マイルがとっても貯まりやすいJALカードはJALをよく利用されている方であれば必携の1枚ともいえるカードです。

しかしながら、JALカードといっても種類がいっぱいあり、どのJALカードがどんな特徴があり、自分はどのカードを持てばいいのかちょっと迷いますよね。

そこで今回はどのJALカードがどのような特徴をもち、どのような方におススメできるか解説していきます。

  1. JALカードはどんな人におすすめのカードなの?

JALカードはもちろんJALマイルがとっても貯まりやすいカードです。

なので、飛行機を利用して旅行することが多い方、出張することが多い方におススメできるカードです。

またマイルはファーストクラスなどのクラスの高い席を選択するとよりお得なので、新婚旅行や卒業旅行などのイベントのときにちょっと豪華にするためにマイルをためておくのも良いでしょう!

では具体的にJALカードはどんなカードなのか解説してきます。

  1. マイルはどんな感じ?

このJALカードは様々な形でマイルを貯めることができます。

JAL普通カードをベースに説明していきます。

まずひとつ目が入会搭乗時のボーナスで1,000マイル貯まり、毎年初回に搭乗した時に1,000マイル貯まり、区間基本マイルの10%もらえるという特典があります。

毎年1,000マイルは定期的に入ってきますので、これだけで一般カードの年会費の元を取れるといっても過言ではないでしょう。

ふたつ目にショッピングによるマイル還元率は200円につき1マイル付与されます。さらにJALカード特約加盟店の利用で、マイルが2倍になり100円につき1マイル貯まります。

このJALカードの特約店はグルメ、家電、ショッピングなど様々なお店が加盟店にあります。

代表的なお店はイオン、エネオス、ファミリーマート、ノジマ、大丸松坂屋などでしょう。きっとあなたが利用するお店がありますよ。

またこのJALカードの特典を最大に引き出すためにはJALカードショッピングマイルプレミアムに登録する必要があります。

年間登録料3,240円(税込)で登録することができ、貯めることができるマイルが2倍になります。

つまりショッピングでの利用で100円につき1マイル、JAL特約店での利用で100円につき2マイル貯まります。

これに登録しなければ他のクレジットカードに還元率が負けてしまいますので、ぜひ登録しましょう。

  1. JALカードのポイントはどんな感じ?

実はこのJALカードマイルコースの他にポイントコースを選択することができます。

最初は自動的にマイルコースが選択されますので、会員専用WEBサイト「MyJALCARD」からポイントコースに変更する必要があります。

カードブランドがJCB「Oki Dokiポイントプログラム」に変更でき、MasterCardやVISAカードの場合は「DCハッピープレゼント」に変更することができます。

ですが、JALカードはあくまでマイルを貯めるためのカードです。

ポイントを貯めるために利用したいのであれば、JALカードではなく、他のクレジットカードを利用したほうが得策でしょう。

  1. 保険はどんな感じ?

このJALカードは保険もしっかりしているのが特徴です。

もちろんカードの種類によって保険の金額や種類は変わってきますが、どのカードもしっかりした保険が付帯してきます。

  • 海外旅行保険について

普通カードでも死亡傷害保険及び傷害後遺障害保険で最高1,000万円もの保険が付帯しており、さらにブランドをアメリカンエキスプレスブランドにすると最高3,000万円もの保険が付帯してきます。

さらにアメリカンエキスプレスの場合は内容が利用付帯2,000万円と自動付帯1,000万円の合計3,000万円になっておりますので、利用しなくても持っているだけで1,000万円もの保険が付帯してきます。

万一旅行中や旅行前にカードを利用し忘れても安心ですね!

さらに普通カードの場合はアメリカンエキスプレスブランドに限り傷害治療保険、疾病治療保険で最高100万円、賠償責任で2,000万円、携行品損害100万円(1旅行につき50万円限度)も付帯してきます。

携行品損害や傷害・疾病治療保険は海外旅行保険の中では利用頻度が高い保険となっていますので、かなりあると心強いです。

海外旅行や出張によく行かれる場合はもっと保険が充実しているCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードをおすすめします。

CLUB-Aカードは傷害死亡保険及び傷害後遺障害保険として最高5,000万円もの保険が付帯され、傷害治療保険、疾病治療保険で最高150万円、賠償責任で2,000万円、携行品損害100万円(1旅行につき50万円限度)も付帯してきます。

CLUB-Aゴールドカードはカード保有者の保険のみならず、家族の方も対象になる家族特約が付帯してきます。

自分だけではなく、家族もよく海外旅行に行く方または一緒に家族旅行に行く方におススメです。

本会員の補償内容はほとんどCLUB-Aカードと変わりありませんが家族特約が付帯します。

家族特約は傷害死亡保険及び傷害後遺障害保険として最高1,000万円が付帯され、傷害治療保険、疾病治療保険で最高150万円、賠償責任で2,000万円、携行品損害100万円(1旅行につき50万円限度)も付帯してきます。

補償額をより大きくしたい方は国際ブランドをJCBまたはOPクレジット、アメリカンエキスプレスにすると補償額がパワーアップします。

  • 国内旅行保険について

このJALカードは海外旅行保険だけではなく、国内旅行保険も付帯してきます。

JAL普通カードの場合は死亡傷害・後遺障害保険として最高1,000万円のみが付帯してきます。

しかしブランドがアメリカンエキスプレスの場合は死亡傷害・後遺障害保険として最高3,000万円うち自動付帯が1,000万円となり、他にも傷害入院保障として1日5,000円、傷害通院日額として1日2,000円、手術費用として最高20万円が補償されています。

CLUB-Aカードの場合は死亡傷害・後遺障害保険として最高5,000万円が補償され、他にも傷害入院保障として1日10,000円(最高180日)、傷害通院日額として1日2,000円(最高90日)、手術費用として最高40万円が補償されています。

CLUB-Aゴールドカードもほぼ同じ内容になっています。

国内旅行保険は付帯されていないクレジットカードも多いのですが、このJALカードは国内、海外両方しっかり補償してくれます。

ただしいずれの保険についても事故の日から原則30日以内に報告する必要がありますので、忘れないようにしましょう。

  1. JALカードゴールドはどんな仕様?

上記にでてきたJALCLUB-Aゴールドカードはもちろん保険が充実しており、家族特約が付帯しているのも大きなメリットの一つですが、もちろんそれだけではなく、他にも多くのメリットがあります。

では、JALCLUB-Aゴールドカードとはどんなカードなのか説明していきます。

  • 年会費は?

JALCLUB-Aゴールドカードは国際ブランドによって年会費が変わります。

通常の場合は17,280円(税込)、アメリカンエキスプレスの場合は20,520円(税込)、JALダイナースカードの場合は30,240円となっており、もちろん年会費が高ければ高いほど、それだけ多くの特典が付帯してきます。

  • ショッピング・マイル・プレミアム年会費が無料

なんといってもJALCLUB-Aゴールドカードの一番のメリットといっても過言ではないかもしれません。

通常3,240円(税込)の費用が発生するショッピング・マイル・プレミアム年会費が無料で自動加入されます。

これにより通常のJALカードの場合はショッピングでの利用で200円につき1マイル付与されるところを100円につき1マイル付与とマイル付与率が2倍にパワーアップします。

もちろんJALカード特約店での2倍ポイントという特典も付帯してきますので、特約店での利用での場合は100円につき2マイルとさらにお得になります。

  • ボーナスマイルが盛りだくさん!

JALCLUB-AゴールドカードはJAL一般カードよりも多くのボーナスマイルが付帯してきます。

まず入会搭乗ボーナス(入会後の初めての搭乗でのボーナス)として5,000マイル。

毎年初回搭乗ボーナスマイル(毎年の初回の搭乗でのボーナス)として2,000マイル。

搭乗ごとのボーナスとしてフライトマイルの25%が付帯してきます。

  • 飛行機だけではない!空港内でお得にお買い物

このJALCLUB-Aゴールドカードのメリットはフライトだけではありません。

成田空港・羽田空港での免税店利用で10%OFFになるという特典もあります。

大事な人や家族にこのカードを利用してお土産をプレゼントするのも良いですね!

  • もちろんラウンジもご利用可能!ゆっくりとしたひとときを

もちろんゴールドカードというだけあって当然国内の主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスも付帯しています。

さらにハワイホノルル空港のラウンジも無料で利用することができます!

海外に行かれることが多く、海外の空港をよく利用する方はJALダイナースカードを利用して見るのも良いでしょう!

国内の主要空港はもちろんのことなんと海外の約550か所の空港でラウンジを無料で利用できます。

雑誌やTVを見ることができ、フリードリンクもありくつろげる環境ですので、フライトで疲れた時にはこのラウンジで一休みしましょう!

  1. JALSuicaカードはとっても便利

JALカードという名前だけあってJALでの利用でしか活躍しないんでしょ?と思われる方も多いでしょう。

実はこのJALカードを空の旅だけではなく、陸でも活用させる方法があります。

それはJALSuicaカードを利用することです。

文字通りJR東日本のサービスで大活躍する電子マネー「Suica」が付帯しているJALカードです。

このカードは他のJALカードとは違いSuicaへのチャージなどでマイルを貯めることができる優れたカードです。

年会費は2,160円(税込)とJAL普通カードと同じ水準です。

JR東日本系でこのJALSuicaカードを利用するとビューサンクスポイントが付与され、1,000円につき6ポイント付与されます。

ビューサンクスポイントは1ポイントにつき約2.5円の価値がありますので、還元率は約1.5%となり高還元率です。また貯めたビューサンクスポイントをマイルに交換することができます。

ビューサンクスポイント600ポイントにつき500マイル(ショッピング・マイル・プレミアムの場合は1,000マイル)に交換することができ、交換手数料も無料です。

もちろんビューサンクスポイント自体も利用しやすいポイントなので、そのまま交換せずに利用して見ても良いでしょう。

他にもSuicaは利用できるけれども、クレジットカードは利用できないお店でも、間接的にマイルを貯めることができ、非常にマイルが貯まりやすいカードです。

陸での通勤、旅行や出張、空での出張、旅行にもザクザクマイルを貯めることができるおススメできる1枚です。

  1. 家族カードは?

このJALカードは家族カードを発行することができます。

本会員と生計を同一にする配偶者や親と18歳以上(高校生を除く)に対して発行することができ、本会員の与信情報で審査しますので、ほとんど無審査に近い状態で発行することができます。

年会費は普通カードで1,080円(アメリカンエキスプレスブランドの場合は2,700円)、CLUB-Aカードで3,780円、CLUB-Aゴールドカードで8,640円、JALダイナースカードで9,720円、JALプラチナカードで16,740円(JALグローバルクラブ家族会員の場合は27,000円)となっております。(いずれも税込)

ただしJALSuicaカードは家族カードを発行することができませんので、ご注意ください。

普通カードの場合は初年度無料となっています。

本会員とほぼ同様のサービスを受けることができますので、もちろん家族会員の方も海外、国内旅行保険の対象になり、その他ゴールドカードであれば空港ラウンジ無料サービスなどももちろん利用できます。

割安の年会費で発行することができますので、家族でJALを利用される方は検討してみても良いですよ!

  1. 海外旅行や国内旅行で便利なJALカードをぜひ利用し、快適な空の旅へ

以上のようにこのJALカードは非常にマイルが貯まりやすく、国内、海外ともに保険が充実しており、海外旅行や国内旅行で非常に便利な1枚となっております。

しかしJALカードといっても色々種類があってどのカードを発行すれば良いか迷うことも多々あるかと思います。

目安として年間1~3回程度の国内のフライトであれば、JAL普通カード。

ちょっと心配症の方は保険が充実したJAL普通カードのアメリカンエキスプレスブランド。

JR東日本やSuicaを利用する方であれば、JALSuicaカード。

年間4回以上フライトする方で家族カードを発行しない方または発行しても1枚程度の方はCLUB-Aゴールド。

年間4回以上フライトする方で家族カードも複数枚発行したいという方はCLUB-Aカード。

海外旅行や出張をする方はJALダイナースカード。

ステータス性が欲しく、国内、海外ともによく飛行機を利用する方であれば、プラチナカードを発行して見るのも良いでしょう。

もちろん上記はあくまで目安なので、ご自身に合ったJALカードを発行し、お得に快適な空の旅を楽しみましょう。