が利用できる店ならメリットが大きいですね。
マクドナルドでも使えるようになります。
国際ブランドがJCBかMasterCardのライフカードの場合は、アップルペイのWallatアプリ内でのSuicaチャージ、アプリやインターネットでの決済に使うこともできます。
ライフカードはアップルペイでのSuicaチャージでもポイント付与されます。
定期券やモバイルSuica特急券、Suicaグリーン券の購入も同様で、還元率は0.5%になります。

家族カードとしては?

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、家族カードも利用できます。
家族カードの年会費は、400円(税抜)です。
この金額で、海外・国内旅行傷害保険が付帯するのは非常にメリットです。
またポイント移行もできますし、利用金額も合算されるため、ステージ制に有利になります。
しかし、誕生月5倍ポイントは本会員の誕生月だけになってしまうため、夫婦で誕生月が異なる場合は、家族カードではなく、別々で持った方が良い場合があります。
家族の誕生月に家族カードを使ってもポイント5倍にならないのです。
別々に持ってしまうと、年会費が1,250円(税抜)になってしまいますが、誕生月5倍は非常に大きいです。
年間利用額で、検討する必要があります。

メリット

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、ポイントが非常に貯まりやすく、最大2.5%の還元率を持っています。
ライフカードのポイントの有効期限は2年ですが、ポイントの繰り越し手続きをおこなうことで最長5年にすることができ、非常に長く設定されています。
1年や2年で有効期限を迎えるクレジットカードが多い中、助かります。
有効期限が短いと、ポイントが貯まる前に失効を迎えたり、少ないポイントで交換しないといけなくなります。
有効期限が長いと、ポイントが貯まった状態で交換できるので良いですね。
また、ライフカードの会員はポイントアップサイトである「L-Mall」が利用できます。
Amazonや楽天市場で買い物をする際に、「L-Mall」を経由することでポイントが2倍以上になります。
最大11倍のショップもあり、効率良くポイントを貯めることができます。
年会費が1,250円(税抜)で、海外・国内旅行傷害保険が自動で付帯します。
また、シートベルト傷害保険も付帯するため、旅行の際のお守り代わりとしても使えます。
年会費無料のカードは、ほとんど利用限度額が最大100万円ですが、ライフカードは200万円と高額です。
海外旅行はもちろんのこと、電化製品の買い物など、高額商品の買い物でも困ることが少なくなります。
限度額が低いと何枚もカードを持たないといけなくなりますが、200万円の限度額があると、ライフカード1枚で対応できるようになります。

デメリット

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、非常にポイントがたまりやすく根強い人気があったカードだったのですが、2017年7月からライフカードのポイントプログラムなどが変更されることが決定しました。
一つはポイントプログラムの変更で、今までは年間利用額が50万円未満で「レギュラーステージ」、50万円以上利用で「スペシャルステージ」、150万円以上利用で「プレミアムステージ」になり、還元率が1%になっていましたが、今回の変更で「スペシャルステージ」と「プレミアムステージ」の間に「新ステージ」ができます。
この「新ステージ」は、100万円以上の利用で、ポイント還元率が0.9%になるので、カード利用者にとっては手が届きやすくなりますが、反対に「プレミアムステージ」は、150万円以上から200万円以上とハードルが上がってしまいます。
今回の変更で一番の改悪になってしまうのが、ライフカードの一番のメリットである、誕生月のポイント5倍が3倍と減少します。
2017年7月1日以降に入会した人は最初から3倍、2017年7月以前に入会した人は2018年6月から3倍になります。
2017年6月までに入会した人は、1年の猶予があるため、1回は5倍の恩恵は受けられますが、そこで終了です。
また、ライフカードのポイントは、ANAマイルやGポイント、楽天スーパーポイントなど豊富に交換先がありましたが、交換レートが改悪され、JCBギフトカード、図書カードNEXT、QUOカード、JTB旅行券、Amazonギフト券、Vプリカは10,000円以上のタイプが廃止されます。
さらに、家族一人にポイントが集約できるようになっていたのですが、そのサービスも終了します。
ETCカード、電子マネーへのクレジットチャージ(楽天Edy、nanaco)、ライフカード販売のJCBギフトカードについても、ポイントが付与されなくなります。
また、ステージ判定するための「プログラム期間中のご利用金額合計」にも加算されません。
今まで高還元率で人気を誇っていたライフカード<旅行傷害保険付き>ですが、ポイントに関しては非常に残念としか言いようがありません。
「新ステージ」は、恩恵を受ける利用者も居るでしょうが、他の変更は利用者にとってプラスになることはありません。
この改悪が最大のデメリットになりますね。

海外での利用

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、国際ブランドJCB、VISA、MasterCardを選択できます。
JCBなら1,380万、VISAなら2,400万、MasterCardなら2,400万もの全世界の加盟店で利用できることになります。
海外に持って行っても、使い方に困ることの無い、非常に便利なクレジットカードになります。
ライフカード<旅行傷害保険付き>ではありませんが、大学生や専門学校生だったら学生専用ライフカードがおすすめになります。
学生専用ライフカードだと「海外ショッピング利用キャッシュバック」サービスがあり、海外でカードを利用した場合に後日、その利用金額の5%をキャッシュバックしてもらえます。
年間で最大5万円まで(海外での利用金額が100万円まで)と条件はありますが、かなりお得になります。

海外旅行の保険について

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、年会費1,250円(税抜)で、何度でも補償が適用されます。
海外旅行中の思わぬケガや病気に関わる治療・入院費、携行品の盗難・破損などで生じた損害、ホテルのカーペットを汚してしまったなどの法律上の賠償責任についても補償します。
傷害死亡・後遺障害で最高2,000万円、傷害治療費用最高200万円、疾病治療費用最高200万円、救援者費用など最高200万円、個人賠償責任危険最高2,000万円(免責金額なし)、携行品損害20万円(免責金額3,000円)
海外旅行の際には、海外旅行傷害保険に入る方は多いと思います。
海外は日本と違い、医療費が非常に高額になります。
そのリスクを避けるため、海外旅行の際に掛け捨ての海外旅行傷害保険に入るのです。
しかし、掛け捨ての海外旅行傷害保険は、意外と高く、だいたい3,000円から7,000円ぐらいかかります。
掛け捨ての海外旅行傷害保険の方が、内容が良い場合もあるので一概に言えませんが、掛け捨ての場合は当然1度きりになるので、海外旅行に行くたびに保険に加入しなければなりません。
その点、ライフカード<旅行傷害保険付き>に付帯する保険なら、何度海外に渡航しても海外旅行傷害保険が自動付帯します。

空港ラウンジ

ライフカード<旅行傷害保険付き>には、空港ラウンジのサービスはありません。
ライフカードで空港ラウンジのサービスが付帯するのは、ゴールドカードになります。
ゴールドカードで使用できる空港ラウンジは以下の通りになります。
新千歳「スーパーラウンジ」、函館「ビジネスラウンジ A Spring」、青森「エアポートラウンジ」、秋田「ロイヤルスカイ」、仙台「ビジネスラウンジEAST SIDE」、新潟「エアリウムラウンジ」、成田国際「ビジネス&トラベルサポートセンター」「TEIラウンジ」、 羽田第1「エアポートラウンジ(南)(北)(中央)」、羽田第2「エアポートラウンジ(南)(北)(北ピア)」、中部国際「プレミアムラウンジ セントレア」、富山「ラウンジらいちょう」、小松「スカイラウンジ白山」、伊丹「ラウンジオーサカ」、関西「カードメンバーズラウンジ(六甲)(比叡)」「アネックス六甲」、岡山「ラウンジマスカット」、広島「ビジネスラウンジもみじ」、米子「ラウンジDAISEN」、山口宇部「ラウンジきらら」、高松「ラウンジ讃岐」、徳島阿波おどり「エアポートラウンジ ヴォルティス」、松山「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」、福岡「くつろぎのラウンジTIME」「ラウンジTIMEインターナショナル(国際線)」、北九州「ラウンジひまわり」、長崎「ビジネスラウンジ・アザレア」、熊本「ラウンジASO」、鹿児島「スカイラウンジ菜の花」、那覇「ラウンジ華~hana」

マイルは貯まりやすい?

ポイントが非常に貯まりやすく、大人気のライフカードですが、ANAマイラーにとっても非常に好評なのです。
マイルへの移行手数料は上限がなく、無料になります。
ライフカードの1ポイントにつき、3ANAマイルに交換することができます。
ANAカード利用による獲得できるマイルは、1,000円の利用で10ANAマイルになります。
ライフカードは、1,000円の利用で1ポイントになるので、1,000円で3ANAマイルとなり、これだけを見ると、マイルが貯まりやすいカードとは言えません。
しかし、ボーナスポイントを活用することで、ANAカードよりANAマイルが貯まるようになるのです。
特に誕生月5倍特典を利用すると、単純に獲得できるANAマイルも5倍になります。
誕生月のライフカードなら1,000円利用で獲得できるANAマイルは15ANAマイルになります。
誕生月以外の11か月は、特にANAマイルが貯まりやすいというカードでもないので、普段はANAカードで、誕生月はライフカードを使用するようにしましょう。

解約方法

ライフカードの解約は、045-914-7003に電話をし、音声ガイダンスに沿って手続きをします。
サービス番号は32#脱会、受付時間は8時から23時までになっています。
しかし、ご利用残高がある場合、暗証番号を忘れてしまった場合、手元にクレジットカードが無い場合、ETCカードの契約がある場合は、音声ガイダンスによる脱会ができません。
このような場合は、オペレータによる受付になります。
サービス番号は7#、受付時間は9時30分から17時30分になります。(日曜・祝日・1/1~1/3休み)
解約の手続き後は、カードにハサミを入れて、破棄することになります。
解約してしまうとポイントは無効になってしまうため、使い切ってしまう必要があるのと、携帯料金や公共料金の支払いに設定していた場合、事前に変更しておく必要があります。