アイフォン

2016年10月25日より、アップルペイの利用が開始となりました。

今まで「おサイフケータイの機能がないから」との理由で、iPhoneの使用を避けられていた方も多いと思います。

このアップルペイの利用が開始することによって、従来からiPhoneを利用されていた方は便利になりますし、またおサイフケータイのためにAndroid端末を利用していた方も、機種変更時にiPhoneを選択肢に入れることができるようになりました。

海外ではiPhone6sシリーズに搭載していた「NFC」と言う技術を使用したアップルペイが一足先にありましたが、日本ではこの「NFC」はほとんど普及していないため、機能があってもほとんど意味のない状況になってしまっていました。

今回、日本向けに作られたiPhone7 / 7Plus、Apple Watch Series 2が非接触型ICカードのための通信技術である「FeliCa」を搭載したことで実現しました。

アップルペイの仕組みは、おサイフケータイと同じような仕組みになったのですね。

「FeliCa」機能を搭載したことで、iPhone7 / 7Plus、Apple Watch Series 2に「FeliCa」の読み取り機と信号をやり取りすることができ、交通機関や実店舗で決済をおこなうことができるようになりました。

ただこの「FeliCa」機能はiPhone7から始まった機能なので、iPhone7以前のiPhoneや、日本向けではないiPhoneでは残念ながら、使用はできません。(Webやアプリ上は除く)

このアップルペイは、年会費・登録費・維持費も全て無料になっている上、非常に便利な機能になっています。

iPhone愛好家も、新しくiPhoneを所有しようと考えている方も、このアップルペイを上手く活用して、お得につなげていきましょう。

持っていないのは損?アップルペイはクレジットカードで払うのが俄然お得!

「アップルペイってAppelの新しい電子マネー?」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

これは少し違いまして、「アップルペイとは、それ自体が電子マネーと言うわけではなく、クレジットカードや一部プリペイドカードを登録しておく箱」の名称になります。

クレジットカードを登録し、そのカードの機能をiPhoneに移して、iPhone内で自由に使えるようにする仕組みですね。

そのため、アップルペイを利用する前提に、クレジットカードがなければ利用できないことになります。

クレジットカードの各種情報をiPhone7に登録をしておけば、iPhone7やApple Watch Series 2をタッチしただけで電車に乗ることができるようになります。

また、電子マネーが使用できる店であれば、iPhone7やApple Watch Series 2をかざしただけでお支払いを済ませることができます。

「たったそれだけ?」と思うかもしれません。

ただ、それだけのことができるようになるだけで、非常に楽になりますよ。

今までこのようなことはなかったでしょうか。

「電車に乗るために必要なSuicaのために、Suica用のカードケースを1枚新調した。」

「カードがたくさんあり過ぎて、まとめて入れることができるカードケースを別に用意した。」

「お支払いのたびに、鞄から財布を出し、また財布からクレジットカードを出していた。」

Suicaやクレジットカード愛好家から見たら、何気ない普通のことですよね。

ただ、クレジットカードがあると、カードケースや財布を入れる場所を作ってあげないといけません。

仕事でスーツを着ている方であれば、まだ良いかもしれませんね。

上着やズボンにもポケットがありますし。

あまりポケットのついている服を着ない方であれば、ポケットに限りがでてきます。

ただ、ポケットがあったとしても、カードを入れるたびに膨らんでいくポケットは見栄えもあまり良くないですよね。

また、ポケットに収まりきらず、鞄にカードケースや財布を入れたとしましょう。

電車に乗り降りするたび、お支払いをするたびに、鞄の中からゴソゴソとSuicaやクレジットカードを探し出さないといけなくなります。

非常に手間と感じないでしょうか。

アップルペイなら、iPhone7にSuicaやクレジットカードを登録してしまうことで、これらの行動が全て不要になり、全てが解決してしまいます。

iPhone7ならポケットに入れている方が多いでしょうし、また鞄の中に入れていたとしても、iPhone7だけを探せば良くなります。

いちいちクレジットカードを持ち歩かなくても済みます、お出かけ前にカードが入っているかどうかを確かめる必要もなくなります。

非常に楽ですよね。

 

アップルペイの登録方法

Suicaとクレジットカードをアップルペイに登録する方法は、少し違います。

しかし、どちらも複雑なことはないです。

1度登録してしまえば、問題ないので、すぐにアップルペイに登録してみましょう。

 

Suicaの登録方法。

 

アップルペイにSuicaを登録するには、まず、Suicaに記載されている4けたに番号を入力します。定期券や記名式のSuicaの場合は、生年月日も入力します。

続いて、iPhpne7の下にSuicaを置いて読み取るだけです。これで登録は完了になります。ただアップルペイに登録をした時点で、カード式のSuicaは使用できなくなるので、注意が必要です。

 

アップルペイのクレジットカードの登録方法。

 

こちらは簡単に言えば、iPhone7のカメラで、クレジットカードを読み取るだけです。

カメラでクレジットカードに記載されている、クレジットカード番号・名前・有効期限を読みとらせた上、認識させます。

ただ、セキュリティコードの入力は所有者本人がおこなうことになります。

もし、クレジットカードの記載内容が上手く読み取れなかった場合は、それも所有者本人が入力をおこなうことになります。

最後、そのクレジットカードが所有者本人かどうかを確認する認証コードがSMSなどで送られてきます。

それを入力したら、完了になります。

 

どちらもiPhone7にカード情報を読み取らせることによって、ほとんど終わります。

簡単ですよね。

 

クレジットカードがアイフォンで使える!それがアップルペイ

 

iPhone7やApple Watch Series 2にクレジットカードの情報を登録して、自由に使える仕組みをアップルペイであると、前述致しました。

「ではアップルペイに、ポイント還元率が高いクレジットカードを登録したら、お得である上、楽になるのでは」と思った方が多いでしょうね。

筆者も正直それが一番おススメだとは思います。

ただ残念ながら、アップルペイに登録できるクレジットカードは限られております。

アップルペイに登録できるクレジットカードは、以下のカードになります。

イオンカード・オリコカード・クレディセゾン・ソフトバンクカード・ビューカード・三井住友カード・三菱UFJニコスカード・楽天カード・au WALLETクレジットカード・dカード・JCBカード・TS CUBICカード、になっております。

「誕生日月にポイントが5倍になる、ライフカードがない。」

「ポイントとキャッシュバックで還元率1.5%になる、P-one WIZカードがない。」と思った方がいらっしゃるかも知れませんね。

還元率が高くて有名なこのカードは登録できないのです。

また「アメリカン・エキスプレス・カード」も登録できません。

これらのクレジットカードをメインとして使用されていた方は、アップルペイ用にカードを作らないといけなくなります。

どのクレジットカードでも登録ができる訳ではないのですね。

また、登録できるカードはSuicaとクレジットカードと合わせて8枚になっています。

ただ、クレジットカードを8枚以上所有される方はほとんどいらっしゃらないと思いますので、この登録できる枚数はほとんど気にしなくても良いかもしれません。

アップルペイで登録したクレジットカードを利用して支払いをすれば、そのクレジットカードのポイントがそのまま付与されます。

アップルペイに登録できるクレジットカードをメインカードとして使っていたのであれば、登録することにより、得なままで非常に便利になりますよね。

 

アップルペイのセキュリティは大丈夫?

 

アップルペイは、iPhone7に取り込んだクレジットカードの情報を、「Walletアプリケーション」内で保管されている状態になっています。

クレジットカードが苦手な方の理由の一つとして、「個人情報がもれるのではないか」と言う心配があります。

「クレジットカードでも心配なのに、そのカードの情報をアップルペイに入れてしまって大丈夫だろうか。」「カード情報をiphone7から盗まれたりしないだろうか」と心配する方が多いと思います。

このアップルペイにその心配は無用になります。

アップルペイのセキュリティは、普通にクレジットカードを持ち歩くより、大変強固で万全な対策が取られています。

クレジットカードに関する犯罪で多いものが「スキミング」による犯罪です。

この「スキミング」とはクレジットカードから、その所有者の情報を盗み取る犯罪です。

クレジットカードをその犯罪者に渡すことによって、起こる可能性の高い犯罪ですね。

ただ、犯罪者はどこにいるかわかりませんし、もしかしたら、お支払いの際に渡した店員の可能性もあります。

その「スキミング」対策を、アップルペイでは強固なものにしています。

どのような対策がおこなわれているかと言いますと、

1.iPhone内に取り込まれたクレジットカードの情報は、全て暗号化されており、その上で保存されています。画像やカード番号がそのまま入っている訳ではないので、そのため情報が外部に漏れる心配はありません。

また実際の決済でやり取りされるのは、カードの情報ではなく、単なる割り当ての番号です。しかもこの番号は、決済の度に更新されますので、万一第三者の手に渡ったとしても、個人情報が漏れることはありません。

2.アップルペイは、利用者の個人情報が保護される設計になっており、利用者を特定される可能性のある取引情報を一切収集しないことになっております。

3.アップルペイでの支払いは、非接触型の決済であるため、クレジットカードのように、店員に渡す必要性がない上、必ずTouch IDで指紋認証をおこないます。

いかがでしょうか。

クレジットカードで起こりえる心配を全て解決するセキュリティ対策になっています。

1.でクレジットカードの番号を盗み取られる心配がない。

2.で取引情報を一切収集しないため、利用者を特定されることがない。

3.全て、所有者の行動で支払いが済んでしまうため、第三者に渡す必要がない。

 

セキュリティに関しても、全く心配することはないですよね。

 

アップルペイが使える電子マネーはどれ?

 

アップルペイは登録できるクレジットカードが決められているように、使える電子マネーも決められてしまっています。

アップルペイで利用できる電子マネーは、交通系電子マネーのSuicaと、後払い式電子マネーのiDとQUICPayが利用できるお店に限られています。

「公共料金をnanacoで支払っているから、使えたら良かったのに。」と言う声もあるでしょうが、現段階では使用できません。

交通系電子マネーSuica以外のエリアにお住まいの方、楽天Edyやnanaco、WAONなどを使用している方は、少し残念な結果です。

しかもアップルペイに登録したクレジットカードによって、使える電子マネーが異なってきます。

iDが利用できるようになるクレジットカードは

イオンカード・ソフトバンクカード・三井住友カード・dカード

QUICPayが利用できるようになるクレジットカードは

オリコカード・セゾンカード・ビューカード・三菱UFJニコスカード・au WALLETクレジットカード・JCBカード・TS CUBICカード

になります。

 

iDとQUICPayと、どちらの電子マネーを利用したいのかを先に考えておかないと、登録した後で利用できないと言うことが起こりえます。

 

クレジットカードが利用できず、電子マネーのみが利用できるお店で代表的なのはマクドナルドですね。

ただ、マクドナルドもiDは利用できますが、QUICPayには対応していません。

もし、マクドナルドでアップルペイを利用したいとなると、登録するクレジットカードは、iDが利用できるようになる、「イオンカード・ソフトバンクカード・三井住友カード・dカード」を登録することになります。

間違えないように、気を付けないといけませんね。

後、よくある疑問点として「クレジットカードにiDやQUICPayが付いていないと利用できないのか」と言う疑問です。

このことに関しては、全く問題ありません。

クレジットカードにiDやQUICPayがついていなくても、アップルペイに登録できるカードであれば、自動的にiDかQUICPayが割り振られて、利用することができますよ。

 

アップルペイを使用するのにおススメのクレジットカード

 

アップルペイを利用することにより、Appelのポイントが貯まる訳ではありません。

ですので、アップルペイに登録できるクレジットカードであれば、自分に一番合うカードを選んで頂けたらと思います。

 

アップルペイでiDを使いたいならおススメのカード3枚

 

1.docomoユーザーなら dカード GOLD

年会費 10,800円(税込)

ポイント還元率 1%

 

年会費が掛かってしまいますが、それをあまりあるポイント還元率とサービスを提供してくれる、クレジットカードです。

docomo携帯とドコモ光の利用料金ならポイント還元率が10%になり、毎月9,000円以上の料金を支払っていると、実質無料で利用できます。

dカードケータイ補償の期間が3年になる上、補償の金額も10万円になります。iPhone7の保険となるApple care+に入らなくても良くなりますね。

また、iD利用で、マクドナルドの商品購入金額から3%引き、ローソンなら商品購入金額から5%引きの特典が受けられますよ。

 

2.イオンのサービスを満喫したいなら イオンカードセレクト

年会費 永年無料

ポイント還元率 0.5%

 

年会費永年無料は大きいですね。ただポイント還元率が0.5%とやや低め。ただ普段のお買い物は全てイオンと言う方には非常におススメになっているクレジットカードです。

イオン・イオンモール・ダイエー・マックスバリュなどの対象店舗で利用すると、200円(税込)ごとに2ポイント進呈で、還元率1%になります。

また、イオングループでの利用で、毎月20日と30日は「お客様感謝デー」で5%引き、さらに55歳以上の方ですと、15日も5%引きになります。

イオン銀行の口座があると、普通預金の金利が年0.12%に、また給与振込口座や公共料金の支払いに応じて、ときめきポイントが貯まりますよ。

アップルペイでのSuicaチャージで還元率0.25%のときめきポイントが付与されるのも、地味におおきいですよね。

 

3.25歳以内なら 三井住友VISAデビューカード

年会費 初年度無料 二年目以降 1,350円(税込)(年間1度の利用で翌年無料)

ポイント還元率 1.0%

 

年会費初年度無料で二年目以降も年に1度の利用で無料になるお得なカード。

ポイント還元率も1.0%と高く、また入会3か月は5倍の、ポイント還元率2.5%になります。

26歳以上になると「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップ。

ステータスカードを所有するための、第一歩としてはおススメのカードです。

ただ、VISAブランドはWeb決済には未対応なので、そこだけは注意が必要です。

 

アップルペイでQUICPayを使いたいならおススメのカード3枚

 

1.楽天でメリットを感じたいのであれば 楽天カード・楽天銀行カード

年会費 永年無料

ポイント還元率 1.0%

 

年会費永年無料で、さらにポイント還元率1.0%と高め。これだけでも十分ですよね。

また楽天市場や楽天ポイント加盟店で利用すると、お店に応じてポイント還元率が大幅にアップします。

またnanacoチャージや、楽天Edyチャージでもポイントが貯まる、すごいカード。

アップルペイのSuicaチャージでも、ポイント還元率が1%とすばらしいカードです。

 

2.ネット通販をよく使うなら Orico Card THE POINT

年会費 永年無料

ポイント還元率 1.0%

 

年会費永年無料で、さらにポイント還元率1.0%と高め。ETCカードも無料です。

楽天市場に限らず、AmazonやYahoo!ショッピング、他のネット通販でも還元率2.0%以上になります。

MasterCardブランドでau WALLETにチャージすると、チャージ時の1.0%と使用時の0.5%でポイント還元率1.5%になります。

アップルペイのSuicaチャージでも、ポイント付与されます。

 

3.ゆくゆくはステータスカードを考えているなら JCB CARD EXTAGE

年会費 新規入会後、5年間は無料

ポイント還元率 0.75%

 

18歳から29歳までが持てる、JCBカード。ETCカードも無料です。

入会から3か月はポイントが3倍、ポイント還元率が1.5%になります。

海外利用なら、ポイント還元率1.0%、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店でお支払いすると、ボーナスポイントが貯まります。

 

Suicaユーザーにおススメのクレジットカード

 

1.ビックカメラSuicaカード

 

年会費 初年度無料 二年目以降 515円(税込)(年間1度の利用で翌年無料)

ポイント還元率 1.0%

 

年会費初年度無料で二年目以降も年に1度の利用で無料になるお得なカード。

ポイント還元率も1.0%と高い。

Suicaチャージで1.5%のポイント還元を受けることができます。

また、ビックカメラでの支払いをSuicaにすることで、チャージによる1.5%のポイントと購入商品のポイントを満額受け取ることができます。(ただしSuicaチャージは2万円分まで)

 

2.VIEW Suicaカード

 

年会費 515円(税込)

ポイント還元率 0.5%

 

ポイント還元率が0.5%とやや低めだが、JR東日本でのSuicaチャージ・オートチャージ、窓口での切符購入、定期券の購入ではポイント還元率が1.5%となる、高還元率カード。

アップルペイのSuicaチャージでも、ポイント付与されます。

年間のご利用金額に応じて、ボーナスポイントの進呈があり。

 

3.ルミネカード

 

年会費 初年度無料 二年目以降 1,029円(税込)

ポイント還元率 0.5%

 

ポイント還元率は低めだが、ルミネでのお買い物で、いつでも5%引きになるお得なカード。

年に数回10引きのキャンペーンをおこなっていることがあり、その時期に1万円以上購入すると年会費の元が取れます。(5%引きの際は、2万円以上)

ルミネでの1年間の利用金額に応じて、「ルミネ商品券」を進呈。

JR東日本でのSuicaへのチャージ・オートチャージ、窓口での切符購入、定期券の購入ではポイント還元率が1.5%となる、高還元率カード。

 

4.ANA VISA Suicaカード

 

年会費 初年度無料 二年目以降 2,160円(税込)

ポイント還元率 0.5%

 

Suicaチャージで唯一マイルを貯められるクレジットカード。

ANA VISA Suicaカード5マイルコースなら、Suicaチャージ1,000円で1ポイント。1ポイントを5マイルに交換できます。(1%還元/国内線特典航空券交換の1マイル2円で計算)

ANA VISA Suicaカード10マイルコースなら、Suicaチャージ1,000円で1ポイント。1ポイントを10マイルに交換できます。(2%還元/国内線特典航空券交換の1マイル2円で計算/追加手数料6,480円(税込))

カード継続時に、毎年1,000マイル進呈。

「カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録、また「マイ・ぺイすリボ」の登録で、年会費の割引があり。

ただ、VISAブランドはWeb決済には未対応なので、そこだけは注意が必要です。

 

アップルペイに登録できない理由

 

「アップルペイに登録すると、非常に楽になるから、Suicaを登録しよう」と思って、やってみたが、登録できなかったことはないでしょうか。

アップルペイに登録できないSuicaのカードがあり、以下のSuicaカードは登録できません。

 

クレジットカードと一体型のSuica

ゆうちょ等、銀行キャッシュカードと一体型のSuica

高校・中学・小学生用の通学定期Suica

小児用My Suica

社員証や学生証との一体型のSuica

JR東日本以外で発売されたSuica

改札に入場状態になっているSuica

既にアップルペイに登録されて、無効となってしまったSuica

既に払い戻し済みで、無効となってしまったSuica

Suicaチャージ残高が、19,501円以上のSuica

 

これらのSuicaは登録ができませんので、注意が必要ですね。

 

アップルペイが入ったiPhoneが盗難されたらどうすればいいの?

 

セキュリティが強固なことは、前述致しました。

ただ、どうしても、不可抗力はありますよね。

自らのミスで、iPhone7やApple Watch Series 2を失ってしまったり、また第三者に盗まれてしまった場合です。

このような時、クレジットカードの情報が入っているiPhone7やApple Watch Series 2を「どうしたら良いの」と、思ってしまいますよね。

ほとんどの方が、このような事態が起きた場合、「サービス提供先に電話をして対処する」と言うことが浮かぶと思います。

ただ、どうしてもクレジットカード会社にお願いすることになりますので、時間ロスが生まれてしまいますし、また、クレジットカードに不正利用の補償があったとしても、その後のことを考えるとなかなか大変です。

しかし、このアップルペイでiPhone7の紛失や盗難のできごとが起こった際には、このように対処することができますよ。

ただ事前に以下の設定が必要になります。

iPhoneを手にしたら、すぐに設定しておいてください。

 

設定のiCloudから「iPhoneを探す」と「最後の位置情報を送信」をONにします。基本はこれで大丈夫なのですが、ロック解除に必要なパスコードも設定しておいたら、なお良いですよね。

 

このような設定をした、iPhoneを紛失、盗難した際の対処方法

 

1.「iPhoneを探す」機能で、デバイスを紛失モードに設定し、アップルペイの使用を一時停止にする。

2.リモートワイプ(遠隔消去)によって、デバイスを完全に消去してしまう。

3.iCloud.comでアップルペイを使った支払い機能を無効にする。

 

このように、紛失や盗難に気付いた瞬間、即座に自分で対処することができるのです。

カード会社にお願いをして、カードの使用を止めてもらうことを考えたら、全然違いますよね。

自分で先に止めてから、カード会社に電話するだけでも、かなり変わってくるはずです。

 

実際にアップルペイを使用した体験談

 

筆者は関東在住、30代のiPhone愛好家である。

今まで、クレジットカードに興味があり、お得を満喫するため、色々調べてはたくさんのカードを所有していたのだが、これがまた大変。

カードだらけになるのですよね。

クレジットカード、ポイントカード、定期券、細かいところで言うと、免許証、保険証、社員証など。

効率よく使うために、定期券、免許証、保険証、社員証で一つのカードケース、財布の中にはよく使うクレジットカード、ポイントカード用に別にカードケースを用意、また、あまり使っていないクレジットカードとポイントカードを家に保管用として別のカードケースを使用していました。

財布とカードケースでなんと4つも持っていたのです。

同じ職場の同僚は、Android端末で「おサイフケータイ」の機能を使っていたので、明らかに筆者より持っているカードは少なく、スマートに生活していたと思う。

「筆者もAndroid端末に変えたら?」と言われることも多々。

ただiPhone愛好家の筆者からすると、それはできないことでした。

2016年10月25日、アップルペイのサービスが開始。

それは筆者の中では、かなり衝撃的なことでした。

ただ、アップルペイが使用できるのがiPhone7 / 7Plus、Apple Watch Series 2とのこと。

急いでiPhone7への機種変更をしましたよ。

アップルペイでもポイント還元率によるお得を享受したい筆者は、iD用でdカード GOLD、QUICPay用で楽天カード、Suica用でVIEW Suicaカードを登録しました。

VIEW Suicaカードの登録で、QUICPayが利用できるのですが、楽天カードの方が還元率が高いですからね。

別に登録してみました。

今までと違って、一番便利に感じたのは、Suicaですね。

Suicaが使えるところが、全てiPhone7で済んでしまいます。

今までやっていたカードを探す作業はなんだったのだろうかと思う日々です。

しかもSuicaに関しては、iPhone7をカードリーダーにあてるだけで、決済が終わってすごく便利です。

iDやQUICPayだと、少し手間ですね。

指紋認証が上手くいかない時があって。

セキュリティの観点からしたら、仕方のないことで、筆者がもう少し上手く使えるようになったら、それも手間と考えなくなるのでしょうがね。

今のところは、Suicaで支払いができるところは、全てSuicaで支払うようにしましたよ。

また、Suicaへのチャージは、当然VIEW Suicaカードでおこなっています。

そのために登録したようなものですからね。

Suicaへのチャージで還元率1.5%はかなり大きいですからね。

還元率がそのままで、手間だけ省けて非常にアップルペイで助かりました。

また、筆者は主張でよく関西や北海道など、全国各地に行くことがあります。

アップルペイだとSuicaの「いつでもどこでもオートチャージ」ができるのですよ。

今までなら、店員さんに「Suicaチャージお願いできますか」と言わないといけなかったですし、大阪に出張で来た際は、VIEW Suicaカードを持っていても、オートチャージができませんでした。

アップルペイだとこの悩みもなくなり、どこでもその都度チャージしてくれます。

これが本当に助かります。

電子マネーのiDとQUICPayの両方を使えるようにしましたので、今までクレジットカードが利用できなかったマクドナルドでのポイントの取り損ねも無くなり、少額決済でわざわざクレジットカードを出さなくて済むようになりました。

財布の中もすっきりしましたよ。

アップルペイが使えなかったことがあると困るので、万一のためのクレジットカードを財布に1枚、入れるだけで済むようになりました。

そのため、今は定期券を入れていたカードケースは不要になりましたよ。

免許証と保険証は財布にしまうことができましたしね。

本当にアップルペイのおかげで、クレジットカードや現金を出すことが無くなりましたね。

スーツのポケットはiPhone7しか入れないようになってしまいました。

まだまだ、アップルペイのサービスが始まったばかりでこれからなのでしょうが、いずれはnanacoや楽天Edy、ポイントカードも登録出来たら本当に便利だなと思いました。

多くのカードを集約できるアップルペイを「まだかな」と待ち焦がれています。