飛行機

1.国内旅行でクレジットカードを使用するメリット

 

みなさんは国内旅行をどのように計画されますか。

安さや手軽さを求めるならインターネットから、色々おススメを聞いてみたり上質な旅にしたいと思うのなら窓口で相談と、考える方がほとんどでしょうか。

色々検討し「このプランにしようかな。」と決まった時、最後に「国内旅行保険は如何なされますか」と聞かれたことはないでしょうか。

この「国内旅行保険」とは、国内旅行を行うために、自宅を出てから帰宅するまでの間に被った怪我で入院や通院など行った際や、また目的地に到着するまでの移動中の事故で怪我をしてしまった場合、不幸にも亡くなってしまった時でも保険金が支払われる保険でもあります。

「旅先で事故が有ったら困るな。」

「旅先で他人の物を壊してしまったら責任がとれないな。」

「私が持って行ったカメラが盗まれたらどうしよう。」

国内ではあまり起こりえないことですが、万が一のことを考えて加入される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「1泊2日で1,000円くらいやし、お守りみたいな感じで良いかな。」

と言った感じで旅行代金とは別に保険料も支払っていませんか。

ちょっと待ってください。

その行為、実はかなり損をしていますよ。

何枚かクレジットカードをお持ちですか。

今一度所有しているクレジットカードの規約を読んで調べてみましょう。

「国内旅行傷害保険」と記載がないですか。

その記載があればいちいち新たに「国内旅行保険」を申し込まなくてもほとんどよくなります。

1泊2日で支払っていた1,000円の出費が必要なくなりますね。

ただ気を付けて頂きたいことがあり、それはこのクレジットカードに付帯する「国内旅行保険」には2種類有り、「自動付帯」と「利用付帯」があります。

「自動付帯」とはその名の通り、自動的に保険が付帯されます。

クレジットカードを所有するだけで良いのですね。

「利用付帯」とは旅行代金をそのクレジットカードで支払いをすることにより保険が適用されるものです。

どちらがお得かは一目瞭然ですよね。

ただ「利用付帯」に関しても、その旅行代金をそのカードで支払えば適用されるのでそこまで考えなくても良いかもしれません。

この「国内旅行保険」の付いたクレジットカードをお守り代わりにし、楽しい旅に出ましょう。

 

2.国内旅行で保険はどのくらい適用されるの?

 

所有しているクレジットカードの規約を読み直し、「国内旅行保険」の文字を見付け「やったー」となっていないでしょうか。

残念ながら同じ「国内旅行保険」であっても適用される範囲はクレジットカードによって変わります。

年会費が高いクレジットカードの方が、「国内旅行保険」の適用範囲も広くなっていきます。

「国内旅行保険」は国内で旅行中の際に怪我をして死亡や後遺障害になった場合や入院費、通院費、手術代を補償する保険です。

病気での場合は対象外です。

年会費が無料、もしくは安いクレジットカードの場合、「死亡・後遺障害」に対してのみ付帯のカードが有りますので注意が必要です。

またクレジットカードの「国内旅行保険」は「公共交通手段での移動中に限り」との記載が多いです。

公共交通手段なので電車や飛行機、船やバスでの移動中になります。

マイカーを使っての旅行では適用外になりますのでこちらも注意が必要ですね。

 

2-3付帯保険はどんなものがある?

 

付帯保険も様々あります。

付帯していると助かりますよね。

①「海外旅行傷害保険」

海外旅行先での事故による怪我による損害を補償してくれる保険になっています。

「傷害による死亡・後遺障害」だけでなく、「傷害・疾病治療費用」「救援者費用」「賠償責任」「携行品損害」などの項目があります。

「傷害・疾病治療費用」は非常に助かりますね。

外国では日本より遥かに高額な治療費や入院費がかかる上、当然日本の保険証は使用できません。

病気になった時でも安心して治療を受けることができますね。

②「国内旅行傷害保険」

前述致しましたが、国内旅行先での事故による怪我による損害を補償してくれる保険になっています。

こちらは病気での場合は対象外になります。

またクレジットカードによりますが「入院費」「通院費」「手術代」の補償があります。

③「ショッピング保険」

そのクレジットカードで購入した商品をうっかり落として壊してしまった場合に補償してくれる保険になっています。

ただし「購入してからの期間」「自己負担金が必要になる」「保険の適用がされない商品と状況がある」「修理が可能な場合は修理代金の補償」になるなど注意が必要である。

④「盗難保険」「オンライン不正使用保険」

クレジットカードを「落としてしまった」「紛失してしまった」「盗まれてしまった」と言う状況で不正に利用された時に補償してくれる保険になっています。

また最近ではインターネットから個人情報を盗み出し、クレジットカードの番号から不正利用され被害にあった場合でも補償する保険になっています。

 

またこれら以外にも「シートベルト保険」や「スポーツ保険」、「クレジットセイバー保険」など様々な保険

があります。

クレジットカードにかかる年会費と必要な保険と比べてみて、一番合うクレジットカードを選んでください

ね。

 

2-4.飛行機が遅延した場合、付帯保険のあるクレカ

 

付帯保険の一つに「航空便遅延費用」と言うのがあります。

今までこんな経験はないでしょうか。

「夏休みに沖縄に旅行に行ったが、帰りの飛行機が台風のために飛べず、ホテルを借りないといけなくなってしまった」とか「年末年始に帰省するため北海道に行ったが、帰りの飛行機が雪のために飛べず東京に帰れなくなった」など。

ホテルを借りるのも結構な金額がかかりますからね。

それを補償するのが「航空便遅延補償」になります。

この「航空便遅延補償」も「海外」と「国内」があります。

 

① 三井住友VISA プラチナカード

海外・国内航空機遅延保険が最高4万円付帯しているクレジットカード。

年会費54,000円(税込)とさすがのプラチナカードになっています。プラチナカードならではのホテル、グルメの優待特典、コンシェルジュサービス、また年に一回ギフトが送られます。また最高1億円の海外・国内旅行傷害保険がついているプラチナの名に恥じない素晴らしいカードになっております。

② Orico Card THE WORLD

海外・国内航空機遅延保険が最高10万円付帯しているクレジットカード。

年会費9,800円(税込)とゴールドカードの中では比較的安いタイプですが還元率1%、海外で利用すると還元率2%。また最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険がついているコストパフォーマンスの高いカードです。

③ MUFG ゴールドカード

国内航空機遅延保険が2万円付帯しているクレジットカード。

海外航空機遅延保険が付帯していないが年会費2,058円と格安のゴールドカードになっています。海外・国内旅行傷害保険も最高2,000万円付帯しております。

 

2-5おすすめのカードは?

 

国内旅行をするのにおすすめのカードはこちらになります。

① JTB旅カード JCB GOLD

年会費 16,200円(税込)。ポイント還元率は1.5%です。JTB販売店なら10,000円につき50ポイント進呈。(還元率0.5%)JTBホームページなら国民宿泊事業決済(1%)、その他(0.5%)貯まります。JTBトラベルポイント加盟店でのご利用で100円ごとに1~5ポイント(1~5%)貯まります。また「旅プリカ特約店」でカードを利用すると、ショッピングポイントとは別にトラベルポイントが貯まる、非常に高還元率のカードになります。

またカード裏面の「えらべる倶楽部レジャー」マークを提示すると、JTBベネフィットが運営する「えらべる倶楽部」提携レジャー施設で割引特典も受けられます。

海外・国内旅行傷害保険も最高5,000万円と旅をサポートするには十分な金額になっております。

 

普段からよくJTBの窓口を利用させて頂いていたのですが、その時におススメされました。

旅行は好きでよく行っていたのですが、ポイントも好きでこの還元率が非常に魅力的に思えました。

妻に「年会費が高すぎないか?」と言われましたが、「もし年会費のもとが取れなさそうだったらすぐ解約しよう」と伝え作ってみました。

ポイントを効率よく貯めようと思ったので妻に家族カードを作って持たせようと調べてみたら何と年会費が無料。

慌ててすぐ作りましたよ。

頻繁に旅行する私たちからしたら簡単にポイントが貯まっていきます。

また意外と「えらべる倶楽部レジャー」の割引も大きく、また空港ラウンジで優雅に過ごせます。

最初は反対気味だった妻も今は何も言いません。

今度は貯まったポイントで旅に出ようと二人で話をしていますよ。

 

② JAL アメリカン・エキスプレス・カード

年会費6,480円(税込)ポイントマイル還元率は0.5%です。還元率は低めですが、入会搭乗ボーナスで1,000マイル、毎年初回搭乗ボーナスで1,000マイル、ご搭乗ごとのボーナスでフライトマイルの10%が付与されます。

空港ラウンジも無料で利用でき、また同伴者も1名は無料で利用できます。

また海外・国内傷害保険も最高3,000万円(海外・利用付帯。自動付帯は1,000万円)付帯しており、JALを利用して旅行される方には非常におススメになっております。

 

一人暮らしの時から使用している非常に良いカードです。

旅行や出張でもJALを使用しているのですが、空港ラウンジが同伴者1名まで無料なのは助かりますよね。

彼女や同僚と出かけてもお互いに使えましたしね。

今は結婚して子供もでき、4人で旅行に行くようになったのですが、家族カードを1枚追加しました。

2,700円(税込)が別にかかりましたが、妻も子供も無料で空港ラウンジが使えますからね。

本家のアメリカン・エキスプレスのカードと比べたら半分ぐらいの年会費で済みますし、また他のJALのクレジットカードに比べたら年会費は上がりますが、空港ラウンジが使えますし保険が充実していますしね。

旅や出張は全てJALを使いますと言う方には非常におススメですね。

 

③ セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費10,800円(税込)初年度年会費無料。永久不滅ポイント還元率0.75%。海外利用時は還元率1%。また貯まったポイントはJALマイルやANAマイル、他のポイントにも交換可能な上、ポイント有効期限もなし。また年会費4,320円追加で「SAISON MILE CLUB」に加入すると1,000円につき10マイルが貯まります。さらに2,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントも貯まり、高還元率を実現。セゾンカードとアメリカン・エキスプレス・カードの優待がセットになっているカードでセゾンカードの割引特典(西友などで5%OFF)があり、またアメリカン・エキスプレス・セレクトや旅行サポートサービスも充実しています。

空港ラウンジも無料で利用でき、海外旅行もよくするのなら1万円の追加で「プライオリティ・パス」に登録できます。

また海外・国内旅行傷害保険も最高5,000万円と旅をサポートするには十分な金額になっております。

 

旅行も普段使いにも良いカードを探していました。

ポイントの有効期限がないのは良いですよね。

またポイントの交換先も色々あるのも助かります。

どうしても飛行機会社のクレジットカードになるとマイルにしか交換できないのでね。

私の家族は西友が近くにあるので5%引きの日にまとめて買い物をしていますよ。

またnanacoを登録すれば永久不滅ポイントとnanacoポイントとダブルでポイントが貯まりますしね。

家計にも非常に助かっています。

旅行に行った際は優雅に過ごせていますし、普段は家計で助かっていますし、こんな良いカード他にあるでしょうか。

色々クレジットカードを所有しましたが、私はこのカードが一番おススメですね。

 

3.クレジットカードを使用して国内旅行をしたらどのくらい得なの?

 

計り知れないくらいお得になりますよ。

普通に現金払いからクレジットカードに変えただけでも違いますからね。

そのクレジットカードも前述したカードに変えて頂けたらポイントの貯まり方も違いますし、大きいのは今

まで支払っていた「国内旅行保険」の代金も不要になります。

空港ラウンジもそうですよね。

またそのクレジットカードが持つ特典で、さまざまな旅先で割引や優待の恩恵に授かることができます。

ちょっと支払いの方法を変えるだけでこれだけのことが変わるのですよ。

もしかしたら旅行代もポイントで支払ってしまうことが可能になるかも。

これからは旅行に適したクレジットカードで支払いをしましょう。

 

4.ホテルや移動費や食費をクレカで賄った場合

 

ホテルや移動費、食費を一回の旅行でどれだけ支払っていましたか。

10万円ぐらいですか。

旅の仕方で支払う金額も異なると思いますが、これらの出費もなかなか高額になりますからね。

これらの出費もクレジットカードを使うことによって節約できますよ。

「ポイント?」

確かにそれもあります。

ただクレジットカードには様々な優待特典があるのですよ。

「このホテルなら○○引き」「このグルメなら○○引き」のような特典ですね。

年会費が高額なクレジットカードでしたら普段手が届かないようなホテルやグルメを堪能できるやもしれません。

また移動する際にもレンタカーを使うのなら、そのレンタカー割引が付与しているクレジットカードがあります。

せっかく使うのでしたら少しでも安く使いたいですよね。

 

5.おススメクレジットカード所持者が使用できる空港ラウンジ

 

空港ラウンジにも2種類あります。

「航空会社のラウンジ」と「クレジットカード会社のラウンジ」ですね。

「航空会社のラウンジ」には残念ながらクレジットカードを所有していても入れません。

また快適さや食事など色んな意味で「航空会社のラウンジ」の方が上回ります。

ただだからと言って「クレジットカード会社のラウンジ」悪い訳ではないですよ。

「空港ラウンジ」ですからね。

「シャワーを使わない」や「ちょっとくつろげるぐらいで。食事などとらないし。」と言う方であれば全く問題ございません。

あの混雑した空港内から少し外れてゆっくりできますし、ソフトドリンクも飲めます。

落ち着いた空間で過ごせるだけでもあなたを快適にしてくれることは間違いございません。

せっかくゴールドカードを所有して旅や出張に飛行機を使うなら、この空港ラウンジも有効活用したいですよね。

 

おススメしたクレジットカードが使えるラウンジは以下の通りになります。

日本国内ならほとんどどこの空港でも使えるし、ありがたいことですよね。

 

① JTB旅カード JCB GOLD

新千歳「スーパーラウンジ」「ロイヤルラウンジ」、函館「ビジネスラウンジ」、青森「エアポートラウンジ」、秋田「ロイヤルスカイ」、仙台「ビジネスラウンジEAST SIDE(3F)・WEST SIDE(1F)」、新潟「エアリウムラウンジ」、成田第1「IASS Executive Lounge 1」、成田第2「IASS Executive Lounge 2」、 羽田第1「エアポートラウンジ(南)(北)(中央)」、羽田第2「エアポートラウンジ(南・2Fゲートエリア内)(北・3Fチェックイン前ロビー)(北ピア・4Fチェックイン後ゲートエリア内)」、 羽田新国際線「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」、中部国際「プレミアムラウンジ セントレア」、富山「ラウンジらいちょう」、小松「スカイラウンジ白山」、伊丹「ラウンジオーサカ」、関西「カードメンバーズラウンジ(六甲)(金剛)(比叡)」「アネックス六甲」「KIXエアポートラウンジ」、神戸「ラウンジ神戸」、岡山「ラウンジマスカット」、広島「ビジネスラウンジもみじ」、米子「ラウンジDAISEN」、山口宇部「ラウンジきらら」、高松「ラウンジ讃岐」、徳島「エアポートラウンジ ヴォルティス」、松山「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」、福岡「くつろぎのラウンジTIME」、北九州「ラウンジひまわり」、大分「ラウンジくにさき」、長崎「ビジネスラウンジ・アザレア」、熊本「ラウンジASO」、鹿児島「スカイラウンジ菜の花」、那覇「ラウンジ華~hana」、ホノルル「IASS Hawaii Lounge」

 

② JAL アメリカン・エキスプレス・カード

新千歳「スーパーラウンジ」「ロイヤルラウンジ」、函館「ビジネスラウンジ」、青森「エアポートラウンジ」、秋田「ロイヤルスカイ」、仙台「ビジネスラウンジ EAST SIDE(3F)」、新潟「エアリウムラウンジ」、成田第1「IASS Executive lounge1」、成田 第2「IASS Executive lounge2」、羽田第1「エアポートラウンジ(南) (北)(中央)」羽田第2「エアポートラウンジ (南・2Fゲートエリア内)(北・3Fチェックイン前ロビー)(北ピア・4Fチェックイン後ゲートエリア内)、羽田新国際線「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」、中部国際「プレミアムラウンジ セントレア」「第2プレミアムラウンジ セントレア」、富山「ラウンジらいちょう」、小松「スカイラウンジ白山」、伊丹「ラウンジオーサカ」、関西「カードメンバーズラウンジ(六甲)(金剛)(比叡)」「アネックス六甲」、神戸「ラウンジ神戸」、岡山「ラウンジマスカット」、広島「ビジネスラウンジもみじ」、米子「ラウンジDAISEN」、山口宇部「ラウンジきらら」、高松「ラウンジ讃岐」、徳島「エアポートラウンジ ヴォルティス」、松山「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」、福岡「くつろぎのラウンジTIME」「ラウンジTIMEインターナショナル」、北九州「ラウンジひまわり」、大分「ラウンジくにさき」、長崎「ビジネスラウンジ・アザレア」、熊本「ラウンジASO」鹿児島「スカイラウンジ 菜の花」、那覇「ラウンジ華~hana」、ホノルル「IASS Hawaii Lounge」

 

③セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

新千歳「スーパーラウンジ」、 函館「ビジネスラウンジ」、青森「エアポートラウンジ」、秋田「ロイヤルスカイ」、仙台「ビジネスラウンジEAST SIDE(3F)」[WEST SIDE(1F)」、新潟「エアリウムラウンジ」、成田第1「IASS Executive Lounge 1」、成田第2「IASS Executive Lounge 2」、 羽田第1「エアポートラウンジ(南)(北)(中央)」、羽田第2「エアポートラウンジ(南・2Fゲートエリア内)(北・3Fチェックイン前ロビー)(北ピア・4Fチェックイン後ゲートエリア内)」、羽田新国際線「SKY LOUNGE」「SKY LOUNGE ANNEX」、中部国際「プレミアムラウンジ セントレア」、富山「ラウンジらいちょう」、小松「スカイラウンジ白山」、伊丹「ラウンジオーサカ」、関西「カードメンバーズラウンジ(六甲)(金剛)(比叡)」「アネックス六甲」、神戸「ラウンジ神戸」、岡山「ラウンジマスカット」、広島「ビジネスラウンジもみじ」、米子「ラウンジDAISEN」、山口宇部「ラウンジきらら」、高松「ラウンジ讃岐」、徳島「エアポートラウンジ ヴォルティス」、松山「ビジネスラウンジ」、福岡「くつろぎのラウンジTIME」、大分、「ラウンジくにさき」、長崎「ビジネスラウンジ・アザレア」、熊本「ラウンジASO」、鹿児島「スカイラウンジ 菜の花」、那覇「ラウンジ華~hana」、ホノルル「IASS Hawaii Lounge」

 

使用できる空港ラウンジは若干異なりますが、国内主要空港はどのクレジットカードも抑えていますね。

これらのクレジットカードを持って、更に良い旅になるよう使っていきましょう。