皆様はイオンによく行かれるでしょうか?

行かれる方は金色に輝くイオンカードで決済している人を見たことはありませんか?

あのカードは実は申込では取得することができず、限られたイオンカードをいっぱい利用した人しか取得することができません。

今回はそのイオンゴールドカードとはどのようなカードなのか説明していきます。

すぐにでもイオンカードを発行したい方は下記からどうぞ

イオンカードの公式サイトはこちら

イオンゴールドカードの発行基準と条件

このイオンゴールドカードはインビテーションという招待状が届かないと発行することができません。

例え年収が1億あろうが、都内に豪邸を持っていようがイオンカードをよく利用しない方は門前払いされます。

発行基準や条件がなんとも曖昧ですが、おそらく下記が条件ではないかと言われています。

  • 直近1年間のイオンカード利用累計額が100万円以上になったとき
  • 直近1年間のイオンカード利用件数が120件以上&利用累計額が80万円以上になったとき
  • カード作成からのイオンカード利用累計が500万円以上になったとき
  • イオングループでのイオンカード利用累計が60万以上になったとき

イオンカードセレクトを選択している方の場合のみ下記の通りでも招待されたという評判です。

  • イオン銀行の住宅ローンを利用
  • 定期預金残高が500万円以上
  • 投資信託残高がある
  • 個人年金保険を契約

一回招待が届き発行してしまえば、あとは条件を満たさなくてもずっと利用できます。

色々条件がありますが、手っ取り早く、確実に発行できるのが①でしょう。この条件のみHPに記載されており、あとは推測です。

イオンカードは公共料金なども支払うことができますので、とにかく1年間だけイオンカードに支払いを集中させて、年間100万円以上達成させましょう。

また年間100万円以上いかなくても、とにかくイオンカードを利用していれば、インビテーションが届く可能性は十分あります。

イオンカードを発行したい方はこちらから

イオンゴールドカードは年会費無料!

無事インビテーションが届いたら説明書も何も読まなくて良いです。

とにかく速攻で申込しましょう!

なぜならこのイオンゴールドカードは年会費無料です!発行することのデメリットが全くないです。

イオンゴールドカードの招待が届いてるのに申込しないのは百害あって一利なしなので、とにかく招待が届いたら申込!これが基本です。

さらに家族カードも発行できる!しかも3枚も!

もし事前にイオンカードの家族カードを保有していれば、本人のイオンカードがゴールドになったときに自動的に家族カードもゴールドになります。

もちろん新規の家族カードの申込もすることができ、生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の家族であれば3人まで発行することができます。

イオンゴールドカードを発行するためにはイオンカードのときに家族カードを発行しているとぐんと楽になります。

夫婦間での支払いを共有させると年間100万円は割と簡単に達成することができるはずです。

後に説明するイオンゴールドカードのメリットも家族の方は無料で存分に堪能することができます。

イオンカードの家族カードの発行はこちら

イオンゴールドカードのポイント制度とは

イオンゴールドカードは基本的にイオンカードとポイント制度は変わりません。

ゴールドカードになったからといって特段ポイントが2倍になるなどの優遇制度はありませんので、ご注意ください。

さて、この記事を見ている方はイオンカードをすでに利用している方も多いと思いますが、もう一度イオンカードのポイント制度についておさらいしましょう。

基本還元率は0.5%で一般的なクレジットカードと同等程度の水準ですが、以下のとおりにイオンカードを利用するとポイント優遇制度がとられます。

イオングループでときめきポイント2倍

イオングループ(全国のイオン、イオンスタイル、イオンモール、ダイエー、グルメシティー、マックスバリュ、イオンスーパーセンター等)で買い物すると還元率が1.0%となります。

  • 毎月10のつく日は「ときめきWポイントデー」でときめきポイントが2倍
  • 毎月5のつく日は「お客様わくわくデー」でWAONポイントが2倍

これはWAONを利用した時のみです。

イオンカードセレクトの場合はオートチャージでもポイントが付与されますので、オートチャージしてからWAONを利用するとさらにお得になります。

  • ときめきポイントTOWNを経由して、ネットショップにて買い物するとときめきポイント最大21倍

約500店舗のネットショップにて利用でき、Amazonや楽天市場など有名どころも多く最低2倍、最大21倍ものポイントが付与されます。

ときめきポイントクラブ加盟店でポイント2~5倍

コスモ石油やワタミグループなどのときめきポイントクラブ加盟店で利用するとポイント2~5倍になります。

以上がポイントの取得方法です。利用方法は金券、マイル、商品などに交換することができますが、イオンカードをもっており、ましてイオンゴールドカードを取得しようという方はWAONに交換してしまうのが一番おススメです。

等価で交換することができ、利用できる店舗も多く、WAONを利用することでもポイントが付与されお得になります。

上記がイオンカードのポイント制度であり、またイオンゴールドカードのポイント制度でもあります。

イオンカードと同じ特典なので、イオンゴールドカードのメリットはポイント制度ではないということがわかりますね。

じゃあイオンゴールドカードって何のためにあるんだよ!という方、実はイオンゴールドカードは下記のように年会費無料でありながら、他の年会費無料のカードと比較して突出した特典やメリットがあります。

イオンゴールドカードの特典、メリットについて

上記のポイント制度と同じように毎月20日,30日は5%offなどのイオンカードの割引などの特典はそのままこのイオンゴールドカードでも利用することができます。

さらにこのイオンゴールドカードはイオンラウンジを利用することができます。

全てのイオンにあるわけではありませんが、約160店舗に設置されています。

快適な空間とお菓子やドリンクのサービスなどの提供を行っており、この充実したサービスからか休日は結構混んでいることも多いです。

買い物を長時間していると結構疲れてしまいますよね。

他の総合スーパーなどの違い、イオンではそんなときに心強い味方になるイオンラウンジをイオンゴールドカードをお持ちの方なら利用できます。

イオンゴールドカード1枚につき最大4名まで利用が可能となっていますが、5名以上の大所帯の人は家族カードを発行すると、家族みんなで利用することができますよ!

さらにそれだけではなくイオンゴールドカードにはショッピング保険も付帯してきます。

イオンカードにも付帯してきますが、年間補償額が50万円まででしたが、イオンゴールドカードの場合はパワーアップします。

イオンゴールドカードで買い物したものは1品5千円~300万円まで偶然の事故により損害を被った場合は購入日から180日間年間なんと300万円まで補償してくれます。

一般的にクレジットカードのショッピング保険の補償期間は90日また補償額については50万円程度のものが多い中とっても太っ腹です。

せっかく購入したものを水没させたり、落として壊してしまって使えなくなったら嫌な思いをしますよね。

ましてや盗まれたなんていったら怒り心頭ですよね!

そんな時はこのイオンゴールドカードのショッピング保険を利用してみましょう。

しっかり買ったものに対して補償されますよ。

このショッピング保険はクレジットカードの控えがないと利用することができないので、イオンゴールドカードで購入した商品については必ず保管しておきましょう!

後で痛い目に合うかもしれません。

さらにイオンゴールドカードのメリットはこれだけではありません。

旅行や出張でも大活躍するとっても優れたカードなのです。

充実した海外旅行保険、国内旅行保険の内容とは

このイオンゴールドカードでは充実した旅行保険が付帯されます。

海外旅行保険が最高3,000万円しかもなんと自動付帯!!

利用しなくても持っているだけで保険の対象となるという優れものです。

詳しくは下記のとおりです。

傷害による死亡・後遺障害:3,000万円

傷害による治療費用:200万円

疾病による治療費用:100万円

賠償責任:3,000万円

携行品損害:30万円※

救援者費用:100万円

※ 携行品損害は、1事故につき免責金額3,000円

このイオンゴールドカードの海外旅行保険はついつい最高補償額3,000万円というところに目が行きがちですが、実は傷害による治療疾病200万円、疾病による治療疾病100万円、携行品損害30万円もの保険がついてくるというのもかなりお得なのです。

海外旅行に行って病気になる可能性や携行品を落として壊す確率と死亡、高度障害になる可能性を比較したら当然前者の方がはるかに高いですよね。

さらに海外旅行にいったら高額な手術、治療金額がかかってしまったというケースも珍しくなく、中には200万を超えるケースもあります。

そんな時にこのイオンゴールドカードがあるとかなりの金額まで補償してくれます。

携行品損害は時計、衣類、バックなど普段身につけるものが盗難、破損したときなどに補償してくれる保険で、年会費無料のカードでは付帯していない場合も多いです。

海外では治安が悪いところも少なくないので、この保険があると、万一の時も安心することができます。

これだけお得で充実した海外旅行保険が付帯してきますが、イオンゴールドカードはさらに国内旅行保険も最高3,000万円付帯してきます。

こちらの場合は利用付帯なので、イオンゴールドカードで旅行代金を決済する必要がありますが、充実した内容になっています。

傷害による死亡・後遺障害:3,000万円

傷害による入院(最高180日分):日額5,000円

傷害による通院(最高90日分):日額3,000円

旅行の時に万一のことがあって、入院をしてしまい、仕事ができなくなってしまい、収入が途絶えたなんてことになってしまったら、目も当てられませんよね・・

せっかくの楽しい旅行も台無しです。

そんなときも安心の入院・通院補償もついてきます。

国内旅行保険についても年会費無料のカードでは付帯してこない場合も多々ありますが、このイオンゴールドカードでは安心の通院・入院補償まで付帯してきます。

羽田の空港ラウンジも無料で利用できる。

日本の玄関ともいえる羽田空港の国内線の空港ラウンジも無料で利用できます。

年会費無料で羽田空港のラウンジを無料で利用できるカードはほとんどなく、これだけでも羽田空港をよく利用する方ならとってもお得です。

特に飛行機などは早めに空港についたりすると休憩場所が欲しかったりしますよね!

レストランやカフェに入るまででもないし、かといって立っているのは疲れるし・・

そんな時はこのイオンゴールドカードで羽田空港のラウンジを利用しましょう!

ゆったりくつろげる空間があり、ジュースも無料です。TVや雑誌、新聞もありますので、出発までリラックスでき、有意義な時間を過ごすことができます。

もちろん到着した時にちょっと一休みといったときに利用してもOKですよ!

イオンゴールドカードを利用して見て

このイオンゴールドカードを利用して見て思ったのが・・・

イオンは関係ないけど、これはかなりお得かも

ということでした。

特段イオンゴールドカードになったからといってイオンで買い物してお得になるわけでも、イオンの商品券がもらえるわけでもなく、せいぜいイオンラウンジが利用できるようになったことだけでした。

もっともこのイオンラウンジはすごい心地よく、ドリンクやお菓子などがおいており、雑誌や新聞も見ることができます。

ですが発行した当時は、ゴールドにもなるんだから、イオンで利用するとポイントいっぱいたまるのかなぁと期待に胸を膨らませていたのですが、特にイオンゴールドカードだからといってイオンで利用することによるメリットはなく、一般のイオンカードとそんなに変わらないということでした。

だからといってイオンゴールドカードは特段悪いわけではなく、むしろ大変素晴らしいお得なカードです。

なぜなら年会費無料!!これに尽きますね。

それでいて羽田の空港ラウンジも無料!イオンラウンジも無料!保険も充実!

空港やイオンでゆっくり休めて、旅行も充実した保険で安心できます!

こんなお得なカードは珍しいです。

中には他のゴールドカードと比較する人がいますが、正直間違っています。

なぜなら他のゴールドカードはそれなりの年会費がかかってくるからです。

ゴールドカードというよりは一般のカードの延長戦と考えるのがこのイオンゴールドカードの正しい考え方です。

一回発行してしまえばずっと使うことができるので、イオンカードを利用する方は1年間イオンカードで支払いをまとめて、是非このイオンゴールドカードの取得を目指しましょう!

イオンカードの上手なポイント活用方法とお得な情報まとめ