給料の低い20代のころは、支払が遅れることが怖くて現金主義を貫いていた人も、ある程度の収入が期待できる30代になるとクレジットカードを利用しようかと考える人が増えます。

また、コンビニなどのレジで小銭を出して支払をしていると、混み合ったレジでは迷惑がられます。

クレジットカードは1枚持っていたほうがいいのです。

「クレジットカードは必要ない」と言う方もいらっしゃいますよね。「クレジットカードだとどれだけ使ったか把握しづらいので、目ですぐ減っているのがわかる現金払いや残高以上の支払いができない電子マネーで十分。」と。その考え方も理解はできます。

ただクレジットカードを持っていないことは非常に恥ずかしい事です。

なぜならクレジットカードはただ単に支払いをするためのカードではなく、あなたの信用度合いをはかるための一つのツールとして使用されているのです。

将来的にクレジットカードを持っていないと言う事は、「信用がない」と言う事につながりかねません。

クレジットカードを持っていない人は「持つ必要がない」と考えている人と「持ちたいが持てない人」との二種類になります。

「持ちたいが持てない人」は過去に借金の延滞や破産を起こしたか、もしくは現在借金の延滞中の可能性が高いです。クレジット会社や銀行はこのようなマイナス情報などを信用情報機関に登録し、審査に利用しています。貸金業者も信用できる人にしかクレジットカードを発行しないですからね。

「持つ必要がない」と考えている方も、年齢がある程度行くとカード会社により「持ちたいが持てない人」にかわってしまう場合があります。

クレジット会社や銀行が信用情報機関に登録している情報を「クレジットヒストリー」と言いますが、

この「クレジットヒストリー」の保管期間が決まっており、古い情報は保管期間を過ぎると記録が見えなくなります。

見えなくなってしまうと、クレジットヒストリーがただ単にない人と、過去のマイナス情報が消えて見えなくなってしまった人との区別がつかなくなってしまい、クレジット会社や銀行はリスクを下げるため、不合格にしてしまう可能性もあります。

ローンを組む際にもマイナスに働いてしまいますね。

また今の世の中はクレジットカードでないと契約できない商品(格安SIMなど)もありますよね。

このような商品は購入できないことになってしまいます。

ある程度の年齢に達しているのに「信用がない」と言うのは非常に恥ずかしい事ですし、クレジットカードがないと購入できないと言うのはものすごく不便ですよね。

今クレジットカードを持っていない人でも、今から「クレジットヒストリー」を積み重ねることは可能です。

すぐにでも作ってみましょう。

  • 社会人はクレジットカードを何枚持つべき?初めてのクレカの作り方。

結論から言うと、2、3枚で良いかと思います。多すぎると管理し辛くなりますし、1枚だと心配と。ただこれは「その人次第」になってしまいます。その人の行動パターンによってかわりますからね。1枚で良い人、2,3枚持っていた方が良い人と記載します。あてはめてみて頂けたらと思います。

1枚で良い人

 ・ポイント還元率だけを重視している方。

1か所に集中して貯めるともっとも効率よくポイントが貯まります。たくさんのクレジットカード

を持って使うとポイントが分散されてしまい、ポイント交換する上で交換できる期間が遅くなる

(貯まるのが遅い)上、また有効期限を気にしなくてはいけなくなる。

  2、3枚所有した方が良い方。

・クレジットカードにポイント還元率以外も求める方。

残念ながらポイント還元率も高く、更に補償も充実しているクレジットカードはなかなかないです。

特に海外旅行によく行かれるのであれば「海外旅行傷害保険」は欲しい所ではありますよね。この

ような場合はメインカードとしてポイント還元率重視、サブカードとして海外旅行傷害保険が自動

付帯するカードを所有すれば良いかと思います。

また海外は発行会社によって使えない店舗が多く存在します。メインはVISAにし、サブにJCB

かMasterCardにすれば極力「使用できない」と言ったトラブルを防ぐことができます。

・特定日に5%引きなどを行う店舗で買い物をされる方。

イオンや西友などは特定日に指定クレジットカードで支払いをすると5%を実施しています。ポイ

ント還元率5%ってないですからね。ただこれらのカードの基本ポイント還元率は低いです。普段

はポイント還元率の高いカードで支払いをし、特定日だけをそのカードで支払いをするとお得にな

ります。

  • 初めての新卒社会人におススメのカード。限度額はどのくらいがベスト?

1. 三井住友VISAデビュープラスカード

18歳から25歳までの限定カード。年会費も初年度無料で2年目以降も年に一度の利用があれば無料。ポイント還元率1%と比較的高く、また有効期限も2年と長い。

三井住友VISAの他カードに比べたら非常に魅力的なカードになっている。また「クレジットヒストリー」を積み重ねることにより、ゴールドなどのステップアップにつながる。

「海外旅行傷害保険」がないため、海外旅行をするのであれば、サブで一枚自動付帯のカードを所有すると良い。

2.  JCB CARD EXTAGE

18歳から29歳までの限定カード。新規入会後5年間は年会費無料。ポイント還元率は0.75%

海外では1%。アマゾンやセブンイレブンで1.5%。スターバックスで2.5%。特定店舗で非常

に魅力的なポイント還元率になっています。また三井住友VISAデビュープラスカードにはない

「海外旅行傷害保険」が利用付帯ですが2,000万円ついているため海外旅行によく行く方でもこ

の一枚でも対応できることになる。

3. 楽天カード

18歳以上。年会費無料。ポイント還元率は1%。楽天市場では2~10倍のポイント進呈。ポイン

トの有効期限も最終ポイント獲得月から1年になるため、定期的に利用すると有効期限を気にす

る必要がなくなる。(期間限定ポイントを除く)カードを使用した際、「カード使用お知らせメー

ル」が届くため、不正利用された場合はすぐにわかり、セキュリティ面も強い。また「カード盗

難保険」や「海外旅行傷害保険」がついているため、保障が充実している。

上記3枚がおすすめのカードになります。ステータスで言うと1、2のカードになりますが、どのカー

ドも「クレジットヒストリー」次第ではゴールドカードへの成長を見込めますので還元率や付帯保険などを考えて選んでいただけたらと思います。

申し込みに当たっての限度額の設定は、必ずしも希望通りかなう訳ではないのですが、まず最初は20万円ぐらいで良いかと思います。

10万円だとちょっと高額なスーツや家電を購入したら限度額いっぱいで支払いできないケースも出てきます。反対に給料よりも高い限度額になってしまうと、管理できる方であれば良いが、そうでないと請求の時の金額に驚いて、返済ができないといった事態も招くかもしれません。こうなってしまうと「クレジットヒストリー」に傷がついてしまい、何のためにクレジットカードを持ったのか本末転倒になってしまいます。

  • 社会人がクレジットカードを持つのはステータス。

①でも述べましたが、クレジットカードはその所有者の信用度合いをはかるための一つのツールになっています。クレジットカードを所有することがステータスになるのは勿論の事、またそのクレジットカードにもステータスが違ってきます。

クレジットカードのランクとしては以下の4つが大まかにあり、4が一番ステータス性が高くなります。

1. 一般カード

2. ゴールドカード

3. プラチナカード

4. ブラックカード

プラチナカードやブラックカードは「クレジットヒストリー」を積み重ねるのは当然の事、更に所有

者の社会的地位を向上させないと取得は難しいです。

なぜなら上位のカードはほぼ所有者からの申し込みではなく、カード会社からの「インビテーション(招待状)」が必須になるからです。当然カード会社は所有者の社会的地位や年収、高額な年会費を支払えるかどうかなどを判断して招待する訳ですからね。一般よりはゴールド、ゴールドよりはブラック…など上位になれば当然ステータス性は高くなります。

特にアメリカン・エキスプレスやダイナースのカードは一般人ではほぼ取得が不可能になっています。

  • 未成年の社会人でもクレジットカードを持てるの?

持てます。ただいくつかの条件があり、それをクリアすることになります。条件とは

  1. 未成年でも発行可能となっていること。
  2. 申し込みをした本人と連絡が取れること。
  3. どのような仕事でも構わないが、毎月安定した収入があること。
  4. 運転免許証や健康保険証などの身分証明書を持っていること。
  5. 親権者の承諾を得られること。

これらの条件を満たしていると、ほぼクレジットカードを作ることはできます。反対にどれか1つでも欠けると取得は難しくなります。カード会社も利用者が多いに越したことはないですからね。余程のことがない限りは発行致します。

  • 新卒だと審査に通らないの?

そんなことはありません。いきなりゴールドカードとかなら別ですが、一般のカードであれば問題ありません。カード会社も「クレジットヒストリー」がないのは仕方がないことだ。と理解しています。また将来ゴールドカードを所有するなど優良顧客になるのではと見込んでいます。在籍確認はありますが、ほぼ問題ないと思って頂いても良いと思います。

  • 家族カードは家族に持たせるべき?

持たせるべきです。メリットしかほとんどありません。どのようなメリットがあるかと言うと、

  1. 審査がほとんどなく、カード発行が可能。
  2. 年会費が無料になったり、割引があったりする。
  3. ポイントの集約場所が1つになり、貯まるスピードが上がる。
  4. 家族カードにも付帯保険がついてくる。
  5. 明細も返済も一本化される。
  6. 支払金額が高くなるので、ステータスカード取得に有利になる。

デメリットがないですね。たくさんのカードを所有すると管理も大変ですし、年会費が掛かるカードで

したらそれぞれにかかってきて意外と高額になってきます。家族カードにすると管理も一本化されます

し、また他のカードを持つより年会費も安くなり、経済的負担もなくなります。迷うのであれば家族カ

ードにした方が良いと思いますね。

まとめ

年会費無料のカードはいっぱいあります

初めてクレジットカードを作る人が、一番気になる点は年会費ではないでしょうか。

しかし、世の中には年会費無料のカードはいっぱいあります。

特に条件がなく、最初から年会費が無料というカードは、スーパーや通販業者などが発行しているカードに多いのです。

自分が利用している店舗や通販サイトがクレジットカードを発行していたら、そのカードを申し込むことをお勧めします。

全く知らない信販会社で申込をするより、勝手がわかっている店舗やサイトで申込をしたほうが安心感もあるでしょう。

また、多くの場合年会費が無料ですし、店舗やサイトでのサービスもアップします。

リボ払い専用カードは避けよう

信販会社が発行している年会費無料のカードの中には、リボ払い専用カードがあります。

リボ払いとは、分割払いのことであり、利息相当額の手数料が必要です。大体年利15%程度ではないでしょうか。

しかし、このリボ払いを一度選択すると、支払が繰延されて毎月の支払額が少ないため、買い物の金額が多くなりがちです。

ぬるま湯のお風呂に入っているようなものであり、抜け出せなくなる可能性が高いため、クレジットカード利用が初めての方にはお勧めできません。

わざわざリボ払い専用カードにしなくても、先ほど説明したとおり年会費無料カードは多く存在します。

背伸びはしないこと

30代の社会人であれば、初回申込であってもゴールドカードの審査に通ることがあります。

しかし、初めてクレジットカードを利用する人がゴールドカードを利用してもメリットはありません。

出張などで海外に行くとか、飛行機の利用が多いという理由であれば、ゴールドカードのラウンジが利用できるためメリットがありますが、それ以外の場合はメリットがないことが多いです。

ゴールドカードは年会費が必要なことが多く、サービス利用だけでは年会費は取り戻せないことが多いです。海外旅行に行かなければメリットがないと考えていただいて間違いありません。

スタンダートなクレジットカードの利用をしてから、ゴールドカードを申し込んでも遅くはありません。