お金

クレジットカードには2種類の利用枠があります。

一つは「ショッピング枠」、もう一つは「キャッシング枠」です。

「ショッピング枠」は、そのカードの加盟店で、最大○○円まで使用できます、と言う限度額です。

「キャッシング枠」は、お金が必要になった時、すぐにこれだけのお金が用意できますよ、と言う限度額になります。

このような経験はありませんか。

「明日クレジットの引き落とし日だが、手元にお金がなく支払いができない。」

このような時に、クレジットカードのキャッシングを使えば、助かりますよね。

キャッシングでお金を借り、クレジットカードの返済にあて、給与が入れば、キャッシングの返済をおこなうようにすれば良いのです。

このようにすることによって、信用情報に傷が入ることを防ぐこともできるのです。

金利は少し高めですが、「急にお金が必要」となった時には非常に助かるものです。

キャッシング枠のあるクレジットカード

ほとんどのクレジットカードにキャッシング枠があります。

審査がありますので、希望金額が通るかどうかは別になりますが、ショッピング枠の中でキャッシング枠の金額ができるようになります。

キャッシング枠がないクレジットカードは「ビューカード」です。

2009年4月1日以降、新規で作られたビューカードにはキャッシングサービスがありません。

クレジットカードのキャッシング利用方法

クレジットカードのキャッシングによる、現金の借り入れをする方法は、二通りあります。

1.クレジットカードを利用して、銀行やコンビニATMで借り入れする。

2.クレジットカード会社のWEBサイトから、WEBキャッシングをおこなう。

になります。

1.は銀行からお金を引き出すのと、ほとんど同じ方法です。

いつもは「引き出し」のボタンを押していたと思いますが、ここでは「借り入れ」のボタンを押します。

そして、暗証番号を入力したら、完了になります。

2.もWEBサイトから、借入したい金額と、暗証番号を入力するだけです。

入力が完了すると、いつもクレジットカードのご利用金額が引き落としされている銀行口座に入金されます。

誰でも使用出来る簡単な仕様になってます。

 

海外でのキャッシング

キャッシングをおこなうことによって、一番のメリットは海外でキャッシングを利用出来ることではないでしょうか。

海外では日本円をそのまま使うことはできません。

では、現地でどのように使うのかと言うと、日本円を現地の通貨に両替をした上で、利用することになります。

両替は意外と手間です。

日本で両替してから現地に持っていくにしても、現地で両替するようにしても大変です。

まず、両替ができる場所を見付けなければなりません。

日本で両替ができる場所を探すのは比較的簡単ですが、海外なら現地の言葉で書かれた空港や銀行などで両替できる場所を探さないといけません。

現地の言葉に精通していれば良いですが、初めてならとても不安ですよね。

また、両替による手数料もかかりますし、常に大金を持っている訳なので防犯上も良くありません。

その点、クレジットカードのキャッシングでしたら、その手間が無くなります。

両替不要、もちろん両替手数料もかかりません。

また、必要なお金を少額から引き出せるので、大金を持ち歩く必要もなくなり、防犯上も良くなります。

引き出されるお金も現地の通貨なので、当然両替は必要ありません。

クレジットカードによるキャッシングの一番のメリットは、キャッシングなので利息は発生してしまいます。

しかし、クレジットカードによる両替は、海外滞在期間がそれほど長くなく、帰国後一括返済をしてしまえば、両替手数料より安く済みます。

キャッシングに審査が必要!?

クレジットカードを作成する際に、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」を入力する項目があります。

クレジットカードの発行の際には、この2つの枠、どちらにも審査があります。

審査内容は信用情報になるので、そこまで変わらないのですが、「キャッシング枠」の方が審査は厳しめになります。

なぜなら、「ショッピング枠」で購入した商品は、完済するまではクレジットカード会社に商品の所有権が存在します。

そのため、担保されていることになります。

しかし、「キャッシング」の場合、商品ではなく、現金を貸すことになりますので、下手すると貸し倒れのリスクも発生します。

そのため、キャッシングに審査は必要ですし、審査も厳しくなります。

ただ、きちんと返済していれば、後々の審査はありません。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法は「一括払い」と「リボ払い」があります。

その名の通り、「一括払い」は元金と利息を一括で返済する方法になります。

「リボ払い」はカードの利用件数や金額に関わらず、毎月の支払額を定額にする方法です。

一括返済が難しくなった時には助かる支払い方法ですね。

また、借りたお金をカード会社が定めた口座引き落とし日に返済するものが多いです。

ただ、最近はATMやインターネットでも返済できるクレジットカードが増えてきていますので、キャッシングをするなら、そちらのカードの方がお得です。

口座引き落とししか返済できないタイプのキャッシングになりますと、借りた日にもよりますが、すぐにでも一括返済ができるのに約1~2か月分の利息を支払わないといけなくなります。

キャッシングの際には、ATMでも返済が可能なのか調べてから借りるようにしましょう。