おすすめの法人クレジットカードについて比較し、それぞれのニーズにあったカードを紹介していきます。

法人カード

皆さんは「法人カード」をお持ちでしょうか。個人事業主の方や大手企業にお勤めのサラリーマンの方でお持ちの方は多いと思います。

 

「法人カードってなに?」

 

という方にも理解していただけるよう、今回は「法人カード」について詳しく解説し、おすすめの法人カードについて比較していきたいと思います。

個人事業主の方や中小企業のオーナーさんは特に必見でしょう。

より個人事業主について詳しく書いた記事は下記からどうぞ

個人事業主におススメなクレジットカードを比較

1法人カードは経理処理が便利

まず初めに、「法人カード」というものは、経営者が作ることができる「法人用のクレジットカード」となります。

 

一般的なクレジットカードと同様に利用することができるのですが、「法人カード」は「家族カード」のような形で「従業員」に対しても作成することができるようになっております。

 

「えっ?従業員に法人のクレジットカードを持たせて大丈夫なの?使い込むのでは?」とご心配な方はご安心ください。

 

一番の法人カードのメリットとして挙げられるのは、「法人の経費申請を簡素化することができる」という点なのです。

 

詳しく解説しますと、クレジットカードの概念として、「カード会社が利用者に代わって代金を立て替え、のちに返済してもらう」というものがあり、それによってカード会社は「お客様がいつ、どこで、いくら利用したかを明細として証明してくれる」わけです。

 

従来ある会社の経費申請は領収証を請求し、人数や用途等を記載してもらい、会社の経理に依頼をするという形が一般的と言えましょう。

 

ただその際には、従業員が一度立て替えたりしなければならないことが多く、社長のように多くお金を持っていない従業員からすると一時的な出費でも痛いわけです。また仲の良いお店に領収証を何枚も発行してもらい不正に請求を挙げるという方もいると言われております。

 

会社経営にとってリスクとなりうるこの点を排除してくれるのが法人カードであると言えましょう。

 

カード利用の明細と領収証さえあれば、いつどこでいくら利用したかを明確に証明することができ、経費申請の際も手続きの手間が半減されます。また請求は毎月決まって期日に全てまとめて口座から引き落としをかけることになるので、従業員にとっても社長にとってもメリットが高いと言えましょう。

2法人カードを最短で発行する方法

ここまでで、「法人カードは非常に便利なもの」であることはご理解頂けたでしょう。

そうなると頭の良い社長様や個人事業主の方は「今すぐにでも法人カードを作りたい」と思われるのではないでしょうか。

しかしながら現段階で「法人カード」の即日発行に対応しているカード会社はないのが現実です。

その理由としては「利用額が多くなる可能性が高い」からです。

法人は言葉通り「法律上人として認められたくくり」のことを言いますので、適切に利用分の返済ができることを調べる必要があります。

また、法人経費と言えば結構高額になることも多く、カード会社としてはすぐにカード発行できますよとも言えないのが現実です。

一般的に法人カードを申し込んでから「1週間から1ヶ月前後」でカードの発行が認められているようです。

とは言っても早く法人カードを受け取りたいという経営者も多いと思います。そこでおすすめできる「最短受け取りが可能な法人カード」を2つ紹介したいと思います。

カード名 JCB一般法人カード
ブランド JCB
年会費 1,350円(初年度無料)
利用限度額 30万円から100万円
ETC あり
ポイント還元率 通常0.1%
発行期間 申し込みから最短5日

 

そこで紹介するのが「JCB一般法人カード」です。このカードはなんといっても業界最短である「申し込みから最短5日」で法人カードを発行することができる点が一番の推しでしょう。

最近ではポイント還元などを気にされる方も多いと思いますが、日本初のクレジットカードブランドである「JCB」が運営を行っていることも含め安心して申し込むことができる法人カードであると言えましょう。利用後の実績を積み重ねれば上のゴールド法人カードなどにも申し込むことができるため、法人としてのカード利用実績を積み上げるカードとしては最適なカードとなること間違いありません。

短期で申し込みをしたい経営者の方におすすめです。

3おススメの法人カードランキング

最短発行可能な法人カードを紹介しましたが、法人カードを持つのであれば「保有メリットの高いカードを発行したい」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこでそのような方におすすめの法人カードランキングを1位から5位まで挙げてみました。

1位 アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード

2位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

3位 JCB法人カード

4位 EX Gold for Bizカード

5位 楽天ビジネスカード

以上のようなランキングとなりました。この中でも3位は先ほどもご紹介した「JCB法人カード」であり、やはり法人として安心して申し込みができる点とカードランクが分かれているという点からも、利用を重ねるごとにランクが上がっていくのが目に見えて分かる点が経営者のみなさんにうけているのでしょう。

4位に入ったカードはあまり聞きなれないカードであると思いますが、このカードはみずほフィナンシャルグループの信販会社「オリコ」が発行しているカードであり、このカードが今ひそかに人気を博しているようなのです。

理由は「年会費2000円を払うことでゴールドカードを所有する」ことができるからです。ゴールドカードの特徴である国内空港のラウンジ利用はもちろんですが、その他サービスを安価に受けることができ、かつカード利用限度額が最大300万円というまさに「個人事業主の味方」と言えるカードをオリコは発行しました。カードにおけるステータスを気にされない方にはぴったりであると言えましょう。

4アメックスは法人カードとして使い勝手がいい!

先ほどの項目でご紹介しましたが、やはりおすすめできる法人カードは「アメリカン・エキスプレス」ブランドでしょう。

 

カード名 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ブランド アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
年会費 28,080円 21,600円
ETC あり(5枚まで発行可能、年会費500円) あり(年会費無料)
ポイント還元率 100円ごとに1ポイント 1,000円ごとに1ポイント
発行期間 申し込みより1週間 申し込みより1週間

 

世界中の富裕層が保有しているのではと言われるほど「ステータスの高さ」で一目を置かれる「アメリカン・エキスプレス」のクレジットカードですが、1位に入った「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」ですと、「設立1年以内の企業でも申し込みが可能」となっております。

法人の社長や個人事業主にとって、自身のステータスを表するものの一つとして「クレジットカード」を挙げる方が多く、アメックスのカードを保有しているだけでも一目置かれること間違いないでしょう。

このカードは一般的なアメックスのカードステータスを大いに活用することができ、海外旅行保険はもちろんのこと、配送費などが割引になったりするなどビジネスに大変役立つ特典がついているのが特徴なのです。

大変充実したサービスが付与される「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」ですが、その中でも一番経営者に喜ばれるサービスとして「ジー・サーチ・ビジネス代行調査サービス」が挙げられます。

このサービスは日本最大のITサービストップである富士通の子会社である「ジー・サーチ」が行っているサービスで、企業情報などのビジネスに必要な情報の調査を依頼することができるというビジネス経営者にとっては大変有益なサービスであると言えましょう。

今サービスは年間52,500円という年会費が通常掛かってくるのですが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」の保有者は無料で利用をすることができます。

利用には別途お金が掛かってしまいますが、大変有益なサービスを手軽に利用出来る点からも大変有利なカードであると言えましょう。年会費が3万円弱と掛かってしまいますが、法人口座での決済が可能であり、かつ年会費は経費計上ができるので、個人で持つよりも有利であると言えましょう。

また同じ「アメックス」ブランドではあるものの、もう少し手軽に利用出来るカードに「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」が挙げられます。

「プラチナカード」と言いますと、ゴールドカードよりも一つ上のランクとなり、サービス内容も充実しているという高ステータスカードな訳で、通常は「招待制」となっております。

要は「自分で好き好んで申し込みができない」ことが多いのです。しかし、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」では「自身で申し込みする」ことが可能なのです。

 

かつ申し込み時の審査は他のプラチナカードに比べ優しいと言われており、条件に見合った方であれば申し込みは容易にできるカードなのです。

 

カードの特典はゴールドカード以上のサービス内容が用意されており、トラベルからビジネス活用に役に立つ内容を多いに揃えており、高所得のエリートサラリーマンや若手経営者などには大いにオススメしたい高ステータスカードであると言えましょう。

 

年会費は本家カードよりも安くなっており年間21,600円となっておりますが、1年間の利用合計額が200万円を超えていれば半額の10,800円に年会費が割引になります。法人カードとしての経費利用であれば年間200万円は悠に越すことが考えられますので、申し込むべき法人カードであると言えましょう。また法人カードとしてだけでなく個人でも申し込むことができますので、副業を行っている方にもメリットの高いカードであると言えましょう。

 

いずれにせよアメックスカードは日本だけでなく世界的にも「ステータスとサービス」を兼ね備えたメリットの高い法人カードであると言えましょう。

5やっぱりおすすめ楽天カード

続いて紹介する法人カードは「楽天ビジネスカード」です。このカードは利用者が増加しているネット通販サイト「楽天」が運営するクレジットカードであり、非常優れた特典で話題となっております。

なんといってもそれ以上に個人事業主の間で話題になっているようで、その理由は「個人のクレジットカードと合わせて審査をかける」という点です。

これまでは「法人カード」はあまり作りにくいと言われておりました。それは審査が厳しいと言われていたからです。

しかしこの「楽天ビジネスカード」は同時に「楽天プレミアムカード」という個人用のクレジットカードの申し込みを必須としており、審査が通ったさかいには、「楽天ビジネスカード」と「楽天プレミアムカード」との利用可能額を共有することを前提にカード発行を認めているのです。

新規事業を立ち上げたばかりの若手経営者の方々は、ネット社会になった現在ではどうしても法人用のクレジットカードが必要となりますが、その受け皿になりうるクレジットカードがこれまで存在していませんでした。

そこで楽天はベンチャー社長や夢を抱えた若手経営者にも申し込みが容易なゴールドカードを用意したのです。

カードステータスは申し分ありませんが、新規事業主の方の導入法人カードとして、その他の方でもサブカードとしての利用が魅力的なカードであると言えましょう。

6年会費無料の法人カード

法人カードの活用ポイントをいくつかご紹介してきましたが、そこで一つ疑問がでてくると思います。

それは「とりあえず年会費が無料の法人カードはないのか?」という点です。

実は法人カード業界での「年会費無料」はほぼ存在しないというのが一般的なのが現実です。経費計上ができるという点からも年会費を取るというのが一般的なのです。

しかしながら「年会費無料」の法人カードがない訳ではありません。そこで今回は「年会費無料の法人カード」を一つ紹介したいと思います。

そのカードは「ライフカードビジネス」です。個人向けクレジットカードでも「年会費永年無料」として有名なライフカードが発行している法人カードです。

このカードはもちろん「年会費永年無料」となっており、法人カードの導入にぴったりなカードであると言えましょう。

空港のラウンジサービスやその他の付帯サービスやポイントサービスは付いていない、とてもシンプルな法人カードですが、年会費無料という点を考えれば魅力的であると言えましょう。

7法人一年目はクレカが作れない!?法人カードの審査は厳しい!?

ここまでいくつかの法人カードを紹介してきましたが、経営者の方々の声を聴いてみると、

「立ち上げ1年目であるとクレジットカードが作ることができない」や「法人カードの審査はとても厳しい」といった声をよく耳をにします。果たしてそんなことがあるのでしょうか。

実は一概にそうは言えないという点が現実的な回答であると言えましょう。その理由として「クレジットカード発行会社の都合」があると言えましょう。

この点は個人でも一緒な訳ですが、カード会社にとって一番避けたい事態は「立替分の未回収」なのです。

この人の利用分を立て替えたものの、返済を受けなければカード会社は損をしてしまいます。それでは経営が成り立たなくなりますので、そのためにカードの発行審査を行います。

個人であればその方の年収や借入額、家族構成などを参考に利用額を設定することができますが、法人でも同じく設立からの経過年や売上、利益を元に法人カードの発行を審査するため、必然的に赤字企業や設立してから間もない企業にとっては大変難しい審査となる訳です。

ただ、あくまで機械的に審査を行えばという話ですが、審査する側には人がいる訳で、必ずしも上記の条件に満たないと審査に通らないという訳ではありません。

クレジットカードはあくまでも「信用を付与されたカード」ではありますので、倒産の可能性がある会社には発行しないというカード会社それぞれの基準に基づいた審査基準にさえ通過すれば法人カードは発行されるのです。

8法人カードを作れない理由はこれ!

実際に法人カードを作れなかった方の話を元に検証してみますと、法人の設立以外にも理由があるようです。

それは「経営者の信用情報」です。

法人であると関係ないと思われるかもしれませんが、法人を牽引しているのはあくまでも社長であり、法人の信用力=経営者の信用力を示すとも言われております。

仮に経営者の方が過去に自己破産をしていたり、カードの返済が滞ったりしてしまっていたりすると、法人にも同じようなことが起こりうるのではとカード会社が判断してしまいます。

法人カードの申し込み時には間違いなく社長のこれまでのクレジットヒストリーを確認すると思われますので、法人カードを申し込みしようと考えている経営者の方や、審査に落ちた方は今一度自分の身辺周りを検証してみましょう。

ただこの点が絶対ではなく、法人カードの審査が通らない理由もありその逆で審査が通る理由もあります。そこで3点審査に有利となると思われている点をお伝えしましょう。

 

  • 経営者の方がゴールドカード以上を保有すること
  • 固定電話を所有すること
  • 出張で行っているクレジットカード申し込みを利用すること

 

以上の3点が挙げられます。経営者がゴールドカード以上を保有していると信用力があると見なされ、法人カードが発行しやすくなると言われております。また、固定電話については「電話加入権」という権利を有していることになり、信用を持った法人であると見なされます。そして街頭などで行っているクレジットカード申し込みブースなどでの申し込みであると、カード会社が「申し込み者を増やしたい」という意向の元行っている訳ですので、通常に申し込むよりも審査が通る可能性が高まります。

このような点を参考に法人カードを申し込みさえすれば審査が通る可能性も高まるでしょう。

9法人カードでポイント還元率。ポイントをためるとこんなにお得

ここまでで紹介してきたカードの中で、「ポイント還元」がついているものも多くありました。ポイントは個人だけでなく法人に対しても付与される訳で、有効的に活用すれば非常に役に立つことがあります。

例えば会社の経費を法人カードで精算し、付与されたポイントを活用し、社長の出張時の航空券をポイントと引き換えることもできるのです。

その他様々ありますが、これまでであれば何気なく経費を現金で支払っていたところ、法人カードを通すことでポイントが付与されるというお得な事態になる訳です。

賢い経営者であればどちらが有利かはすでにご理解いただいていらっしゃることでしょう。

10法人カードの名義ってどうなるの?

法人カードとなると、カードに会社名が載るのでは?と思いの方も多いと多いと思います。

実はカードの名義は個人のクレジットカードと同様に「個人名」が載るのです。

法人カードなのにどうしてと思いの方も多いと思いますが、これには一つ理由があります。

それは「誰が使用したかを証明するため」です。

法人カードは経費申請が可能となるクレジットカードであるため、法人の経営者や社員が利用し、かつ誰が使用したかを証明できなければ会社の経費として簡単に認めることができないのです。

そこでカードには申し込んだ方の個人名が記載されます。元々カードを申し込んだ段階で「会社名」などは控えられておりますので、それで経費申請ができるのかと疑問に思われたのであれば安心してください。

11法人カードで海外旅行。マイルのたまるカードはこれ

法人カードは多額の資金を決済する可能性がありますので、利用金額が多大になることが考えられます。これまでであれば全て現金で決済してきたでしょうから何もメリットがなかったでしょうが、この利用代金を「マイル」で還元してもらえれば、経営者の慰労のために海外旅行でもできるのではないでしょうか。

そこで「マイル」がたまる法人カードを一つ紹介します。

それは先ほども紹介した「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

このカードはJALとANA双方で貯まったポイントをマイルに交換できるようになっております。具体的には貯まったポイント200ポイントに対してJALは500マイル、ANAは600マイルと交換することができます。

通常で考えると10万円の利用で200ポイントとなりますので、年間に200万円利用した場合、JALで10,000マイル、ANAで12,000マイルと貯めることができるのです。

さらにJALの場合、予め「ショッピングマイルプラン」に登録をすれば1,000円のカード利用ごとに10マイルが貯まるというお得なカードとなっております。

海外旅行をされる方や旅行好きな方にはおすすめな法人カードであると言えましょう。

 

12法人カードは家族カード作れる?

法人カードをお持ちの個人事業主の方にとって、「家族カード」は発行できるのか疑問の方も多いでしょう。

 

実はカードの発行スタイルで異なりますが、これまでご紹介してきた個人申し込み可能の「法人カード」であれば、家族カードも発行可能です。

 

ただし、「コーポレートカード」という大企業の会社自身を信用として発行させている法人カードですと家族カードは発行できません。

 

ですので、家族カードを発行したいとお考えであれば一度確認してみたほうが良いでしょう。

13ブラックカードのある法人カード

法人カードにはブラックカードが存在しないのです。個人の方のように富裕層等の区別が付けにくいという理由があるからです。

しかしながらその特典に匹敵するカードは「プラチナカード」であると言えましょう。

プラチナカードでも簡単に申し込むことができるカードとして、先ほども紹介した「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」が挙げられます。

是非高ステータスを求める方にはご紹介したいカードであると言えます。

14法人カードのメリットとデメリット

ここまで様々にご紹介してきましたが、最後に「法人カード」のメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 

メリット

・経費計上が手軽に行える

・法人決済でもポイントが貯まる

・社員にも付帯することができ、経費処理が楽になる

 

デメリット

・分割払いができないカードがある

・年会費無料の法人カードがほぼない

 

メリットはこれまでご紹介してきました。大変メリットがあるものであると思い頂けたと思います。

 

一方でデメリットに関しては2つほど挙げてみましたが、実はこの点はほぼデメリットはないと言っても過言ではありません。現在では「分割払い」や「年会費無料」の法人カードも続出しておりますので、法人カードは大変有益的なものであると言えましょう。

 

是非とも法人カードをお持ちではない法人経営者はこの機会に申し込みを検討してみては如何でしょうか。