ネットショッピング

ネットショッピングを利用するにあたっておすすめのクレジットカードをいくつかご紹介していきたいと思います。

皆さんはどんなクレジットカードをご利用されていますでしょうか?

各々何気なく作ったクレジットカードを何気なくご利用していませんでしょうか?

近年はネットショッピングが普及し、決済にクレジットカードが用いられるようになってきましたが、仮に利用するのであれば「お得に」利用されたいと思われるのではないでしょうか。

実は最近では「ネットショッピング」を利用する方を優遇するように作られたクレジットカードも多数でてきているのです。

中には利用することでポイントが貯まり、そのポイントで買い物ができる!ということもしばしば。

そこで今回は「ネットショッピングで便利なクレジットカード」をいくつか紹介していきたいと思います。

ネットショッパーの方は是非参考にしてくださいね。

・ネットショッピングはクレジットカード払いがおススメ

近年インターネット環境が以前にも増して発達してきており、特にスマートフォンの登場でネットを利用したサービスを使用される方が多くなってきました。

その中でも「ネットショッピング」の勢いはすごいものでしょう。

日本では「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」といったネット上に仮想ショッピングモールを形成したサイトや、有名店等が自社のホームページ上で通信販売を行うなど、日本でも浸透しつつあります。

海外においても巨大ネットショッピングサイト「アマゾン」を始め、皆さんの生活サイクルの中に溶け込んできております。

ネットショッピングの良さは「ネット上でクリックするだけで自宅に届く」といった行動の煩わしさを解消してくれる点であると思います。

 

わざわざお店に行かなくても目星の商品を購入し、自宅に届くといったところは非常に便利と言えますよね。

 

その便利さは「決済方法」にもあります。通常お店で買い物をすると「現金払い」か「クレジットカード払い」で決済しますよね。最近では「電子マネー決済」も増えてきておりますが、ネットショッピングであれば幅広い決済方法を選べます。

 

例えば「代金引換決済」や「銀行振込決済」といったオーソドックスなものから、「代金後払い決済」などその決済方法は多彩です。その中でも「クレジットカード決済」が一番便利であると言えましょう。

 

カードの番号を入力するだけで買い物が終了し、数日後には自宅に商品が届きます。そして後日カード会社からの請求を支払うことで、「お店で現金払いしたことと同じく買い物をすることができます。」

 

最近ではネットショッピングサイト自身がクレジットカードを発行し、自社サイトで買い物をすることでポイントが貯まったり、そのポイントを決済に利用できたりするなど、現金決済に比べて「何倍もお得」に買い物ができるのです。

 

そういった意味からも「ネットショッピングをするならクレジットカードカード決済」で利用するべきなのです。

・アマゾンも楽天もクレジットカードの支払いが当たり前

現在「アマゾン」や「楽天」での買い物については「基本クレジットカード決済」となっております。

ネットショッピングとしてもクレジットカード決済のほうが「確実に代金を回収できる」ため、推奨しているようです。

クレジットカードは「カード会社がお客様に代わって代金を立替える」ため、ネットショッピング側にはすぐに代金が支払われることになります。銀行振込ですと、支払いが遅れる方や支払わないという方も中には存在するため、ネットショッピング側からすれば「リスク」となりますが、クレジットカードであればその「リスク」を取り除くことができます。

そのようなメリットをもたらすクレジットカード決済はネットショッピングではベーシックになりつつあり、ネットショッピング企業が自らカードを発行するようになってきております。

・ネットショッピングにおすすめのクレジットカード

ネットショッピング利用にはクレジットカードは「不可欠」ということはご理解頂けたと思います。

そこでネットショッピングをご利用するにあたってオススメのクレジットカードを5つご紹介したいと思います。

カード名 特徴
1 楽天カード 年会費無料カードの中で随一のポイント還元率
2 Yahoo!JAPANカード ネットでも店舗でもTポイントが爆速で貯まるカード
3 P-one Wiz ネットショッパー必須のクレジットカード
4 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード 永久不滅ポイントのワールドワイドカード
5 三井住友VISAクラシックカード 日本最大手発行の高パフォーマーカード

それでは1つずつ見ていきましょう。

  • 楽天カード

カード名 楽天カード
ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費 永年無料
ポイント 楽天スーパーポイント
ポイント付与 100円=1ポイント
保険 海外旅行(利用付帯)
決済日 月末締め翌月27日払い
ETC あり(年間500円+税)

 

まずはCMでもお馴染みである「楽天カード」をご紹介します。

 

「楽天カード」は「楽天市場」や「楽天トラベル」を運営する「楽天」が運営するカードであり、年会費が永年無料であることで有名です。

 

クレジットカードは「年会費」が付き物ですが、楽天カードではそのような心配がありません。お得なクレジットカードを無料で利用できる点は非常にメリットがあると言えますよね。

 

また自社のサイトでの利用であれば「ポイント2倍」や時には「10倍」といったキャンペーンを行っており、例えば10000円の利用で1000ポイント獲得したのであれば、1000円分を楽天市場で利用することができるのです。

 

「楽天市場」は元々より「ネットショッピングモール」として、既存の有名店から新規出店のお店などを多く抱えており、その中から皆さんの目に止まったお店で購入できるようになっております。

 

したがって、例えば実店舗があるお店の楽天市場店から買い物を行い、決済はお得に貯まったポイントを充当できるのです。

 

そう考えるとメリットが高いクレジットカードですよね。

 

楽天をこよなく愛する「楽天ユーザー」には必須のクレジットカードであります。

  • Yahoo!JAPANカード

カード名 Yahoo!JAPANカード
ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費 永年無料
ポイント Tポイント
ポイント付与 100円=1ポイント
保険 ショッピング保険
決済日 月末締め翌月27日払い
ETC あり(年間500円+税)

2番目にご紹介するクレジットカードは「Yahoo!JAPANカード」です。

日本で一番の利用率であるインターネット検索サイト「Yahoo!JAPAN」を運営するヤフーが発行しているクレジットカードであり、年会費が永年無料でありつつもポイントがしっかりと貯まっていくクレジットカードとなっております。

貯まるポイントは「ファミリーマート」や「牛角」、「ENEOS」などの大手グループ企業が利用しているポイントシステム「Tポイント」となっており、カード利用100円に付き、1ポイントを獲得することができます。

Tポイントは1ポイント=1円として利用できるので、店舗やネットでの買い物で利用できます。

また「Yahoo! JAPANカード」は、「ヤフオク」や「Yahoo!ショッピング」での利用でポイント倍増のキャンペーンを常日頃行っているため、Yahoo!ユーザーに必須のクレジットカードであると言えましょう。

  • P-one Wizカード

カード名 P-one Wiz
ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費 永年無料
ポイント ポケット・ポイント
ポイント付与 1000円=1ポイント
保険 ネット不正利用保険
決済日 月末締め翌々月1日払い
ETC あり(発行時1000円)

3つ目にご紹介するカードは「P-one Wizカード」です。クレジットカード事業を行う「ポケットカード」が発行しているクレジットカードであり、ネットユーザーを中心に評価を拡大中のクレジットカードです。

ポケットカードが発行しているクレジットカードは他社のカードと異なる点が多くあり、さらにユニークさ満載のカードが多いのが特徴です。

この「P-one Wizカード」の特徴は大きく分けて2つあります。

まず1つ目は「利用代金の1%引き」になるという点です。「えっ?そんなことあるの?」とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、あるのです。

すべての利用分とは言えませんが、ネットショッピング分や、店頭での利用分からカード会社が勝手に1%引きしてくれます。

例えば20000円の利用で200円引きとなりますので、少々でもお得感をかんじられますよね。

次に2つ目は「1000円の利用につき1ポイント獲得できる」という点です。先ほどの利用代金の割引とは別に、利用に応じてポイントを獲得できます。

実はポケット・ポイントは1ポイントに付きTポイント5ポイントを交換することができるのです。

仮にTポイントでイメージとすれば、1000円の利用で5円分になるため、還元率で考えると0.5%となります。ただ先ほどの「1%OFF」を組み合わせれば「買い物分の1.5%還元を受けた」ことになりますよね。

更にそれだけではなく、「P-one Wizカード」は自社のショッピングモールサイトより「Yahoo!」や「楽天」、「アマゾン」のサイトに接続し、買い物を行うことで「最大30倍のポイント還元」を受けることができるのです。

30倍のポイント獲得で言えば結構なポイントになりますよね。「P-one Wizカード」はそういったネットユーザーに寄り添ったクレジットカードであると言えましょう。

最後にカードの支払いも斬新であり、「ミニマム・ペイメント」という仕組みを利用しております。このシステムは「カード利用分に応じて決められた最少金額をお支払いするだけで大丈夫」といったものとなっております。

「今月は使いすぎたから、支払いを来月以降に回したい」といったニーズにもお応えすることができるのがこの「P-one Wizカード」なのです。

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

カード名 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
ブランド AMEX
年会費 初年度無料(翌年以降1000円+税)
ポイント 永久不滅ポイント
ポイント付与 1000円=1ポイント
保険 ネット不正利用保険
決済日 月末締め翌々月4日払い
ETC あり(無料)

4つ目にご紹介するカードは「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

世界的に「ステータスカードブランド」と言われている「アメリカン・エキスプレス」を利用できるクレジットカードである「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は、日本のクレジットカード会社である「クレディセゾン」が発行しております。

この「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は「アメックス」の良さと「セゾンカード」の良さが折衷されたクレジットカードであると言えましょう。

アメリカ生まれのカードブランドである「アメックス」の特徴として挙げるとすれば、「海外利用がお得」といった点です。近年では海外旅行をする日本人が増えていっているので、海外で利用できるクレジットカードを1枚でも保有していれば安心ですよね。

 

また「セゾン」の特徴としてあげるのであれば、「永久不滅ポイント」と「永久不滅.com」の2つを挙げることができましょう。

 

「永久不滅ポイント」はセゾンカード特有のポイントシステムで、その名の通り「ポイントの有効期限がない」という点が挙げられましょう。通常のクレジットカードに付与されるポイントは2年ほどで有効期限が切れるものですが、この「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」であれば「一生涯ポイントを貯め続けること」ができます。

ポイントは1000円のカード利用に付き、1ポイントを獲得できるようになっております。特別ポイント数が多いわけではありませんが、皆さんに合った形でポイントを貯められるのが特徴と言えましょう。

もう1点の「永久不滅.com」ですが、セゾンが独自で行うネットショッピングモールであり、数十サイトと提携しております。提携先と言えば「Yahoo!」や「楽天」はもちろんのこと、「アマゾン」や「ZOZOTOWN」などの日本で多く利用されているネットショップが含まれております。

この提携先で買い物する前に「永久不滅.com」経由でサイトへ接続していればポイントが倍増になります。例えばアマゾンであれば「通常ポイントの15倍」も獲得することができます。

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」は年会費についても「初年度無料」であり、次年度も「1度でも利用していれば無料」となっており、実質お得なカードと言えましょう。

発行会社としての安心度と世界的ブランドとのコラボレーションは「最強の組み合わせ」といっても過言ではないと言えましょう。

  • 三井住友VISAクラシックカード

カード名 三井住友VISAクラシックカード
ブランド VISA、MasterCard
年会費 初年度無料(翌年以降1250円+税)
ポイント ワールドプレゼント
ポイント付与 1000円=1ポイント
保険 海外旅行(利用付帯)
決済日 15日or月末締め10日or26日払い
ETC あり(初年度無料、翌年以降500円+税)

5つ目にご紹介するカードは「三井住友VISAクラシックカード」です。

日本で最も利用されていると言われているクレジットカード会社である「三井住友VISAカード」が発行しているクレジットカードであり、日本で初めて発行された「VISAカード」がこの「三井住友VISAクラシックカード」です。

カードの特徴は「非常にシンプル」であり、かつ「最高レベルのセキュリティを誇るカード」といったところでしょう。

日本において歴史の長いVISAカードということもあり、カードとしての特典はほとんどついておりません。唯一ポイントサービスがついているという以外は至ってシンプルです。

物足りなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、「至ってシンプルに使いたい」という方には、「三井住友VISAクラシックカード」はぴったりであると言えましょう。

また「三井住友VISAクラシックカード」は非常に「セキュリティ面」について優れており、偽造ができないようなICチップの利用や、裏面に証明写真を載せることができるため、他人の利用を一切受け付けないといった機能を有しております。

ネットショッピングではカード番号だけ利用するため、本当に大丈夫かといった心配も多いですが、「三井住友VISAカード」ではこのようなネット不正利用についても24時間365日監視をしているため、少しでもおかしい取引があればすぐにお電話をしてくれ、取引状況を確認してくれます。

ネットショッピング利用が不慣れな方を含めて、「三井住友VISAクラシックカード」は大変安心なクレジットカードであると言えましょう。

・クレジットカードでネットで行う決済方法

ネットショッピングでクレジットカード決済を行う際は、「必ずクレジットカードをご用意」してください。

 

まずネットショッピングで買い物をし、決済画面でクレジットカード決済を選んでいただきます。

 

そうすると、「カード番号」と「カード名義(ローマ字)」、「有効期限」と「セキュリティコード」の計4つの項目を聞かれます。

 

「カード番号」はカードの表面に記載されている「16ケタの番号」です。4ケタずつに区切られているものがあると思いますがその番号です。

 

サイトによって異なりますが、「4ケタずつ区切って」入力するか、「区切らずに16ケタ全て」入力するようになっておりますので、臨機応変にご対応ください。

 

「カード名義」はカード表面の下側に「ローマ字」でカード保有者の名前が記載されていると思います。例えば「田中太郎」さんであれば「TARO TANAKA」と名前、姓の順番となっていると思います。こちらもサイトの案内に従って入力をしてください。中には「カタカナ」で入力してくださいとなっているところもありますので注意が必要です。

 

「有効期限」はカード表面に「月/年」といった形で記載されており、カードの有効期限を示しております。有効期限切れのカードですと利用できませんので、決済時に必ず聞かれます。基本は「12月/20年」と入力できると思いますので、カードを参考に入力してください。

 

最後に「セキュリティコード」ですが、VISA、マスター、JCBブランドであれば、カードの裏面にある署名欄の右端に3ケタ、3ケタの番号があると思います。ほぼ99%のサイトでセキュリティコードの「下3ケタ」を求められますので、後半の3ケタを入力してください。

 

またアメックスの場合は異なり、カード表面の右上のあたりに4ケタの番号が記載されております。アメックスではこの4ケタがセキュリティコードですので注意してください。

 

以上の4項目をお持ちのカードを参考に入力してください。

・クレジットカードでネットショッピングをする時の注意点

ネットショッピングであればカード入力だけで買い物することができる訳ですが、一つ注意して頂きたい点があります。それは「ウェブ上にオートコンプリートしない」という点です。

近年ネット上での詐欺やコンピュータウイルスによる不正利用が多発しております。ネット上のセキュリティ能力は向上しているものの、何があるかわかりません。

 

最近のウェブブラウザでは、お客様の個人情報をコピーしておき、他のサイトで同じように個人情報を入力する際にワンクリックで入力を完了することができるようになっております。

 

もちろんクレジットカード情報についても利用可能となっているため、いちいちカードを用意しなくても簡単に入力を終えることができるようになりました。

 

しかし万が一の事態が起きた際には、不正利用をされる可能性はゼロではありません。

 

そこでできれば「カード情報をオートコンプリートしない」ことをオススメします。

・分割払いで購入する事って出来るの?

カード払いには「一括払い」と「分割払い」そして「リボ払い」といったものがあります。

店舗での利用であれば、「1回」か「2回」などを選ぶことができますが、もちろんネットでもこのように分割利用することはできます。

しかし、ネット上の大半は未だに「1回払い」のみのところが多いのが現状です。

仮に1回払いで決済しても、後ほどカード会社によっては支払い方法を変更することができますので、まずはそれぞれのカード会社に問い合わせてみてください。

・手数料がかかる事もあるの?

カード利用において手数料をとられるといったお店も過去にはありましたが、ネットショップでは「基本手数料はとっていない」のが現実です。

ネットショップは実店舗に比べて非常にコストが安くできるので、カード利用をして取引量を増やせた方がよいと考えているようです。

ですので、「基本かからない」と思ってもらっていいでしょう。

・引き落とし日はいつ?

カードの引き落とし日は「カード会社によって異なります。」

一般的に多い日にちは「27日」や「10日」が多いと言われておりますが、中には「ご自身の好きなお日にちで大丈夫」といったところもあるようです。

皆さんの中でも給料日の関係で支払いが異なってくる方も多いと思いますので、確認の上、「最適な決済日になっているカード」を選びましょう。

・安全面は大丈夫なの?

セキュリティ面は先ほども解説しましたが、基本的に問題ないと言っても過言ではないでしょう。

「Yahoo!」や「楽天」などは、セキュリティを厳重に強化したサイト上で決済を行っているため、不正利用等の心配は大幅に減ってきております。

しかしながら中にはセキュリティが脆弱なサイトもありますので、一番の見極めとして、アドレスに「http」となっているものではなく「https」になっているものを選ぶようにしましょう。

仮に不正利用されたとしてもカード会社に報告することで対処してくれますので安心して利用してください。

・暗証番号を記載するリスク

クレジットカードを作成の際には「4ケタ」の暗証番号を設定しますが、番号を忘れるいけないと思い、カードの裏面に暗証番号を書いている方もしばしばみられます。

この方法は決して行わないでください。もしこれで不正利用されても文句は言えません。従ってご自身のメモ帳など誰が見てもわからないようなところにメモするようにしてください。

また定期的に暗証番号の変更をすることで、よりセキュリティ面が強化されますので、行うようにしてください。

・不正利用に対するクレジットカード会社の対策

カード会社では、ネット上での不正利用に対して厳重に扱っており、例えば大量の購入や高額使用などの不信な動きがあった際に、カード決済を一時的に承認せず、カード保有者に使用の有無を確認するようにしております。

 

ですので、仮に身に覚えのない取引であればカード会社が事前にストップをかけてくれますので安心して利用できますよね。

 

クレジットカードで支払うとキャンセル出来るの?

カードで決済したものの、「キャンセル」したいといった場合、どのようになるのでしょうか。

まず購入時にはすでに「カード利用承認」がなされておりますので、購入金額は次回のカード利用代金で請求されてしまいます。

しかしながらキャンセルをした場合は、販売店からカード会社に利用代金のキャンセルが伝わったのちに、「マイナスの利用代金が請求されます」これによって、10000円のものを購入したものの、キャンセルとなると、「−10000円」となり、差し引き「0円」となります。

ただここで注意が必要なのが、「カードの締め日」と「キャンセル料」についてです。例えばカードの締め日が月末で、31日に購入したものを翌月の2日にキャンセルした場合、翌月分のカード利用には「キャンセルした料金が請求されてしまいます。」これは締め日の関係ですのでしょうがない点なのですが、翌々月ではキャンセル分の料金が利用代金から引かれる形となります。

従って「前もって立て替えしなければならない」可能性がありますので、締め日には気を付けましょう。

また、「キャンセル料」がかかるものは、キャンセル料分を引いた金額を「マイナス承認」されてカード会社に届きますので、キャンセル料分がカード利用代金として請求される形となります。

このような点はよく考えられますので注意して利用してください。

・ネットショッピングで使用出来ないクレジットカード

現状のネットショッピングでは、国内発行のクレジットカードであれば「基本的に利用可能」です。

従って使用できないカードはないと思われますが、万が一「利用できません」となった場合は、まずはカード情報の確認をおこなってください。番号等が間違っているかもしれません。

あとは「カード利用限度額が上回ってしまっている」もしくは「カード代金の未払いのため利用停止中」の可能性が高いのでチェックするようにしてください。

・クレジットカードなら海外でのネットショッピングも可能

海外でのネットショッピングでももちろんクレジットカード決済が可能です。

しかしながら、日本国内だけで発行されているクレジットカードの中には、「利用できない」カードも出てきます。

海外サイトでの利用は、「アメックス」や「VISA」、「マスター」であれば大抵は利用可能です。

ですので、利用にあたっては注意をしながらもカード番号入力等行ってください。

いかがだったでしょうか。

非常に便利になってきたネットショッピングを、お得なクレジットカードで楽しく安全に利用してみてはいかがでしょうか。