「クレジットカードを盗まれた」とか、「いつの間にか財布ごとなくなっている」など、そのような経験はないでしょうか。

無くても、そのような状況になってしまった場合、あなたは対処する方法をご存知でしょうか。

「今この時点で、誰かに高額な商品を購入されたらどうしよう」と、カードの限度額いっぱいのお金を使われるかもしれないと考えると、現金以上に焦りますよね。その気持ちは理解できます。

しかし実は、現金以上に紛失・盗難にあった場合でも、クレジットカードの方がしっかりしています。

「クレジットカードがない」と気付いた時にこそ冷静に、きちんと対応すれば、どのクレジットカードにも「紛失・盗難保険」は付いているので所有者には何も請求がくることがないので大丈夫です。万一の「紛失・盗難」のことを頭に入れて、いつでも対処できるように、方法を知っておいて頂けたらと思います。その方法を簡単にまとめましたので、覚えておくようにしておいてくださいね。

なくしものをした時に困ってる人

再発行にかかる手続き

「クレジットカードがない」と気付いた時に、すぐにクレジットカード会社に電話をしましょう。

「もしかしたら、私がどこかにやってしまっただけで、探せばすぐに見つかるかも」と思ってもです。

電話を掛けることが遅くなってしまうと、後々の対処も遅れてしまいます。

もし、紛失では無く、盗難だった場合は大変なことになってしまいますよ。

その際に掛ける電話番号は、クレジットカードの裏面に記載があるのですが、このような時には何の役にも立ちませんね。

なぜなら、そのクレジットカードが今、手元にないのです。

このような状況になるかもしれないと想定して、電話番号を他のところに残しておくようにしておきましょう。

普段から使っているクレジットカード会社の電話番号は、携帯やスマホで撮影しておくか、手帳に控えておくと良いかもしれません。

また、特別な時にしか使わないクレジットカード(セールがある時しか使わない、誕生日月だけに使うと決めているなど)であれば、普段は財布に入れて持ち歩かず、自宅に保管しておく方が良いかもしれません。

たくさん持ち歩くと、普段からクレジットカードが何枚財布に入っているのか把握しておかないといけなくなりますし、またそれだけ控えておく電話番号の数も多くなります。

それだけでカード管理も大変になりますからね。

まずは、クレジットカード会社に電話を掛け、紛失したことを伝えます。クレジットカード会社が、今電話を掛けている人物が、そのカードの所有者本人であることを証明するため、いくつかのことを聞いてきます。

名前や生年月日、勤務先などですね。

その後、本人確認で証明ができれば、利用停止がおこなわれます。

続いて、電話が終わったと同時に、最寄りの警察署に行きます。

そしてそのまま盗難係にて事情聴取を受けてください。

もし、先ほどのクレジットカード会社への電話で、この間にクレジットカードが使われているとわかったのであれば、盗難届を出した警察署で盗難届番号をもらうことになります。

その後、再度クレジットカード会社に電話をし、書類を送ってもらうことになります。

後日クレジットカード会社から送られてきた書類に盗難届番号を記載し、送り返します。

この手続きを行う事でクレジットカードが不正に使われる事はなくなります。

クレジットカードの不正使用に対する保険は「届け日より60日以内に利用された代金」になっています。

また保険を適用させるには、

1.警察署に届け出をおこなわないといけない。

2.クレジットカード会社に必要書類を提出しなければならない。

が必要になります。

また、紛失の届け出から61日以前の被害は適用されなくなるので、「クレジットカードが無くなったと気付いた日」に、クレジットカード会社と警察署へ一緒に連絡するようにしてくださいね。

まずは届け出を行い、紛失した場所に心あたりがあれば心当たりのある場所を探して行きます。

クレジットカードの再発行にかかる時間

クレジットカードの再発行にかかる時間はおおよそ7日~14日ほどになります。遅くとも手元には3週間ほどあれば届く状況になりますね。

クレジットカードを作成した時とだいたい同じくらいの日数がかかります。

海外の場合であれば、アメリカン・エキスプレス・カードやJCBカードのように緊急用でカードを用意してくれる、クレジットカード会社もありますよ。

再発行にかかる手数料

ほとんどのクレジットカード会社が1,000円ほどの再発行手数料を取っています。ただ中には、楽天カードやエポスカード、アメリカン・エキスプレス・カードのように無料のところもあります。また、三井住友VISAカードのように、ゴールドは無料、スタンダードのカードは有料とわけられていたりもします。

経年劣化による磁気不良の場合であったりすると、無料で再発行して貰えたりもします。

再発行にかかる審査の流れ

クレジットカードを紛失・盗難された場合の再発行ですが、実はちょっとした審査があります。

「作った時の信用情報で問題なかったから大丈夫」、「今まで問題なく使用していたから、すぐに発行してもらえる」と思うのですが、そうじゃないんですよね‥

ただ、入会時のような信用情報を細かく見られるわけではなく、その人の今までこのクレジットカードをどのように使っていたのかと、また、過去の支払いに遅れが無かったのかと言うことを見られます。

普段から、そのクレジットカードを使い、また、きちんと支払いをしていけば、何も問題はありません。

ただ、何かしらの原因で、毎月の支払いが遅れがちになっていると、クレジットカード会社が、「この人物にこのままカードを持たせておくと危険ではないだろうか。」と判断することがあります。

そのように判断されてしまうと、再発行してもらえない時があります。

当然のことなのですが、クレジットカード会社によって判断基準は違い、1、2回の延滞であれば問題はないかもしれませんが、本当は毎月の返済が遅れないようするのが1番良いですよね。

再発行してる最中は口座から引き落としがされない

クレジットカードの再発行により、カード番号が変わっても、引き落としの口座が変わる訳ではありませんので、そのまま引き落としされます。

再発行前に確定している請求内容であれば、そのまま同じ口座から引き落としされることになります。

ただ、気を付けて頂きたいのは、これからその新しい番号のカードを使用した場合、また、そのクレジットカードで月々の公共料金の引き落としを設定していた場合です。

携帯料金や電気料金など、便利なクレジットカード支払いに設定している方も多いと思いますが、再発行の場合、新しい番号に変更されていません。

携帯料金であれば携帯会社、電気料金でしたら電力会社にそれぞれ連絡をし、新しいクレジットカード番号を伝え、変更してもらわないといけません。

そのままにしておくと、クレジットカード支払いができなくなり、すぐ連絡が来るようになると思います。

これは非常に手間ですが、変更は忘れないようにしてくださいね。

再発行するとカード番号が変わるって本当?

紛失や盗難にあい、手元にクレジットカードがない状況で再発行した場合、新しく発行されたクレジットカードの番号は以前のクレジットカード番号とは変わります。

利用停止した後に、クレジットカードが見付かった場合でも同じですね。

なぜなら同じクレジットカード番号にしてしまうと、以前のクレジットカードも、再発行したカードも最悪使える状態になってしまい、その番号のクレジットカードで支払いをしたのが誰かわからなくなってしまうからです。

そのようなことがないように、以前の番号は全く使えないような状態にして、新しく発行された番号のみ使えるような状態にするのです。

そのため番号を変えることになります。

破損や磁気不良でクレジットカードを再発行した場合(手元にクレジットカードがある場合)は、クレジットカード番号もそのまま受け継がれます。

その際に不正は起こりえませんからね。

ただ、どちらの再発行の場合もクレジットカード裏面にある、セキュリティコード番号は変わりますよ。

 

紛失・盗難にあった場合でも、きちんとクレジットカード会社と警察で手続きを踏めば、全く問題がないことをおわかりいただけましたでしょうか。

もしかしたら、現金よりも安全かもしれませんよね。

現金は盗難にあうと、使われてしまったら行方を探すことはほぼ不可能ですが、クレジットカードの場合は使用を止めることもできますし、また不正利用にあった場合でも、補償してくれますしね。

ただ、番号が変わってしまうため、その後の手続きが結構手間になってしまします。

そうならないためにも、普段からクレジットカードの管理をおこなうように、また最悪のことを想定して電話番号は控えておくようにしておいてくださいね。

 

クレジットカードを壊してしまった場合でも再発行できる?

 

クレジットカードが割れたり、曲がったり、また、磁気が読み取れなくなったりしたことはないですか。

割れてしまったクレジットカードに接着剤を付けて直し、使用することもできないかもしれませんが、そんな事をしてしまうと、クレジットカードを使用する際に読み込み装置などの機器に悪影響を及ぼし、その機器を壊してしまったら損害賠償沙汰になるかもしれません。

クレジットカードが壊れてしまった時は、素直にクレジットカード会社に電話をするように致しましょう。

掛ける電話番号は、クレジットカードの裏面に記載されている番号になります。

ただ、クレジットカードの破損は、所有者の過失と捉えられることが多いです。

その際は、再発行手数料が掛かるケースの方が多く、金額はだいたい1,000円くらいになります。

ただ、クレジットカードを長年使っていて、劣化で割れてしまったり、磁気が読み取れなくなってしまうと言う、経年劣化が原因になることもあるので、クレジットカード会社に電話をした際、きちんとその旨も話をしてみては良いかと思います。

所有者に過失がないことをクレジットカード会社に納得してもらえたら、再発行手数料が掛からないケースもあります。

何でも相談してみることが、大事ですね。

もし、割れてしまったクレジットカードの有効期限が近く、また再発行手数料が掛かるのでしたら、そのままにしておいても良いかもしれません。

後日すぐに有効期限が長くなった新しいクレジットカードが届きますので。

ただ、この際は新しいクレジットカードが届くまでは、普段の支払いでは使えず、ネットなど他の機器を使わなくても済む買い物にでしか、そのクレジットカードは使えなくなります。

少し注意が必要ですね。

再発行はしてもらえるようですが、状況によったら再発行手数料が掛かるのですね。

そうならないためにも、クレジットカードを曲げたり、折ったりはしないように扱いましょう。

せっかくお得にポイントを貯めているのに、再発行手数料を支払ったら何のためのクレジットカードなのかわからなくなってしまいますからね。

また、割ってしまった場合は、クレジットカード会社に電話をしてください。

割れてまま、クレジットカードを使わないようにしましょう。

クレジットカードを解約した場合でも再発行できるの?

「クレジットカードを先日解約したのだが、また使いたいので再発行してもらえないか」ってよくいわれる事だと思います。

そのクレジットカードを所有していた方からすると、「以前の審査で問題なく発行している訳だから、問題ないはず」と思われているようですが、実際はそうではないのです。

クレジットカードを解約してしまったら、同じカードに再入会できなくなるのかと言われたら、そうではないのですが、いったん解約をしてしまった時点で、今までのことは白紙になってしまい、再度申し込みをすると、新規のお客様と同じ審査がおこなわれることになります。

ただ、新規のお客様と違うところがあり、「今までこのクレジットカードをどのように扱っていたのか」と言うことも見られることになります。

年会費無料のカードでよくあることですが、お客様にとって使っても使わなくても負担は無いため、そのまま使わずにほったらかしにしているカードもあるかと思います。

ただ、お客様に負担はなくても、クレジットカード会社には発行、管理するだけでも維持費がかかっているのです。

お客様がそのクレジットカードをたくさん使っていたのであれば問題ないかもしれませんが、ほとんど使っていなかった場合は、再入会をお断りするクレジットカード会社もあります。

また、ステータスカードになると、クレジットカードをたくさん使っていた場合でも、最低半年間は期間を開けないと再入会させてもらえないクレジットカード会社があります。

アメリカン・エキスプレス・カードは一度解約すると、1年間は申し込みができない仕組みになっています。

期間を開けなくても良いクレジットカード会社、半年、1年間は開けないといけないクレジットカード会社と色々あります。

もし再入会をしたいと思うことがあるのであれば、申し込む前にクレジットカード会社に一度相談した方が良いと思います。

信用情報は全く問題が無かったのに、何の相談もせず申し込みをして、期間を開けないといけなかったために自動的に審査に落とされるケースも出てきます。

審査に落ちてしまうと、個人信用情報に履歴が残ってしまうので、他の会社から見てもカードの審査に落ちたと言うのがわかってしまい、不利になってしまいます。

解約後の再発行ができないわけではないのですが、色々な面で不利なことが起こるので、解約する前に一度よく考えてみましょう。

一度解約してしまったクレジットカードに再入会するのは、意外と難しいことなのですね。

そのクレジットカード会社に直接データとして残っている訳ですしね。

解約するにあたっても、「今は必要なくても、先に必要となるかもしれない」と考えることが必要ですね。

簡単に解約しないようにすることが大事ですね。

また、どうしても再発行して欲しくなった場合は、そのクレジットカード会社に必ず電話をしましょう。

何も問題ないのに落とされてしまって、信用情報に履歴が残ると、その人本人が不利になるだけですからね。

そして、クレジットカードを作ったのであれば、どのようなカードであっても定期的に使うようにし、また短期間で入会と解約をおこなわないようにしましょう。

 

楽天の場合の再発行

 

楽天カードを紛失、または盗難にあった際は、専用ダイヤル0120-86-6910か092-474-9256、海外渡航先であれば81(国コード)-92-474-9256に電話をします。

楽天カードには盗難保険が付いており、不正使用されたとしても届け出た60日前にさかのぼりそれ以降の損害額を負担してもらえますが、それもきちんと手続きをすることが必須なので、早く対応いたしましょう。

聞かれることと言えば、名前・生年月日・電話番号・勤務先などです。本人確認のためでしょうね。

続いて、警察署に行き、届け出をします。

約2週間前後で、再発行されたカードが届きます。

楽天カードの紛失再発行手数料は無料です。

ただ、Edy付のクレジットカードでEdy残高があった場合、その残高は補償されないので注意が必要ですね。

楽天カードの再発行の場合は、インターネットの「楽天e-NAVI」から申し込む方法と、専用ダイヤル0570-66-6910か092-474-6287に電話を掛けることになります。

 

JCBの場合の再発行

 

JCBカードを紛失、または盗難にあった際は、JCB紛失盗難受付デスク0120-794-082に電話をします。海外で紛失・盗難にあった際は、最寄りのJCBプラザ、JCB紛失盗難受付デスクに連絡することになります。

JCBの場合は各国で電話を掛ける番号が異なります。39もの国と地域で専用の番号があります。またその地域でない場合は81-422-40-8122に電話を掛けることになります。全て日本語で対応してもらえますよ。

さらに海外で紛失・盗難の際、希望者には海外専用緊急再発行カードを発行してもらえます。JCB紛失盗難受付デスクへ電話をし、発行希望の旨を伝え、JCBプラザラウンジかJCBプラザで受け取ることが可能です。

JCBカードも盗難保険が付いており、不正使用されたとしても届け出た60日前にさかのぼりそれ以降の損害額を負担してもらえます。

JCBの場合も続いて、警察署に行き、届け出をします。

約2週間前後で、再発行されたカードが届きます。

JCBカードの紛失再発行手数料は1,080円(税込)です。

 

アメックスの場合の再発行手続き

 

アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードを、紛失・盗難された場合は、それぞれのアメリカン・エキスプレスの発行するカードの種類によって連絡先が違います。

アメリカン・エキスプレス・カード会員は0120-020120か03-3220-6100

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員は0120-010120か03-3220-6100

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード会員は0120-941760か03-3220-6745

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード会員は0120-941780か03-3220-6745

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード会員は0120-020120か03-3220-6100

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアム・カード会員は0120-010120か03-3220-6100

ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員は0120-965877か03-3220-6787

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員は0120-958677か03-3220-6787

デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード会員は0120-020120か03-3220-6100

デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員は0120-010120か03-3220-6100

ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員は0120-020120か03-3220-6100

スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード会員は0120-010-120か03-3220-6100

に電話をすることになります。

また、海外からもカードの種類によって電話を掛ける先が「グローバル・ホットライン」と「オーバーシーズ・アシスト」とわかれているため、所有しているカードが何であるか、事前に把握しておかないといけないですよね。

アメリカン・エキスプレス・カードの凄いところは、海外の紛失であっても、支店のある国であれば発行がどこの国であっても、24時間対応で、ほぼ翌日には新しいクレジットカードが再発行されます。

ただ、このカードは「緊急仮カード」なので、カードの提示による特典などは利用できなくなります。

「緊急仮カード」発行後、1週間ほどで再発行した新しいカードをお届けするかたちになります。

カード再発行料は無料です。

アメリカン・エキスプレス・カードにも盗難保険が付いており、不正使用されたとしても届け出た60日前にさかのぼりそれ以降の損害額を負担してもらえます。

アメリカン・エキスプレス・カードの場合も警察に届け出はきちんとおこなっておきましょう。

 

楽天カード・JCBカードも紛失・盗難に対しては素晴らしい対応をおこなっていますね。

ただ、やはりサービス面を重視するアメリカン・エキスプレス・カードは一味違った感じがあります。

カードにより電話番号を変えると言うことは、その回線に集中することが起こりにくくなりますので、万一電話を掛けたとしても、すぐにつながる可能性が非常に高いと言うことになりますね。

またJCBカード以上に海外の支店が多く、ほぼ翌日に再発行してもらえるのも大きなメリットです。

カードにかかる年会費が違うので一概に比較はできませんが、さすがアメリカン・エキスプレス・カードと言うところですかね。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレジットカードの紛失・盗難による再発行の仕方は、どのクレジットカード会社でもやり方としては同じです。

1.クレジットカード会社に電話をする。

2.最寄りの警察署に行き、紛失届、盗難届の手続きをする。

3.警察署からもらった紛失届、盗難届の番号を、カード会社所定の用紙に記入し、送る。

これだけですね。

それほど難しいことではありませんので、このような事態が起きても冷静に、対応できるよう普段から心掛けておいてくださいね。