JCBは日本の唯一の国際ブランドのクレジットカード会社です。

世界シェアで第5位であり、使用している方も多いかと思います。

今回はそのJCBクレジットカードの中でナンバー1の人気ともいわれているJCBEITカードについて解説していきます。

【ポイントの貯め方について】

  • 「OkiDokiポイント」が貯まる

JCBのカードを使用するとOkiDokiポイントというポイントが貯まります。

有効期限は2年間です。

  • 他のJCBカードよりもポイントが貯まりやすい

このJCBEITカードは他のJCBカードよりもポイントが貯まりやすく、通常0.5%の還元率なのですが、このカードは還元率1.0%でもともと2倍ポイントがつき高還元です。

さらに年間利用額に応じてポイント還元率も上昇します。

利用額                                                     ポイント還元率

年間50万円未満                                   1%

年間50万円~100万円未満              1.05%

年間100万円以上                                1.1%

メインカードにしてしまえば年間100万円以上簡単に越えますので、還元率1.1%で年会費無料はかなりお得です。

  • OkiDokiランドでポイント倍増

JCBが運営しているWEBサイト「OkiDokiランド」を経由してネットショッピングするとポイントが増え、還元率が1.5%になります。

楽天市場、Amazon、ヤフーショッピングを中心にしてビックカメラ、ヤマダ電気、ZOZOTOWNなど主たるネットショップは加入していますので、ネットショップする際は「OkiDokiランド」を必ず経由して、利用しましょう。

ポイントが最低でも2倍ついており、5倍、10倍つくことも珍しくありません。

OkiDokiポイント以外に楽天市場であれば楽天スーパーポイント、ヤフーショッピングであればヤフーポイントといったその企業独自のポイントも付帯してきます。

これらの企業で利用すれば、実質還元率はOkiDokiポイント1.5%+独自ポイント1.0%=2.5%となります。

【ポイントの使い方について】

  • 商品券やギフトカード、電子マネーと交換

JCBギフトカードやnanacoポイント、各商品券などと交換することができますが、換金率にかなり差がありますので、交換する際は注意が必要です。

また期間限定で特定のポイントや電子マネーなどのポイント付与率があがるキャンペーンもやっておりますので、時期的に見計らって交換するのも良いかと思います。

  • JCBといえばディズニー関連

私が交換先としておすすめするのはこのディズニー関連です。

JCBは東京ディズニーリゾートの公式スポンサーですので、ディズニーカレンダーやディズニーグッズなどの交換先が豊富にあります。

また、ディズニーリゾートのチケットを交換する際もお得になり、1,300ポイント(6,500円分)で7,400円のワンデーパスポートが取得できます。

ただし、交換したものについては大人・中人・小人の区別ができませんので、できれば大人(18歳以上)で行く時のみ利用するのが良いかと思います。

通常付与率でも年間130万円程度(月10万強)の利用で2人分交換できますので、年に1回恋人と行ってみるのも良いでしょう。

また「チケットJCB」でもディズニー関連のイベント及びを先行で発信していますので、興味があるイベントにはチェックしてみましょう。

その他定期的に5万円以上利用すると、1口5万円として抽選し、ディズニーリゾート宿泊券があたるキャンペーンもおこなっており、かなりディズニー関連には力を入れているカードとなります。

【その他のメリット、デメリット】

  • 年会費、ETCカードが無料

年会費が無料ですので、発行して損になることはありません。

またETCカードの年会費も無料です。

  • 充実な保険一覧

保険が充実しているのもこのカードの特徴です。

海外旅行傷害保険が自動付帯されており、利用しなくても保険がついてきます。

保険の種類                               保険金額

傷害死亡・後遺障害                 最高2,000万円

傷害治療費用                           100万円

疾病治療費用                           100万円

賠償責任(免責なし)             2000万円

救援者費用                               100万円

携行品損害(免責3,000円)   20万円

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯されるカードは少ないので、これだけでも持つ価値のあるカードです。

またショッピング保険も無料で付帯しており、90日間以内であれば、事故などによって買い物したものが紛失してまった場合などに年間100万円まで補償してくれます。

国内だけではなく、海外の買い物でも保険の対象になりますので、安心できます。

  • インターネット不正利用対策「JCBでe安心」制度

インターネットで身に覚えのない請求が来た時に60日以内に所定の書類をもってJCBへ請求すれば、請求が取り消されるといった内容になっています。

  • 6種類の豊富なデザイン

カードデザインも豊富な6種類の中から選ぶことができます。

決まったデザインのクレジットカードが多い中、好きなデザインを選ぶことができるのは珍しいので、ぜひお好きなデザインを選んでみてください。

  • JCBプラザ(・ラウンジ)を利用できる。

JCBプラザはJCB加盟店情報、観光情報の案内や予約などを行うことができます。

またJCBプラザラウンジでは世界9箇所(ロサンゼルス、ホノルル、グアム、バンコク、香港、台北、シンガポール、パリ)にてラウンジが利用できます。

ドリンクサービスやマッサージ機の利用、お荷物の当日中一時預かりサービスなどのサービスを提供しており、長旅の大きな手助けになってくれるでしょう。

【デメリット】

  • リボ払い専用カード

このJCBEITカードはリボ払い専用カードとなっており、リボ払いにして分割払いにしてしまうと高額な手数料がかかってきてしまいます。

しかしながらこのデメリットは一括払いにすることでデメリットではなくなります。

初月のリボ払い手数料が無料となっていますので、一括払いであれば手数料が無料となります。

なるべくなら一括払いにしましょう。

他のクレジットカードと同じように使うことができます。

やり方は「毎月のお支払い金額」と「ご利用可能額」をイコールにすることです。

利用金額以上毎月支払うことができませんので、翌月に負債を繰り越すリボ払いにはなりません。

【実際に使ってみた体験談】

実際に使用してみるとやはり年会費無料で還元率1.0~1.1%はかなり大きいと感じます。

一般のクレジットカードでは還元率0.5%でありますので、約2倍ポイントが貯まります。

ネットショッピングや固定費の支払い、食費の支払いなどを一括してこのカードで支払えば、簡単に年間1万5千から2万ポイント程度は貯まります。

さらにもっとポイントを貯めたいという方にはネットショッピングがおすすめです。

ネットショッピングでは還元率実質2.5~2.6%になるので、かなり恩恵は大きいです。

筆者はインターネットオークションをよく利用し、売買していますので、簡単にポイントが貯まります。

ネットオークションを特に利用しており、よく利用しているのが「ヤフオク」です。

ポイントが付くときは落札した時のみですが、売買両方しているので、月々の利用額が大きくなることが多いです。

平均して月10万円程度を買っていますので、大体ヤフオクだけでもポイントが月2,600ポイントつきます。インターネットショッピングだけでも年間約33,000ポイントつきますので、これだけでもかなりお得になります。

またインターネットをよく利用し、買い物する場合はやはりセキュリティといった部分はかなり不安視されるところですが、この不安を解消するのが「MyJチェック」と「JCBでe安心」の2つの柱です。

「MyJチェック」はWEBで見ることができる利用明細です。

かなり使いやすく、見やすい明細になっております。

パソコン、スマートフォンから見ることができ、かんたん手軽にいつ、どのくらい、何に使ったのかを把握できます。

家計簿をつけるのが面倒くさい、知らない間にお金を使ってしまっているなんて方はこの「MyJチェック」を使用してみましょう。

きっと今以上に効率的にお金が使えるはずです。

さらにこの「MyJチェック」でもし身に覚えがないインターネットショッピングの請求があった場合のときのために「JCBでe安心」制度があり、損害をうけた場合はJCBが補償してくれます。

ウイルスなど悪意ある攻撃によってパスワードが盗み取られ、クレジットカードを不正に使われてしまったといった場合でもこの制度があれば安心です。

以上のように「ポイント、管理、保険」といった3つのポイントから安心、便利にインターネットショッピングできます。

欲しいものがあったときはまず実際の店舗に行く前にネットショッピングを利用して、買い物してみましょう。

貯めたポイントはポイントの交換方法ですが、JCBは他のクレジットカード会社よりも電子マネーやポイントの換金率が低いものが多い一方で、豊富でユニークな商品が数多く取り揃えられています。

筆者は交換するときは換金性の高い電子マネーやポイントなどはあまり交換せず、大体親戚の子供にプレゼントするディズニーグッズや旅行するときのためのディズニーリゾートパスポートや期間限定の商品などに交換するときが多いです。

なかなか店で見ることができない商品を選ぶことができ、ネットショッピングしているような感覚で楽しくポイントを消費することができます。

【JCBEITカードを使用するにあたって】

このJCBEITカードは年会費無料、最高1.1%の高還元率、充実した保険があることが特徴であり、非常にバランスのとれたカードです。

社会人の方はもちろん学生の方にもお勧めできるカードです。

学生の方でも非常に使いやすいカードとなっております。

大学生の方であればおそらく長期間の休みがありますので、ディズニーリゾートや海外旅行など行かれることも多いでしょう。

その時にこのカードがあれば、ディズニーリゾートであれば、高い還元率でディズニーリゾートのパスポートを手に入れることができます。

また、海外旅行であればJCBプラザラウンジなども利用できるので、疲れた時に休憩することができますし、海外旅行保険、ショッピング保険が付帯してきますので、いざといったときに心強い味方になるでしょう。

またOkiDokiポイントは「JCBトラベル」の代金に1ポイント=5円の等価で割り当てることもできますので、旅行したいときには「JCBトラベル」を利用するのも良いでしょう。

ポイントが貯めるのが大変といった方は固定費をクレジット決済にしてみたり、サークルや職場の飲み会の幹事をして、現金で集めてクレジット決済にしてポイントを貯めてみましょう。あっという間にポイントが貯まります。

 

また、期間限定で電子マネーやポイントなどの還元率が上がるキャンペーンもやっておりますので、利用してみるとお得になります。

例えばnanacoなどの電子マネーの還元率があがり、nanacoの場合1ポイントで6ポイントついたりし、還元率が上がります。

また対象商品の交換ポイント10%OFFなどのキャンペーンも行っており、実際還元しようと思ったときは事前にしっかりキャンペーン情報を確認してみましょう。

思わぬ拾い物があるかもしれません。

 

以上の特典からこのJCBEITカードは特にネットショッピング及び、ディズニーグッズがお好きな方、ディズニーリゾートによく行くまたは行きたい方はメインカードにお勧めします。

また還元率も最高1.1%と高めで、年会費も無料、審査も甘めで通りやすいので、初めてクレジットカードを持とうかと考えている方にもお勧めできます。

このカードで最初慣れてから他のクレジットカードを持ってみるのでも良いでしょう。

また上記に該当しない方でも、海外旅行によく行かれる方はサブカードとしての利用、あるいは発行するだけでも、海外旅行保険が無料で自動付帯してきますのでおススメです。

メインカードに海外保険がついていないまたはついていても少し心もとない補償であるといった方はいざというときこのカードが役に立ってくれるでしょう。

 

しかしながら、リボ払い専用カードとだけあって、何も知らず普通に使用していると知らぬ間に高い手数料がとられてしまう可能性がありますので、その点は十分ご注意ください。

筆者も最初に使用した時、ついつい知らぬ間にリボ払いにしてしまい、ポイント以上のリボ払いの手数料を払ってしまいました。

この点だけしっかり注意していただければ、かなり使い勝手の良いカードになりと思われます。