スポンサーリンク

今回はファミリーマート等で利用できる「ファミマTカード」をお得に利用する方法について解説していきたいと思います。

皆さんは上手にポイントサービスをご利用されていますでしょうか。

意識してもなかなか上手にポイントが貯まらないという方も多いのではないでしょうか。今回はそのようなポイント初心者の方にオススメのポイントサービスをご紹介したいと思います。

それは「ファミマTカード」です。大手コンビニチェーンのファミリーマートが発行しているポイントカードであり、多くの提携先を抱える「ポイントサービス界の雄」とも言われております。

提携先が多いのでポイントが貯めやすいことはもちろんですが、ファミマで利用することで通常よりも多くポイント獲得も難しくありません。

今回は「ファミマTカード」のお得な利用方法を検証していきたいと思います。

ファミマTカードってどんなカード?

それでは簡単に「ファミマTカード」について紹介しましょう。

大手コンビニチェーンのファミリーマートが発行しており、大きく分けて3種類のカードを発行しております。

1つ目は「ポイントカード型」、2つ目は「クレジットカード型」、3つ目は「Visaデビット付きキャッシュカード型」です。各々の使い方にあったファミマTカードを選ぶことができます。

1つ目の「ポイントカード型」は、誰でもすぐに作ることができる「Tカード」であり、ファミマに行くと店頭にカードが置いてあります。即日でポイントを貯めることができ、Tポイントが貯まる提携店でも同様にポイントを貯めることができます。手っ取り早くTカードが欲しい方にはピッタリでしょう。

2つ目の「クレジットカード型」は、提携先であるポケットカードが発行するクレジットカード型のTカードです。

通常クレジットカードを申し込む際には銀行口座を設定し、決められた期日に引き落としされるものですが、ファミマTクレジットカードは「店頭支払いコース」を選ぶことができ、毎月1日までに店頭でカード代金の支払いを行うことができます。

支払い方法も「ミニマム・ペイメント」という独自の方法をとっており、利用残高に応じて支払う金額が決まっているというものとなっております。

もちろん利用にTポイントを貯めることができますので、ファミマTカードの中でも一番ポイントが貯まるカードであると言えましょう。

3つ目の「Visaデビット付きキャッシュカード型」は、ネット専用銀行である「ジャパンネット銀行」のキャッシュカードを兼ねることができるTカードです。こちらは通常のキャッシュカードとして利用もできますし、ジャパンネット銀行に現金残高がある分に限って「デビットカード」としても利用できるという、1枚3役のカードです。

近年デビットカードが浸透しつつあるため、人気が出てきているカードでもあります。

非常に利便性の高いカードとも言われておりますので、是非とも1枚は持って置きたいポイントカードであると言えましょう。

ポイントが貯まりやすいってほんと?

たくさんのポイントサービスが入り乱れているわけですが。その中でもTポイントは多くの利用者を抱えております。

Tポイントはファミマ以外にも、TSUTAYAやENEOS、牛角、キタムラと言った大手チェーン店舗から、Yahoo! Japanなどのネットショッピングなども採用しております。

従って、貯まったポイントはそれぞれのお店で「現金」のように利用することができるのです。これは非常に便利ですよね。

ちなみに「ファミマTカード」はTポイントが非常に貯まりやすいと言われております。

特に貯まりやすい「クレジットカード型」にフォーカスを当ててみますと、通常のクレジット利用については、200円につき1ポイントの還元となっておりますが、ファミマでの利用ではショッピングポイントも付くため200円につき2ポイントの還元となっております。

また毎週火曜日と土曜日の利用であればポイントが5倍還元となるため、2.5%ものポイント還元が受けることができます。

その他、公共料金やチケット購入における店頭支払いを「ファミマTクレジットカード」で行うことが可能ですので、現金で支払うのではなく「ワンクッション」Tカードを通すだけでよりTポイントを貯めることができるのです。

近所にファミマが多い方や職場の近くにファミマがある方であれば間違いなく持っておいて損しないカードであると言えるでしょう。

ふとコンビニで細かい小銭がなかった時にTポイントを利用できる状況であれば、非常に助かることでしょう。

etcはどんな感じ?

ファミマTクレジットであれば、入会金や年会費を無料でETCカードを作ることができます。

車を所有する方が減ってきてはいるものの、カーシェアリングが一般的になってきた現代では、1人1枚は念のためにETCカードを保有しておくべきでしょう。

その意味では利用しなくてもペナルティーがあるわけではないので、ファミマTクレジットの申し込みの際にETCカードを申し込んでおいてもいいでしょう。

登録方法は?

ファミマTカードの申し込みは至って簡単です。ポイントカード型であれば特別手続きが必要なく、即座に利用できます。ただし他のお店でも利用するためにもネットもしくはファミマの店頭にある端末「ファミマポート」で情報登録をしておいた方がいいでしょう。

クレジットカード型やキャッシュカード型の場合はネットでの申し込みが簡単です。

ネット上に入力フォームがあるため、必要事項を入力してください。その際に「運転免許証の番号」を入力する欄がありますので、ご用意してください。

そしてカードの審査終了後にご自宅へカードが発送されます。

すでにファミマTカードの「ポイントカード型」をお持ちの方は、ネット上で引き継ぎ作業を行うことで、貯まったポイントを引き継ぐことができます。

また入会に当たっては、ポイント最大5000ポイントプレゼントといったキャンペーンを行なっているケースもありますので、確認の上申し込んでみましょう。

クレジットなしのタイプある?

お伝えしてきましたが、クレジット型ではないファミマTカードもあります。「ポイントカード型」であれば年齢を問わずすぐにTカードを利用することができます。

また「Visaデビット付きキャッシュカード型」であれば、ネット銀行口座開設は必要であるものの、特別な審査が必要な訳ではないため、誰でも作成ができます。

特に「Visaデビット付きキャッシュカード型」であれば、海外での利用も可能であり、口座残高があればクレジットカードのような感覚で利用することができます。

日本人が行く人が多い観光地であれば、日本以上にクレジットカードが利用できる場所が多く、クレジットカードが海外旅行の際に欠かせなくなってきております。

スポンサーリンク

しかしながら普段から現金主義の方や学生さんなどは何かと利用に当たって盗難や不正利用を気にすることも想定されます。

そこで「Visaデビット付きキャッシュカード型」を利用することで、残高にある分だけのカード利用ができるため、計画的に海外で利用することができます。また、予め登録をしておけばネット環境に身を置くことで「利用明細がメールで配信」されるため、身に覚えのないカード利用を即座にチェックすることができるのです。

利用に当たってはもちろんTポイントが貯まるので、お得に利用されたい方にはぴったりであると言えましょう。

審査の流れはどんな感じ?

それでは「ファミマクレジット」における「審査」についても見ていきたいと思います。

カードの審査に当たっては「ポケットカード社」が審査を行なっております。ポケットカード社は日本でも歴史のあるカード会社であり、リボ専用クレジットを中心にカード運営を行なっております。

その中でもファミマクレジットは一番の主要サービスであると言えるため、審査については比較的易しめであると思います。

しかしながら他のカード会社同様に審査はきっちりと行うため、過去に金融事故があった方や破産された方はカードの申し込みを断られるケースがあります。

ただし、18歳からカードが申し込めるようになっているため比較的カード取得は容易であることが想定されます。

とはいっても年収状況や過去の利用実績に基づいてカードの限度額を決めるため、実績を積み上げることでカードの利用枠が増加していきます。

一般的にはメインカードにされる方が少ないとも言われておりますので、セカンドカードとして持っておくには申し分のないカードであると言えましょう。

年会費は?

ファミマTカードは非常に便利なポイントカードであることはお分かりいただけたでしょう。

便利であればあるほどコストも掛かってしまうかと思ってしまいがちですが、ファミマTカードは一切年会費がかかりません。

ポイントカードはもちろんですが、クレジットカードであっても無論無料で利用することができます。

普段のコンビニ利用から使用してほしいという気持ちから、掛かるであろう無駄なコストを利用者に転化しておりません。

これは利用者にとって非常にありがたいことですよね。お得かつ無料とくれば、コストにうるさい方でも納得いただけることでしょう。

キャッシングも出来る?

クレジットカード保有者にとって、「一時的な資金枠」を確保するためにもキャッシング枠を作っておきたい方も多いと思います。

ファミマTクレジットにおいてもキャッシングが利用できます。

あくまでも審査が必要となりますが、「最大150万円まで」の枠であればキャッシングが利用することができます。

利用しなければ一切金利は発生しませんし、仮に一時的な資金が必要な時には即時にお金を借りることができますので、カード保有者にとっては非常にありがたいですよね。

ただし、利用においては計画的な利用をしなければ自分の首を絞めてしまうことにもなり得ないですので、気を付けましょう。

iphone7がファミマTカードに?スマホやアップルペイでも使用出来る

日本人のスマホ普及率が上昇する中で、2016年10月に日本で開始された電子マネーサービス「Apple Pay」。iPhone7に内蔵された電子マネーシステムを利用することで、お持ちのクレジットカードを店頭で「電子マネー感覚」で利用することができるというものです。

全国のコンビニやガソリンスタンド、全国チェーンの飲食店や小売店を中心に急速に利用箇所が増えているわけですが、ファミマTカードについても「Apple Pay」で登録することができるようになりました。

登録方法は簡単で、iPhone7上でカードをカメラで読み取るか、カード番号を入力することで携帯上にカード情報を登録することができます。

登録完了後は電子マネー「iD」として利用でき、設置箇所で「iD利用です」と伝えた上で携帯をかざせば取引完了です。利用代金は月々のカード請求と同じく出てきますので、いちいちカードをお財布から出す必要もありません。

仮に携帯を紛失してしまったとしても、非常に複雑な暗号化の上でカード情報を登録しておりますので、簡単にカード情報流出することがないという点も安心材料でしょう。

またファミマにて「ファミマTクレジット」を「Apple Pay」で利用することで、ポイントが10倍になるキャンペーンを行なっているなど、大変お得になっておりますので、Tポイントをより効率的に貯められたい方は是非とも申し込みを検討してみても良いでしょう。

紛失したらどうする?

せっかく貯めたポイントでも、カードを紛失してしまったら困りますよね。そこは安心してください。

予めポイントカード型も含めて「情報登録」をしておけば、紛失の連絡をした上で新しいカードと情報を紐付けすることでポイントを元どおりにすることができます。

情報登録はネットもしくはファミマの店頭端末で簡単に登録できますので、是非登録しておくことをお勧めします。

解約方法

近年「断捨離」をしたいという人が増えたこともあり、無駄なポイントカードをなくしたいという方も多くなってきております。

ファミマTカードを解約した場合は「ファミマTカードデスク」にお電話をしていただき、解約の旨をお伝えいただければ手続きが完了します。

ただし、それまでに貯まったポイントは「電話終了後」に即廃止になってしまいますので、予め解約を検討されている場合は店舗等で利用し、「残高0を確認」の上解約してください。

ファミマTクレジットについては、クレジット専用デスクにお電話の上解約の手続きをとってください。

決済日はいつ?

ファミマTカードの決済日ですが、「毎月1日」になります。残高に応じて支払い金額が変わる「ミニマム・ペイメント」を採用しておりますので、毎月の金額に大きなばらつきが出ないことが特徴です。

支払い方法は2つあり、通常通りの「口座引き落とし」とファミマの店頭でお支払いする「店頭支払い」がございます。

店頭支払いにすれば、1日までであれば「24時間いつでもお支払いすることが可能」となっております。

また、多く使った付きで多めに返済したい方は、店頭の端末で「増額返済」を設定することで多めに返済することができます。

ご自身のお財布状況とご相談しながら利用できるものがファミマTクレジットですので、是非とも保有のご検討を頂ければと思います。

いかがだったでしょうか。1枚何役ものこなしてしまうファミマTカードを今一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク